“意識高い”系カリスマブロガー・はあちゅうのトラウマと心の闇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hahchoo_01_140805.jpg
はあちゅうこと伊藤春香公式ブログ「はあちゅう主義。」より


 最近、ネットで人気の女性コラムニストやブロガーは、ふたつのタイプに分類されて語られることが多い。ひとつは、キラキラした自分を演出し、常に向上心を全開にしている“意識高い”系、そしてもうひとつは自意識や過去のトラウマをひきずり、常に自虐気味にものごとをみてしまう“こじらせ女子”系だ。

 しかし、なかにはこのふたつの要素をあわせもったハイブリットタイプもいるようだ。たとえば、そのひとりが人気ブロガーの“はあちゅう”こと伊藤春香女史だろう。

 こんなことをいうと、「え? はあちゅうって典型的な意識高い系のキラキラ女子じゃね?」と思われるかもしれない。だが、実際の彼女、伊藤春香は心の奥底に強烈なトラウマを抱え込んでおり、今もそれを相当に“こじらせて”いるようなのだ。

 はあちゅうは慶應義塾大学在学中からブロガーとして注目を集め、卒業後は電通に入社。2年後には女性向けマーケティング会社・トレンダーズに転職してコスメサイト「キレナビ」編集長をつとめる一方、「an・an」(マガジンハウス)や毎日新聞で連載をもち、『自分の強みをつくる “なりたい自分”を“自分”にしちゃえ。』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などの自己啓発書も出版……と、経歴だけをとってみると、まさに「キラキラ女子」の代表格のような存在だ。

 いや、経歴だけじゃない。その言動もリア充的で“こじらせ”とはほどとおく感じる。

「みんなはあなたの中身ではなく、あなたが表面に出しているものだけを見ているんですよ?(中略)イメージは簡単にコントロールできてしまうのです」

「チャンスを得るためには、ちゃんと人目につくところに、自分の情報を置いておく。これ基本!」(『自分の強みをつくる』)

 自己をキャラクター化して世間に押し出すことを推奨し、人脈をつくることにも貪欲。それが高じてか、最近では焼肉を口実にしたソーシャルマッチングサービス「肉会」を自ら立ち上げ、それに際して“女子は毎月美容代に7万円はかかるのだから、男性には食事をおごってほしい”とブログで主張し、炎上したばかりだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

“意識高い”系カリスマブロガー・はあちゅうのトラウマと心の闇のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ブログ意識高い系文化系の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも