SMAP香取慎吾が打ち上げで「自殺するかも」と漏らす! 飯島マネを追放されて精神が崩壊寸前と心配の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
katori_160401_top.jpg
香取慎吾がかつて見せていた笑顔を取り戻せる日が来るまでどれほどの時間がかかるのだろうか?

 SMAP解散騒動は、全く終わっていない。そんな“事実”を感じさせる発言がSMAP独立派メンバーから発せられた。香取慎吾が“自殺してしまうかも”という衝撃的な発言を口にしたのだ。

 3月29日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)4月12日号が複数の冬ドラ打ち上げの様子を報じた「亀梨 香取 長瀬 etc 花見気分の満開春スタイル」という記事を掲載しているのだが、その中に浮かれたタイトルからは考えられない深刻な香取の様子が描かれている。

 3月20日、香取主演の『家族ノカタチ』(TBS系)の打ち上げが六本木のホテルで開催されたが、香取はその席でこんな挨拶をしたという。

「SMAPとしていろいろあった時期に、キャストやスタッフの方たちに気を遣っていただいて感謝しています。正直、明日どうなるかもわかりません。もしかしたら自殺しているかもしれないですね」

「週女」だけでなく昨日発売の「女性セブン」(小学館)4月14日号でも同様に香取の打ち上げでの発言がこう取り上げられている。

「明日からどうしたらいいのか分からなくて怖い。もしかしたら自殺してしまうかも…」

 記事ではこの香取発言を「冗談っぽく」と評しているが、しかし本当にそうだろうか。実際、解散騒動から現在までの香取を見ると、明らかに憔悴しているのがわかる。

 まず、印象的だったのは1月18日に行われた『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の謝罪会見だった。「皆様と一緒にまた笑顔を作って行きたい」と言いながらも、今にも泣きそうな表情で、声を詰まらせる香取。中居正広も同様の表情を浮かべていたが、それはキムタクや事務所への不信感、怒りをあえて隠さなかった可能性が高い。しかし、香取は本当に疲れきり絶望していると思えた。

 しかも、そうした状態は現在でもあまり変わっていないように見える。「BISTRO SMAP」でキムタクと他メンバーの間で会話がほとんどないと指摘されているが、なかでも騒動前に比べ明らかに溝があり、表情もひときわカタいのが香取。他のメンバーはキムタクのいない番組では以前と変わらない表情を見せているが、香取の場合は他のバラエティでも明らかに元気がない。そして今回の衝撃の“自殺”発言。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

SMAP香取慎吾が打ち上げで「自殺するかも」と漏らす! 飯島マネを追放されて精神が崩壊寸前と心配の声のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズ林グンマ香取慎吾の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
11 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画