>  >  > ワイドナショー松本人志がヒドすぎる

『ワイドナショー』松本人志の“ただのフォロー係”化がヒドすぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
matsumoto_01_140827.jpg
フジテレビ オフィシャルサイト 『ワイドナショー』番組ページより


 最近、松本人志の劣化がヒドいという声をよく聞く。まあたしかに番組は視聴率低迷で次々打ち切りになっているし、映画の評判も作品を追うごとに悪化。『すべらない話』や大喜利的番組でもまったくおもしろいことをいえず、逆に若手に気を使わせている状態だ。

 でも、何がヒドいって、やっぱり一番ヒドいのは『ワイドナショー』(フジテレビ系)の松本人志だろう。松ちゃんがテレビではじめてニュースや時事問題を扱うということで注目されたこの番組だが、その司会進行やコメントがとにかく目を覆いたくなるようなヒドさのだ。

 といっても、政治経済を知らなすぎるとかピント外れの暴言を連発とか、そういうことをいいたいわけはない。それなら全然オッケーなのだが、事態はまったく逆。とにかく無難で当たり障りがなくて、その場を丸くおさめる小役人のようなふるまいしかしないのである。

 たとえば、橋本聖子参院議員の高橋大輔キス強要セクハラ問題を扱った先日の放送。高橋が会見で「セクハラ・パワハラじゃない」と弁明したことに、松ちゃんは当初、「高橋くんが言えば言うほど、結局パワーかいっていう……」と橋本批判を口にしていた。ところが、ゲストコメンテーターの小倉智昭が「セクハラでもなんでもない」「僕は橋本さんよく知ってるけど、2人でよろこんで抱き合ったこと何度もある」「橋本さんに対しておもしろくない人が写真を出したとしか思えない」と、完全にお友達の立場から橋本擁護をまくしたてはじめると、小倉への対応は東野幸治にまかせて自分は一切沈黙。で、少したって久しぶりに口を開いたと思ったら、こんなコメントを口にしたのである。

「議員をやっていくうえで、そのくらいのパワーはいるだろう、と。そのパワーをもっと世界に向けて使えばいいんじゃないか」

 批判派と擁護派の中間をとっただけの、オマエは学級委員か、みたいな内容。これがあの松本人志の言葉か、と呆然とさせられるが、その後も姿勢はかわらない。小倉が何を言っても「そうなんでしょう」と同意し、東野が平凡な解説を口にしても「そうやね」と相づちをうつだけ。ゲストの前園真聖が小倉に真っ向から対立して「高橋さんは嫌だったと思う」「スポーツ界は上下関係が厳しいから拒否できない」と本質に迫る発言をしているのに、それを拾おうとせず、逆に「少年の感想みたい」とからかって話をそらす。とにかくもめごとをさけることに必死なだけの、デキの悪い学級委員会の司会みたいな進行を続けたのである。

 安倍首相の広島原爆の日のコピペ問題を扱ったときもそうだった。番組では、パネルに安倍首相の今年と去年のスピーチを書き起こし、重複してないオリジナル部分に青いマーカーをつけたのだが、結果は青い部分が圧倒的に少なく、ほとんどが重複だったことが判明。

 すると、松本はこの結果になぜか一瞬、「(結果は)逆やと思った。(多かったのは青いマーカー)以外かあ」と絶句し、そして、慌てて、「でもそうなんですけど、毎年ガラッとそんなに変えれないよっていうのはありますよね。首相が全部前の日に書いてるわけでもないですし」とフォローを始めたのである。

この記事に関する本・雑誌

松本人志の怒り 赤版

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍が天皇“お気持ち表明”に報復人事
2 奈良県のロゴデザイン料はやっぱり高い
3 高江でヘリパッド反対派排除に巨額税金
4 医療亡国論の曽野綾子が夫の認知症で…
5 ノーベル賞科学者が安倍戦争政策にNO
6 安倍の所信表明「起立して拍手」の裏
7 慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
8 安保法も…官邸の犬と化した内閣法制局
9 芸能界のドンが初めてインタビューに
10 文春が東京五輪を!電通元専務に金
11 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
12 『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
13 キムタク最大のタブーとは?
14 湊かなえに続き筒井康隆も押切もえ揶揄
15 川島なお美が近藤誠の診断を告発
16 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
17 林真理子がなんとキムタク批判!
18 マツコが小池百合子にNG発言の理由
19 ジャニーズでSMAPとキスマイいじめ!
20 炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
PR
PR
1盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
2慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
3辺野古判決の裏に裁判所の露骨人事!
4『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
5医療亡国論の曽野綾子が夫の認知症で…
6TBS山内アナが二重国籍のヘイト攻撃
7安倍が米の男女平等イベントで失笑発言
8安倍の所信表明「起立して拍手」の裏
9稲田朋美、南スーダン視察中止の無責任
10安倍が天皇“お気持ち表明”に報復人事
11稲田朋美が夫の軍事産業株保有で逆ギレ
12炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
13 “万引き老人”たちの壮絶な貧困
14安保法も…官邸の犬と化した内閣法制局
15福島原発“凍土壁”崩壊の戦犯は安倍政権
16現役自衛官が“海外派兵”強制を暴露
17新潮が天皇の生前退位を“暴走”と攻撃
18「暮しの手帖」に「政治的すぎ」と批判
19もんじゅ廃炉で原発ムラに新たな利権が
20奴隷労働を強いられるベトナム人留学生
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」