>  >  > 東京地検特捜部に眠る甘利ファイル

甘利大臣の収賄疑惑に東京地検特捜部が動き出した! 特捜部に10年以上前から眠る「甘利ファイル」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
amari_160121_top.jpg
辞任は秒読みか(衆議院議員 甘利明 公式サイトより)


 甘利明・経済再生兼TPP担当相の賄賂スキャンダルは緊迫の度合いを増してきた。「週刊文春」(文藝春秋)が報じた当日21日の参院決算委員会での激しい追及に続き、翌22日の衆院本会議では、甘利氏の経済演説を野党各党(民主、共産、維新、改革結集、生活、社民)がボイコット。実名告発で領収証やテープなどの証拠もそろっていることから、今週中にも甘利大臣は辞職必至の情勢だと言われている。 

 しかし、大臣を辞職したくらいでは、この件は済まないかもしれない。というのも、あの東京地検特捜部が久々に本格的な政界捜査に動き出すという見方が濃厚だからだ。

「甘利氏を近く告発する動きもあり、特捜部は慌てて対応策を検討中です。実は、特捜部内にある3つの捜査班のうち、直告班は下村博文・前文部科学大臣を狙う三重県の教育特区事件、ほかの2班は、福島道路談合事件や村上ファンドを捜査しているため、現状、余裕がないと見られていました。しかし、国会での甘利氏の答弁を見て、これはやるしかない、という空気になったようです」(全国紙司法クラブ記者)

 特捜検事たちが注目しているのは、21日の参院決算委員会における甘利氏の発言だ。ポイントは3つある。

1.「週刊文春」が報じた千葉県白井市の建設業者からの金銭授受疑惑について「記憶があいまい」として明確には否定しなかった
2.都市再生機構(UR)と建設業者との間で起きたトラブルを解決した後、同社と大臣室や神奈川県大和市の地元事務所で再度面会したことを認めた
3.甘利氏の地元事務所長が業者と個別に面会し、金銭授受を行ったことについて「報道で初めて知った」と発言し、否定することはできなかった

 大手紙の社会部デスクが分析する。

「検察は、疑惑報道が出ると決まって、当事者の釈明を子細に検討する。今回、『文春』に決定的ともいえる証拠を突きつけられ、甘利さんは金銭授受や面会の事実を否定できなかった点で、容疑を半分認める『半落ち』になっている」

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 小池が安倍と手を組み改憲の扇動役に
2 植松容疑者は新自由主主義政策と地続き
3 石原慎太郎もネットも障がい者排除支持
4 キムタク最大のタブーとは?
5 林真理子がなんとキムタク批判!
6 SMAPを殺したのはキムタク
7 坂本、長野ら巨人選手と暴力団の交際発覚
8 相模原事件容疑者は安倍、百田ファン?
9 さんま・中居SMAPトークのヤバい部分
10 酷すぎ!小池百合子も沖縄ヘイト発言
11 雨宮塔子が子供捨てたバッシングに反論
12 中居がキムタクに「納得がいかない」
13 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
14 小池百合子は“ネトサポ”の親玉だった
15 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
16 綾野剛が映画の自主規制と内面化を批判
17 小池百合子は“女性の味方”じゃない!
18 反安保発言!長渕剛は右翼か反戦か?
19 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
20 ポケモンGOで自民党とマスコミの姑息
PR
PR
1石田純一が「一切の政治発言禁止」処分
2石原慎太郎もネットも障がい者排除支持
3安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
4米空軍機が沖縄で照明弾発射の暴挙も
5小池百合子は“女性の味方”じゃない!
6相模原事件容疑者は安倍、百田ファン?
7 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
8小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
9「与党2/3で改憲」発言の教師が謝罪
10小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
11雨宮塔子が子供捨てたバッシングに反論
12自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
13大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
14安倍応援団「東京五輪で人権制限を」
15植松容疑者は新自由主主義政策と地続き
16改憲勢力2/3に直木賞作家が危機感!
17ポケモンGOで自民党とマスコミの姑息
18水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
19小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
20酷すぎ!小池百合子も沖縄ヘイト発言
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」