>  >  > 星野源の盟友・浜野謙太の反戦ファンク

「反体制的なことを歌いたくなる」…星野源の盟友・浜野謙太が語る“反骨の音楽”としてのファンクと反戦メッセージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hamanokenta_161213.jpg
「在日ファンク」公式ウェブサイトプロフィールページより


「音楽に政治をもちこむな」──今年の初夏、「FUJI ROCK FESTIVAL’16」にSEALDs奥田愛基氏の出演が発表されたのをきっかけに、このような意見がインターネット上に溢れたのは記憶に新しい。

 少しでもポップミュージックの歴史を学べばこんな言説はとんでもない誤りだとわかるのだが、残念なことに「音楽に政治をもちこむな」なる意見に諸手を上げて賛成してしまうリスナーが、いまの日本には一定数いるという現実がある。

 しかし、そんな状況下でも骨のある主張を続けているミュージシャンは少なくない。そのひとりが、“ハマケン”こと浜野謙太だ。

 浜野は、2010年代の日本においてジェームス・ブラウン直系のファンクを継承し耳の肥えたリスナーから絶大な支持を集めるバンド・在日ファンクのフロントマンであり、SAKEROCK(昨年6月に解散)では星野源のバンドメイトでもあった。また、星野源と同様にミュージシャンとしてだけではなく俳優としても活動し、『とと姉ちゃん』(NHK)や月9ドラマ『好きな人がいること』(フジテレビ)、『ウレロ☆』シリーズ(テレビ東京)、『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』など数々のドラマや映画で印象的な脇役を務め、性格俳優としての地位も固めつつある。

 そんなハマケンが12月3日付「しんぶん赤旗」で語った発言が話題を呼んでいる。

「在日ファンクでは反体制的なことを歌いたくなっちゃうんです。「爆弾こわい」って曲を皆さんに気に入ってもらえた時に、社会の中で皆さんの求めている言葉がパワーになって響くのかなと思ったんです。皆の中にある言葉の意味が鳴る感じ。その時に、もっと社会的な歌を歌っていけると思いました」

「爆弾こわい」は、11年に発表したアルバム『爆弾こわい』のタイトル曲。翌年1月には岡村靖幸によるリミックスでシングルカットもされている。この曲はジェームス・ブラウンからの影響をモロに出した70年代風ファンクサウンドが特徴的な曲で、いまでも在日ファンクの代表曲のひとつとされているが、この楽曲では「爆弾こわい」という言葉が何度もシャウトされるなかに、こんなフレーズも挿入されていた。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
2 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
3 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
4 あの産経が「南京虐殺40万人」と報道
5 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
6 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
7 吹石一恵の音痴エピソード
8 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
9 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
10 園子温がシンゴジラと君の名は。を罵倒
11 SMAP最後の日に中居と木村が
12 グッディ!土田マジギレ真の原因
13 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
14 高橋尚子も?パチンコ依存症の悲惨
15 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
16 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
17 今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
18 キムタク最大のタブーとは?
19 トランプ以前から米は日本を守る気ない
20 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
3トランプのマスコミ排除は日本でも
5アパホテルのトンデモ極右思想の正体
6デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
7安倍政権が“国策映画”計画へ
8DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
9今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
10SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
11メリルストリープの指摘は日本のことだ
12慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
13片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
14『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
15アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
16政権が原発被害隠しにDASH村利用
17佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
18保護なめんなジャンパーは氷山の一角
19宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
20安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」