『報ステ』逃げ出した古舘伊知郎がバラエティ復帰で大はしゃぎ…「嬉しすぎて『報ステ』ファンに申し訳ない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hurutachi_151224_top.jpg
古舘プロジェクトHPより


「死んでまた再生します」

 そう言い残して『報道ステーション』(テレビ朝日)のキャスターを3月いっぱいで降板した古舘伊知郎が、昨日放送された『ぴったんこカン・カンスペシャル』(TBS)でテレビ復帰を果たした。

 しかも、番組に登場した古舘は、『報ステ』時代とは打って変わった活き活きとした様子でマシンガントークを披露。生まれ育った東京都北区や母校の立教大学などを訪問したが、水を得た魚のように饒舌をふるいつづけるため、同行したTBSアナウンサーの安住紳一郎が「私をマウンティングするのはやめてください!」「あなたすごいのわかったから!」と音を上げるほどだった。

 まさに「死んで再生」を果たした格好の古舘だが、同時にそれは、『報ステ』のキャスターをつとめた12年間という月日を取り戻したいと言わんばかりでもあった。

 たとえば、道行く人に「(『報ステ』を)どうして辞めちゃったんですか?」と声をかけられると、「え? どうして辞めたって、辞めたくて辞めちゃったんですよ。こういう番組に出たくて辞めちゃったんです」と即答。また、親友だというTHE ALFEEの高見沢俊彦と思い出話に花を咲かせ、冗談を飛ばすと、「12年報道やっててさ、こんなことひとつも『報道ステーション』で言えないんだよ」「だからやっぱ嬉しくてしょうがない」と顔をほころばせた。

 さらには、ゲストとして登場した先輩・徳光和夫に送った手紙を披露するなかでも、「(今後は)報道以外の仕事をやらせていただけたらなと考えている今日この頃です」と読み上げるなど、“報道からの決別宣言”までもが飛び出したのだった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『報ステ』逃げ出した古舘伊知郎がバラエティ復帰で大はしゃぎ…「嬉しすぎて『報ステ』ファンに申し訳ない」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。TBSテレビ朝日古舘伊知郎報道ステーション水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
12 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
19 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画