>  >  > ワイドナショー松本人志がヒドすぎる

『ワイドナショー』松本人志の“ただのフォロー係”化がヒドすぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
matsumoto_01_140827.jpg
フジテレビ オフィシャルサイト 『ワイドナショー』番組ページより


 最近、松本人志の劣化がヒドいという声をよく聞く。まあたしかに番組は視聴率低迷で次々打ち切りになっているし、映画の評判も作品を追うごとに悪化。『すべらない話』や大喜利的番組でもまったくおもしろいことをいえず、逆に若手に気を使わせている状態だ。

 でも、何がヒドいって、やっぱり一番ヒドいのは『ワイドナショー』(フジテレビ系)の松本人志だろう。松ちゃんがテレビではじめてニュースや時事問題を扱うということで注目されたこの番組だが、その司会進行やコメントがとにかく目を覆いたくなるようなヒドさのだ。

 といっても、政治経済を知らなすぎるとかピント外れの暴言を連発とか、そういうことをいいたいわけはない。それなら全然オッケーなのだが、事態はまったく逆。とにかく無難で当たり障りがなくて、その場を丸くおさめる小役人のようなふるまいしかしないのである。

 たとえば、橋本聖子参院議員の高橋大輔キス強要セクハラ問題を扱った先日の放送。高橋が会見で「セクハラ・パワハラじゃない」と弁明したことに、松ちゃんは当初、「高橋くんが言えば言うほど、結局パワーかいっていう……」と橋本批判を口にしていた。ところが、ゲストコメンテーターの小倉智昭が「セクハラでもなんでもない」「僕は橋本さんよく知ってるけど、2人でよろこんで抱き合ったこと何度もある」「橋本さんに対しておもしろくない人が写真を出したとしか思えない」と、完全にお友達の立場から橋本擁護をまくしたてはじめると、小倉への対応は東野幸治にまかせて自分は一切沈黙。で、少したって久しぶりに口を開いたと思ったら、こんなコメントを口にしたのである。

「議員をやっていくうえで、そのくらいのパワーはいるだろう、と。そのパワーをもっと世界に向けて使えばいいんじゃないか」

 批判派と擁護派の中間をとっただけの、オマエは学級委員か、みたいな内容。これがあの松本人志の言葉か、と呆然とさせられるが、その後も姿勢はかわらない。小倉が何を言っても「そうなんでしょう」と同意し、東野が平凡な解説を口にしても「そうやね」と相づちをうつだけ。ゲストの前園真聖が小倉に真っ向から対立して「高橋さんは嫌だったと思う」「スポーツ界は上下関係が厳しいから拒否できない」と本質に迫る発言をしているのに、それを拾おうとせず、逆に「少年の感想みたい」とからかって話をそらす。とにかくもめごとをさけることに必死なだけの、デキの悪い学級委員会の司会みたいな進行を続けたのである。

 安倍首相の広島原爆の日のコピペ問題を扱ったときもそうだった。番組では、パネルに安倍首相の今年と去年のスピーチを書き起こし、重複してないオリジナル部分に青いマーカーをつけたのだが、結果は青い部分が圧倒的に少なく、ほとんどが重複だったことが判明。

 すると、松本はこの結果になぜか一瞬、「(結果は)逆やと思った。(多かったのは青いマーカー)以外かあ」と絶句し、そして、慌てて、「でもそうなんですけど、毎年ガラッとそんなに変えれないよっていうのはありますよね。首相が全部前の日に書いてるわけでもないですし」とフォローを始めたのである。

この記事に関する本・雑誌

松本人志の怒り 赤版

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
2 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
3 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
4 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
5 M1準優勝・ハリガネロック解散の真相
6 佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
7 今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
8 安倍政権が“国策映画”計画へ
9 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
10 キムタク最大のタブーとは?
11 翼がSMAP解散でメリーと滝沢を批判
12 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
13 文春の元編集長の子どももフジに入社!
14 デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
15 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
16 たけしがキムタクとジャニーズを批判!
17 「トランプ大統領で日本はヤバい」は嘘
18 アリさん引越社はヘイト企業だった
19 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
20 SMAP最後の日に中居と木村が
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
3室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
4安倍の共謀罪法案強行の裏に危険な意図
5トランプのマスコミ排除は日本でも
7原発ムラが新潟県知事にネガキャン!
8デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
9安倍政権が“国策映画”計画へ
10SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
11今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
12メリルストリープの指摘は日本のことだ
13慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
14安倍政権が国民を騙す「偽装改憲計画」
15『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
16政権が原発被害隠しにDASH村利用
17アパホテルのトンデモ極右思想の正体
18佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
19安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
20橋下がトランプ擁護“メディアは打ち首”
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」