天皇が誕生日会見で生前退位に踏み込む可能性…安倍首相との昼食会キャンセルで囁かれる官邸への怒り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 だが、明日の誕生日会見は、これまでとはまったく状況が異なる。

 実際、例のビデオメッセージでも天皇は何度も「憲法」「象徴」という言葉を口にし、「生前退位」に関してもただ自らの高齢化だけを理由にしたのではなく、「国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます」と強調。さらには「象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました」と締めくくった。

 これは、日本国憲法下で天皇が模索してきた“象徴としての在り方”を、次世代の皇太子にも引き継がせたいという意思に他ならない。明らかに、天皇の元首化をはじめとし明治憲法的な改憲を目指す安倍自民党に対する疑義だった。

 だからこそ、天皇は明日の会見で、「生前退位」に関する心境だけでなく、日本国憲法に対しても、いままで以上に踏み込んだ発言を行う可能性がある。天皇は「普段は穏やかですが、ご自身の信念は頑強と言ってよいほど貫き通す方」(前出・宮内庁記者)という。今日の安倍首相らとの午餐を回避したのは“事前交渉の拒否”と考えることもできる。会見内容の一斉解禁は例年23日だが、いずれにせよ、安倍首相は気が気でないだろう。
(編集部)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

天皇が誕生日会見で生前退位に踏み込む可能性…安倍首相との昼食会キャンセルで囁かれる官邸への怒りのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。憲法皇室編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 青山繁晴が閉会中審査でデマ質問!
2 安倍が秘書官と今治市の面会を隠ぺい
3 相模原事件から1年、事件の背景を問う
4 安倍は加計の新学部を自ら発案していた
5 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
6 自衛隊日報隠ぺいに安倍と官邸も関与か
7 横浜市長選で問われる第二の家計問題
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
10 神社本庁の不動産取引と「皇室」疑惑
11 安倍首相が閉会中審査でも大ウソ!
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
14 自民党ネトサポが「植松容疑者は正論」
15 青山繁晴が森友問題で晒した嘘と醜態!
16 ネトウヨの泉放送制作デマを検証する!
17 青山繁晴が教祖化、伝説とアート
18 山本地方創生相の加計問題デタラメ発言
19 ネトサポの親玉が愛人に告発された
20 稲田がまた…安倍のともちんラブを検証
PR
PR 飲むだけで白髪改善と髪のボリュームを取り戻せる!?
1自民党HIPHOPポスターに怒りの声
2安倍は加計の新学部を自ら発案していた
3室井佑月と小林節が「まずは民進党を…」
4横浜市長選で問われる第二の家計問題
5安倍首相が閉会中審査でも大ウソ!
6青山繁晴が教祖化、伝説とアート
7室井佑月と小林節が安倍改憲案を批判
8日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
9山本地方創生相の加計問題デタラメ発言
10安倍が秘書官と今治市の面会を隠ぺい
11自衛隊日報隠ぺいに安倍と官邸も関与か
12坂本龍一、内田樹、久米宏が改憲批判
13ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
14松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
15稲田のウソは日報隠蔽だけじゃない!
16『4時ですよーだ』Pが松本の変節批判
17安倍首相の体調悪化は本当なのか?
18松尾と鴻上が芸能人と政治的発言に意見
19有田芳生が蓮舫戸籍公開問題に緊急寄稿
20菅官房長官が領収書公開隠蔽を指示
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」