NMB48大型新人・須藤凜々花の“哲学愛”を哲学研究者が検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sutoririka_01_140719.jpg
NMB48公式サイトより Team N 須藤凜々花

「須藤凜々花ってどうなんすか、あれ?」

 知人の編集者からいきなりこんな質問をぶつけられた。どうもこうも誰それ? 聞き直してみたら、AKBグループのドラフト会議で最多3チームから1位指名され、競合の末にNMB48のチームNが交渉権を獲得した大型新人、らしい。

 しがない哲学好きの物書きで、別にアイドルとかAKBとか興味ないんですけど、なんで私にそれを聞く? と思ったら、どうもこの人、別の意味でも大型新人であるらしい。なんでもドラフト会議のアピールタイムでは、「偏差値67」という司会者の言葉につづいて、「夢は哲学者とアイドル」とアナウンスされ、会場全体がどよめきに包まれたというのだ。それはどよめくだろう。意味がわからなくて。

 でも、そういうことか。「夢は哲学者」と聞いて、俄然、彼女に興味がわいてきたではないか。さっそくNMB公式ブログに投稿された彼女(以後ストーと呼ぶ。なんか古代ローマの哲学者みたいだ)の自己紹介を覗いてみると……あった。いま追いかけている哲学者として、ジョン・スチュアート・ミル(通称ミルルン師匠)の名が挙げられている。そしてカール・ヤスパースも「ヤスパースさんかっけー」と称えられている。なぜこのふたりなのかについては情報が不足していてよくわからない。とはいえ、わからないなりに考えてみよう。

 まず、J・S・ミルもヤスパースも、まったく流行りとはいえない(だが、きわめて重要な)哲学者という点で共通している。これは、本当に哲学が好きなのだろうと思わせる人選であり、たいへん好感がもてる。これが第一印象だ。

 J・S・ミルは19世紀イギリスの哲学者である。さまざまな分野で業績を残した巨人だが、とくにその政治哲学は後世に大きな影響を与えた。でもそんな説明ではピンとこないだろうから、次のことを考えてみよう。あなたは雑誌を読んだり物を食ったり人とつるんだりする。そんなあなたの自由は、それが他人に危害を加えるものでないかぎり、原則として守られなければならない。競馬でオケラになる愚行の自由すら守られなければならない、と。当たり前だ、そうでなきゃ困るじゃないかと思うかもしれないが、このような考えが当たり前のものになったのは、彼のおかげなのである。彼はこの考え(「危害原理」と呼ばれる)を、人類史上はじめて定式化して世に問うた。いま私たちがある程度の自由を享受できているのは、ミルルン師匠と後継者たちの努力の結果なのだ(そして、そうした自由のない国や地域もあるし、かつてこの国もそうだったし、いまでもそれが脅かされることがあると思い起こすことも、また大事なことだ)。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

NMB48大型新人・須藤凜々花の“哲学愛”を哲学研究者が検証のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48NMB48須藤凜々花の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画