>  >  > 古舘が報ステを辞めて「嬉しすぎる」

『報ステ』逃げ出した古舘伊知郎がバラエティ復帰で大はしゃぎ…「嬉しすぎて『報ステ』ファンに申し訳ない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hurutachi_151224_top.jpg
古舘プロジェクトHPより


「死んでまた再生します」

 そう言い残して『報道ステーション』(テレビ朝日)のキャスターを3月いっぱいで降板した古舘伊知郎が、昨日放送された『ぴったんこカン・カンスペシャル』(TBS)でテレビ復帰を果たした。

 しかも、番組に登場した古舘は、『報ステ』時代とは打って変わった活き活きとした様子でマシンガントークを披露。生まれ育った東京都北区や母校の立教大学などを訪問したが、水を得た魚のように饒舌をふるいつづけるため、同行したTBSアナウンサーの安住紳一郎が「私をマウンティングするのはやめてください!」「あなたすごいのわかったから!」と音を上げるほどだった。

 まさに「死んで再生」を果たした格好の古舘だが、同時にそれは、『報ステ』のキャスターをつとめた12年間という月日を取り戻したいと言わんばかりでもあった。

 たとえば、道行く人に「(『報ステ』を)どうして辞めちゃったんですか?」と声をかけられると、「え? どうして辞めたって、辞めたくて辞めちゃったんですよ。こういう番組に出たくて辞めちゃったんです」と即答。また、親友だというTHE ALFEEの高見沢俊彦と思い出話に花を咲かせ、冗談を飛ばすと、「12年報道やっててさ、こんなことひとつも『報道ステーション』で言えないんだよ」「だからやっぱ嬉しくてしょうがない」と顔をほころばせた。

 さらには、ゲストとして登場した先輩・徳光和夫に送った手紙を披露するなかでも、「(今後は)報道以外の仕事をやらせていただけたらなと考えている今日この頃です」と読み上げるなど、“報道からの決別宣言”までもが飛び出したのだった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 森友学園問題で安倍の答弁がヒドい!
2 森友学園が秋元康の愛国ソング強制!
3 創価学会信者・長井秀和がタブーに言及
4 村上春樹が新作に込めたメッセージ
5 厚切りジェイソンが日本のお笑い批判!
6 X JAPAN、TAIJIの死の謎
7 維新から出馬報道、シミケンは嘘つき?
8 さんま・中居SMAPトークのヤバい部分
9 安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
10 国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
11 X JAPAN TAIJI死の究明に前進
12 石原慎太郎を増長させたメディアの責任
13 「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
14 故・松田優作の在日差別への恐れ
15 『めちゃイケ』にジャニーズの圧力
16 金正男暗殺映像にテレビ局が数百万円
17 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
18 読売・清水アナが維新から市長選出馬?
19 国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
20 長嶋一茂が家族断絶状態を証言
PR
PR
1「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
2安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
3保育所で国旗と国歌強制する安倍のバカ
4国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
5共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
6安倍トランプ会談を絶賛ワイドショー
7厚切りジェイソンが日本のお笑い批判!
8安倍はトランプにFTAを要求されてた
9国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
10稲田の憲法蹂躙発言に国会前抗議デモ
11山崎まさよしの憲法9条の歌とは?
12安倍とトランプが反マスコミで意気投合
13南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
14ゴルフめぐり安倍とトランプ嘘つき合戦
15米山新潟知事が語った共謀罪と原発
16安倍もうひとりの祖父の物語
17厚切りジェイソンが“日本スゴい”批判
18アパ代表「ユダヤ陰謀論」
19森友学園問題で安倍の答弁がヒドい!
20金正男暗殺映像にテレビ局が数百万円
PR
PR

人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」