>  >  > SHELLYがネトウヨに堂々反撃

SHELLYが「安保法反対デモ」肯定して安倍支持ネトウヨからヘイト攻撃受けるも堂々反撃! 肝の据わり方がスゴい

【この記事のキーワード】,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shelly_01_150720.jpg
ネトウヨを一蹴したSHELLYにあっぱれ!(「SHELLY OFFICIAL WEBSITE」より)


 バラエティでよくその「ど根性」や「男前っぷり」をいじられているタレントのSHELLYだが、あれはテレビ用キャラではなく、素顔も相当に「男前」な女であるらしい。そのことを証明したのが、ここ数日にわたって展開された炎上騒動だ。

 始まりは安保法制が強行採決された15日、彼女がツイッターでこんな投稿をしたことだった。

「この時代にこんな事が有り得るの?とテレビを見ながら不信感しかないです」「この状況を戦争を経験された世代はどう感じるだろう?」
「そんな中、今も雨の中デモを続ける方々は本当にかっこいいと思います。若い世代が立ち上がってる事を誇りに思います。日本、どうなっちゃうんだろう。」

 さらに、「デモっていいことなんですかね」というファンからの質問に、こう答えたのだ。

「もちろん! デモができる事も、デモをしてでも伝えたい事がある人がいることもいいこと。」

 ほとんどの芸能人が炎上を恐れて政治的発言を控えるなか、ここまではっきり自分の意見を言い切り、しかも、日本では偏見の強いデモに対して敢然と擁護してみせるというのは、かなりの肝の据わり方といっていいだろう。

 が、SHELLYがほんとうにスゴいのはここからだった。

 SHELLYの発言は「保守速報」などの悪質まとめサイトでも取り上げられてツイッターは大炎上。安倍親衛隊のネトウヨたちが次々と彼女に絡んできた。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ヘイトスピーチ 「愛国者」たちの憎悪と暴力

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 宇野常寛がNHKの自主規制を暴露
2 石原伸晃が舛添批判…でも父親はもっと
3 安倍がサミットで伊勢神宮訪問ゴリ押し
4 竹田恒泰のヘイト、父親・恒和の嘘八百!
5 小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
6 橋下徹が沖縄米軍の事件で女性差別発言
7 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
8 上原亜衣は? AV女優の引退後
9 さんまもハマったAV女優紗倉まなの闇
10 武田鉄矢の原発擁護論のデタラメ
11 舛添辞任&橋下の都知事出馬説に信憑性
12 石原都知事時代の贅沢三昧は舛添以上
13 指原が東大美女ツアーでオヤジ発言
14 基地反対派が女児暴行は右派のデマ
15 能年玲奈は独立できるか?飼い殺しも
16 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
17 大森靖子「小6のときレイプされて」
18 明石家さんまが東京五輪開催を批判!
19 アイドル刺傷事件で警察の対応に責任
20 キムタク最大のタブーとは?
PR
PR
1明石家さんまが東京五輪開催を批判!
2東京五輪招致裏金に電通が関与と英紙
3沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
4高市早苗が政治資金不正で刑事告発!
5『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
6東京五輪の賄賂疑惑と電通側のキーマン
7創価学会で反安倍、反執行部クーデター
8大企業と富裕層に優しい安倍政権の税制
9安倍首相がまた「私は立法府の長」発言
10高樹沙耶の大麻解禁公約は間違ってない
11沖縄事件で暴言!報ステ後藤謙次の正体
12小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
13山本太郎「日本会議に負けるな」
14次期外務省トップに舛添以上の金銭疑惑
15舛添問題で石原良純が挙動不審に!
16安倍の母が過保護発言、昭恵夫人に嫌味
17竹田恒泰のヘイト、父親・恒和の嘘八百!
18日本が加害者の戦争映画は作れない?
19舛添辞任&橋下の都知事出馬説に信憑性
20石原伸晃が舛添批判…でも父親はもっと
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」