石原慎太郎が「やまゆり園事件犯の気持ちがわかる」と暴言、天皇には「スキューバで人生観変わる」と仰天アドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ishiharashintaro_160916_top.jpg
石原慎太郎公式サイトより


 豊洲新市場問題で、石原慎太郎にようやく、批判の声が上がり始めた。都知事在任中に問題の“地下コンクリート案”をゴリ押ししていたにもかかわらず、嘘と責任逃れ、開き直りを連発するその姿には、石原に弱いマスコミもさすがにかばうことができなくなったらしい。

 ただ、石原の都知事時代の暴挙は、こんなレベルの話ではない。新銀行東京というデタラメな金融機関を作って破綻をさせ、息子の美術事業に数億円の血税を投入し、舛添前知事の比ではない豪華な海外出張や会食三昧、それでいて都庁にはわずか週3回しか出勤しない。さらには、障がい者、性的マイノリティ、女性、中国・韓国への数々の差別発言……。

 こんな人物をまともに批判もせず、都知事の椅子に10年以上も居座らせていたことが異常なのだ。まさに石原をタブー扱いしてきたマスコミの責任といえるだろう。

 しかも、マスコミはこの男が都知事をやめた後も、何かにつけてメディアに登場させ、聞くに堪えない暴論をありがたがって拝聴している。

 実は最近も、石原は「文學界」10月号に登場。精神科医の斎藤環氏と対談し、信じられない発言を連発した。

 石原は、神奈川県相模原市の障がい者施設「やまゆり園」で起きた殺傷事件について、いきなりこんなことを語るのだ。

「この間の、障害者を十九人殺した相模原の事件。あれは僕、ある意味で分かるんですよ」

 やまゆり園の事件が起きた際、本サイトでは、石原が都知事時代に精神障がい者に対し「ああいう人ってのは人格があるのかね」「ああいう問題って安楽死なんかにつながるんじゃないかという気がする」と語っていた事実を指摘、相模原事件の植松容疑者やネトウヨたちの間に広がる“障がい者不要論”は石原がリードした側面がある、と指摘した。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 義家弘介が便宜をビンセンと読み間違い
2 前川問題で大恥、読売の政権広報紙ぶり
3 官邸の前川証言潰し圧力に負けるな!
4 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
5 前次官会見で田崎スシローが失笑発言
6 カンニング竹山、村本も共謀罪に反対
7 NEWS手越と金塊事件容疑者が…
8 “菅官房長官語”の非人間性を証明!
9 文春の前次官証言で官邸vsマスコミ攻防
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 菅に日歯連から3000万円迂回献金
12 松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
13 官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
14 阿川佐和子結婚手記に不倫略奪婚は?
15 空中分解KAT-TUNの暴露本が出版
16 KAT-TUNの恋愛を側近が暴露
17 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
18 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
19 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
20 嵐の暴露本第二弾に、櫻井、松潤
PR
PR
1松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
2官邸の前川証言潰し圧力に負けるな!
3文春の前次官証言で官邸vsマスコミ攻防
4『あさイチ』が基地に苦しむ沖縄を特集!
5共謀罪が衆院委員会で強行採決の暴挙
6安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
7加計学園「総理の意向」文書は本物!
8佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
9加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
10文科省前次官の醜聞はやはり官邸の謀略
11 共謀罪に周防監督らも猛反対の声
12官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
14室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
15加計に利権独占させた安倍政権の手口
16共謀罪強行採決もまだ希望はある!
17室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
18前川問題で大恥、読売の政権広報紙ぶり
19ガンダム“生みの親”が安倍首相批判!
20国連報告者から安倍に共謀罪批判文書
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」