>  >  > SHELLYがネトウヨに堂々反撃

SHELLYが「安保法反対デモ」肯定して安倍支持ネトウヨからヘイト攻撃受けるも堂々反撃! 肝の据わり方がスゴい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shelly_01_150720.jpg
ネトウヨを一蹴したSHELLYにあっぱれ!(「SHELLY OFFICIAL WEBSITE」より)


 バラエティでよくその「ど根性」や「男前っぷり」をいじられているタレントのSHELLYだが、あれはテレビ用キャラではなく、素顔も相当に「男前」な女であるらしい。そのことを証明したのが、ここ数日にわたって展開された炎上騒動だ。

 始まりは安保法制が強行採決された15日、彼女がツイッターでこんな投稿をしたことだった。

「この時代にこんな事が有り得るの?とテレビを見ながら不信感しかないです」「この状況を戦争を経験された世代はどう感じるだろう?」
「そんな中、今も雨の中デモを続ける方々は本当にかっこいいと思います。若い世代が立ち上がってる事を誇りに思います。日本、どうなっちゃうんだろう。」

 さらに、「デモっていいことなんですかね」というファンからの質問に、こう答えたのだ。

「もちろん! デモができる事も、デモをしてでも伝えたい事がある人がいることもいいこと。」

 ほとんどの芸能人が炎上を恐れて政治的発言を控えるなか、ここまではっきり自分の意見を言い切り、しかも、日本では偏見の強いデモに対して敢然と擁護してみせるというのは、かなりの肝の据わり方といっていいだろう。

 が、SHELLYがほんとうにスゴいのはここからだった。

 SHELLYの発言は「保守速報」などの悪質まとめサイトでも取り上げられてツイッターは大炎上。安倍親衛隊のネトウヨたちが次々と彼女に絡んできた。

この記事に関する本・雑誌

ヘイトスピーチ 「愛国者」たちの憎悪と暴力

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 石原慎太郎もネットも障がい者排除支持
2 植松容疑者は新自由主主義政策と地続き
3 酷すぎ!小池百合子も沖縄ヘイト発言
4 相模原事件容疑者は安倍、百田ファン?
5 雨宮塔子が子供捨てたバッシングに反論
6 綾野剛が映画の自主規制と内面化を批判
7 さんま・中居SMAPトークのヤバい部分
8 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
9 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
10 SHELLYがネトウヨに堂々反撃
11 小池百合子は“ネトサポ”の親玉だった
12 雨宮塔子に「母親失格」の理不尽批判
13 小池百合子は“女性の味方”じゃない!
14 SMAPを殺したのはキムタク
15 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
16 現役ヤクザが安保法制を批判!
17 ポケモンGOで自民党とマスコミの姑息
18 鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
19 キムタク最大のタブーとは?
20 大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
PR
PR
1天皇の「生前退位」は安倍改憲への抵抗
2石田純一が「一切の政治発言禁止」処分
3安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
4米空軍機が沖縄で照明弾発射の暴挙も
5石原慎太郎もネットも障がい者排除支持
6日本会議会長が「軍隊つくる」、安倍も
7小池百合子は“女性の味方”じゃない!
8相模原事件容疑者は安倍、百田ファン?
9 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
10小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
11「与党2/3で改憲」発言の教師が謝罪
12小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
13自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
14大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
15雨宮塔子が子供捨てたバッシングに反論
16安倍応援団「東京五輪で人権制限を」
17改憲勢力2/3に直木賞作家が危機感!
18ポケモンGOで自民党とマスコミの姑息
19水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
20小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」