>  >  > SHELLYがネトウヨに堂々反撃

SHELLYが「安保法反対デモ」肯定して安倍支持ネトウヨからヘイト攻撃受けるも堂々反撃! 肝の据わり方がスゴい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shelly_01_150720.jpg
ネトウヨを一蹴したSHELLYにあっぱれ!(「SHELLY OFFICIAL WEBSITE」より)


 バラエティでよくその「ど根性」や「男前っぷり」をいじられているタレントのSHELLYだが、あれはテレビ用キャラではなく、素顔も相当に「男前」な女であるらしい。そのことを証明したのが、ここ数日にわたって展開された炎上騒動だ。

 始まりは安保法制が強行採決された15日、彼女がツイッターでこんな投稿をしたことだった。

「この時代にこんな事が有り得るの?とテレビを見ながら不信感しかないです」「この状況を戦争を経験された世代はどう感じるだろう?」
「そんな中、今も雨の中デモを続ける方々は本当にかっこいいと思います。若い世代が立ち上がってる事を誇りに思います。日本、どうなっちゃうんだろう。」

 さらに、「デモっていいことなんですかね」というファンからの質問に、こう答えたのだ。

「もちろん! デモができる事も、デモをしてでも伝えたい事がある人がいることもいいこと。」

 ほとんどの芸能人が炎上を恐れて政治的発言を控えるなか、ここまではっきり自分の意見を言い切り、しかも、日本では偏見の強いデモに対して敢然と擁護してみせるというのは、かなりの肝の据わり方といっていいだろう。

 が、SHELLYがほんとうにスゴいのはここからだった。

 SHELLYの発言は「保守速報」などの悪質まとめサイトでも取り上げられてツイッターは大炎上。安倍親衛隊のネトウヨたちが次々と彼女に絡んできた。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ヘイトスピーチ 「愛国者」たちの憎悪と暴力

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
2 乙武別居で障碍者への偏見報道が
3 大手メディア参院選情勢調査の結果は
4 安倍も政治資金の公私混同が次々判明
5 安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
6 安倍のPR動画パロディを自民党が削除
7 安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
8 上原亜衣は? AV女優の引退後
9 フジロックに政治を持ち込むなというバカ
10 護憲派の天皇皇后が安倍政権に危機感
11 報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
12 党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
13 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
14 宇野常寛が舛添イジメ批判
15 蒼井そらが「AV出演強要逮捕は冤罪」
16 20代の半分が童貞?歴史上の偉人も
17 米研究者が沖縄レイプ事件は必然と指摘
18 さんまもハマったAV女優紗倉まなの闇
19 舛添よりヒドい安倍の政治資金第二弾!
20 松本人志が16億土地転がしを否定も…
PR
PR
1宇野常寛が舛添イジメ批判
2フジロックに政治を持ち込むなというバカ
3安倍も政治資金の公私混同が次々判明
4安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
5文春が東京五輪を!電通元専務に金
6報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
7議事録改ざん繰り返す安倍政権の危険性
8安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
9NHKディレクターが語る原発報道圧力
10党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
11安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
12舛添よりヒドい安倍の政治資金第二弾!
13百田尚樹は田母神を応援した責任をとれ
14安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
15大手メディア参院選情勢調査の結果は
16元北京総局長が「読売は日本の人民日報」
17安倍のPR動画パロディを自民党が削除
18日本会議の抱える“後ろめたさ”とは?
19日本企業のタックスヘイブンが激増!
20自民党の地方議員は差別主義者だらけ
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」