>  >  > キンコメ高橋が制服に走った理由

キングオブコメディ高橋健一はなぜ「女子高生の制服」に走ったのか? 背景にある洗脳願望とコンプレックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kingofcomedy_151228.jpg
プロダクション人力舎公式サイトより


 2010年には『キングオブコント』(TBS系)で優勝するなど、実力あるコンビとして人気を集めていた、キングオブコメディの高橋健一が26日、都内の高校に忍び込んで女子生徒の制服などを盗んだとして、窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕された。

 高橋は容疑を認め、「20年くらい前からやっていた。性的欲求を満たすためだった」と供述しているという。家宅捜索では、都内や近県の学校の制服が600点近くも押収され、常習犯であったようだと報道されている。

 年の瀬に突然飛び込んできた実力派芸人の逮捕に、お笑いファンの間からは驚きの声があがった。

 とくに、多くの人が驚いたのは、学校に忍び込んで窃盗を働いてまで制服を欲しがったという、その異常な制服への執着だ。中には、ツイッターに〈言えばファンがくれたでしょ(なんならパンツもくれたと思うのに…)〉といった投稿をする人もいた。

 確かに、一般的には「モテ」の部類に入る「お笑い芸人」。声をかければ制服をプレゼントしてくれるファンや、「交際」に応じてくれるファンだっていただろう。

 だが、これはそもそもそういう単純な話ではない。高橋が学校に忍び込んでまで「制服」に執着した背景には、制服フェチの人々が抱える、深い「業」のようなものが存在しているのではないか。

 その心理構造を分析しているのは大阪府立大学総合科学部教授(現・早稲田大学人間科学部教授)・森岡正博氏。森岡氏は『無痛文明論』(トランスビュー)などで高い評価を受けている哲学者だが、著書『感じない男』(筑摩書房)では、自らの性的嗜好を掘り下げるかたちで、ロリコンに走ったり、制服やミニスカに執着する男のセクシュアリティに迫り、大きな話題になった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

決定版 感じない男 (ちくま文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍応援団が“森友学園”疑惑封じ!
2 森友学園と「維新」の癒着の証拠が!
3 宮崎駿監督の新作は、言論弾圧も覚悟
4 森友学園問題で安倍の答弁がヒドい!
5 櫻井翔と『報ステ』小川アナが熱愛!
6 嵐メンバーの意外な恋愛事情
7 安倍と関係・森友学園が改憲の署名集め
8 森友学園が秋元康の愛国ソング強制!
9 安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 村上春樹が新作に込めたメッセージ
13 「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
14 鈴木清順の弟が明かす戦争体験の影響
15 どこも報じない櫻井翔一家の野望
16 国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
17 維新から出馬報道、シミケンは嘘つき?
18 宇多田「東京は子育てしにくい」は事実
19 嵐の暴露本第二弾に、櫻井、松潤
20 X JAPAN、TAIJIの死の謎
PR
PR
1森友学園問題で安倍の答弁がヒドい!
2「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
3安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
4保育所で国旗と国歌強制する安倍のバカ
5国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
6共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
7厚切りジェイソンが日本のお笑い批判!
8安倍トランプ会談を絶賛ワイドショー
9国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
10安倍はトランプにFTAを要求されてた
11森友学園が秋元康の愛国ソング強制!
12森友学園と「維新」の癒着の証拠が!
13南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
14安倍と関係・森友学園が改憲の署名集め
15米山新潟知事が語った共謀罪と原発
16厚切りジェイソンが“日本スゴい”批判
17石原慎太郎を増長させたメディアの責任
18アパ代表「ユダヤ陰謀論」
19金正男暗殺映像にテレビ局が数百万円
20清水富美加に“洗脳”報道なしの理由
PR
PR

人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」