『報ステ』古舘伊知郎“最後の一刺し”がギャラクシー賞を受賞! 安倍とヒトラーの類似性をドイツ取材で証明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hurutachi_140715.jpg
テレビ朝日『報道ステーション』HPより


 この1年間で放送された優れた番組に贈られるギャラクシー賞の贈賞式が、昨日6月2日、都内で行われた。注目は、テレビ朝日『報道ステーション』の「特集 ノーベル賞経済学者が見た日本」(2016年3月17日放送)「特集 独ワイマール憲法の“教訓”」(2016年3月18日放送)がテレビ部門大賞を受賞したことだろう。

 ギャラクシー賞は毎年、特定非営利活動法人「放送批評懇談会」がNHK、民法放送各局から独立して審査・顕彰するが、ニュース番組が大賞を受賞するのは初めてのこと。そして、大賞を受賞した『報ステ』の特集「独ワイマール憲法の“教訓”」は、現在、安倍首相が改憲での創設に強い意欲を見せている「緊急事態条項」と、ヒトラーが独裁に利用した「国家緊急権」が酷似していることを鋭く指摘したもの。それも、古舘伊知郎キャスターが直接ドイツからレポートして、権力が暴走する歴史を丹念に検証するという力作であった。

 ご存知の通り、『報ステ』はこれまで、安倍政権からの有形無形の圧力にさらされてきた。古舘氏は今年の3月末をもって番組を降板。最後の出演で古舘氏は“圧力がかかって辞めるわけではない”としつつも、「ただ、このごろは、報道番組で、あけっぴろげに、昔よりもいろんな発言ができなくなりつつあるような空気は、私も感じています」と、放送メディアが安倍政権を忖度し、現場も自由な報道ができていない現状を率直に語った。

 その意味で、今回、古舘氏の“最後の一刺し”であった「特集 独ワイマール憲法の“教訓”」が、ギャラクシー賞の大賞に輝いた意味は大きい。さらに贈賞式では、同じく今年の3月でNHK『クローズアップ現代』を降板した国谷裕子氏に特別賞が授与され、古舘氏と二人三脚で『報ステ』を支えてきた元プロデューサー・松原文枝氏がスピーチをするなど、現在の放送メディアの苦境を現場の人間が臆さずに跳ね返そう、という強い意志を感じるものだった。

 放送メディアには、政権の圧力に屈さず、決して忖度することのない番組作りをしてもらいたいと切に願う。目前にある日本社会の危機を真摯に検証し、愚直に報道することこそが、視聴者がメディアに求めているものに他ならないからだ。

 以下に、今回ギャラクシー賞の大賞に輝いた『報ステ』の特集を、当時本サイトが紹介した記事を再録するので、ぜひこの機会にいま一度、じっくりとその内容をお読みいただきたい。
(編集部)

********************

 昨夜3月18日に放送された『報道ステーション』(テレビ朝日)が、いま大きな話題を集めている。というのも、昨夜の特集は安倍首相が改憲の入口として新設を目論んでいる「緊急事態条項」。しかも、ヒトラーが独裁のために悪用した「国家緊急権」と重ね合わせるという、安倍首相が激怒すること間違いなしの内容で、古舘伊知郎キャスター自らがドイツへ渡りレポートする力の入れようだったからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『報ステ』古舘伊知郎“最後の一刺し”がギャラクシー賞を受賞! 安倍とヒトラーの類似性をドイツ取材で証明のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三水井多賀子編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
2 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
3 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
4 フジ社長とんねるず打ち切りは本気?
5 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
6 坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
7 NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
8 東山紀之がキャスター就任で反差別表明
9 水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 あさイチ紹介、高橋一生の本棚に驚愕
12 須藤凜々花の消された暴露トーク
13 卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
14 水道橋博士が安倍首相批判で大炎上!
15 グッディ!土田マジギレ真の原因
16 沖縄に大量の核兵器が配備されていた
17 テレビ批判・石橋貴明とフジ日枝会長の仲
18 元タカラジェンヌが告白した性的虐待
19 韓国コネ糾弾番組で一茂、ミタパンが
20 水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
1坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
4安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
5官製映画会社が22億円の公金をドブに
6卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
7青山繁晴「今週、戦争が始まる」と錯乱
8財務省と森友、口裏合わせの新証拠音源
9歴史教科書圧力問題の背後に日本会議
10トランプが安倍に武器を押し売り
11 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
12 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
13西村京太郎「日本に現代戦は無理」
14安倍の親書を秘書官が勝手に書き換え
15NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
16ウーマン村本の反戦に上念がトンデモ説教
17原発攻撃対策ないまま柏崎刈羽も再稼働へ
18沖縄に大量の核兵器が配備されていた
19安倍自民党はデマ拡散議員だらけ
20再審却下の飯塚事件に冤罪の新証拠が

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」