園子温が『シン・ゴジラ』『君の名は。』を罵倒!「金儲け映画ごときで3.11を安易に暗喩にしたてるな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 このような作品をつくってきた園子音から見たら、『シン・ゴジラ』や『君の名は。』の原発や東日本大震災に対する描き方は薄っぺらで、ユルすぎるもので、我慢ならなかったのだろう。いや、それどころか、物語を盛り上げるためのネタとして震災の記憶を利用しようというその姿勢は「被災地への冒涜」というふうに映ったのかもしれない。

 実際、園だけでなく、『シン・ゴジラ』や『君の名は。』の震災や原発への描き方について批判する意見は散見される。たとえば、生物学者の福岡伸一は「週刊文春」(文藝春秋)の連載で、『君の名は。』の設定が3.11を下敷きにしていることを指摘した上で、その展開について、こんな疑問を呈している。

「ならば、なおさらタイムスリップによって過去を変え“みんな助かった”ことにすることが、3・11へのオマージュになるんだろうか?」

 まさに正論だと思うが、しかし、こうした意見はしょせん異端に過ぎない。いまの日本の社会では、何かを見せているようでいて、むしろ、本当に見なければならないものを隠している描写こそが「押し付けがましくないリアルな描写」として評価され、それに異を唱える意見はそれこそ、今回の園子温のように「イデオロギーに凝り固まったいちゃもん」「中二病の発症」として排除されてしまう。

 そういえば、園子温はまるでいまの状況に呻吟するようなこんなツイートもしていた。

〈評論家のための評論しやすい映画ばかり。狙ってんのかお互い癒着して。革命家も産めない肉体のない言葉、、乾いた言葉を。去年見たSEALDSの何倍も何倍も薄めた小さなセカイ系とやら。セカイ系の正体は地球上の規模じゃねえ。このセカイの小さな島国辺境の、空想されたせ・・か・・い・・やめろ。〉(原文ママ)

 薄まってるものばかりが評価されるこの世界で、園子温の言葉は果たしてどこまで届くのだろう。
(酒井まど)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養
  • ネタ
  • 世代
  • 事故
  • 原発
  • 妊娠
  • 家族
  • 戦後
  • 癒着
  • 自殺
  • 被災地
  • 週刊文春
  • 酒井まど
  • 震災
  • 園子温が『シン・ゴジラ』『君の名は。』を罵倒!「金儲け映画ごときで3.11を安易に暗喩にしたてるな」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。酒井まど震災の記事ならリテラへ。

    人気記事ランキング

    総合
    いいね! 数
    1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
    2 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
    3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
    4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
    5 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
    6 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
    7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
    8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
    9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
    10 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
    11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
    12 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
    13 財務次官セクハラが海外メディアでも
    14 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
    15 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
    16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
    17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
    18 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
    19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
    20 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
    1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
    2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
    3首相秘書官「本件は首相案件」
    4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
    5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
    6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
    7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
    8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
    9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
    10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
    11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
    12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
    13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
    14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
    15上念司もケントと同様、加計の客員教授
    16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
    17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
    18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
    19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
    20 財務次官セクハラが海外メディアでも