W杯惨敗で結婚? 芸能界へ? 内田篤人のタレント価値を占う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
uchida_0701.jpg
『僕は自分が見たことしか信じない』(幻冬舎)

 2敗1分・グループリーグ最下位という残念すぎる戦績で日本中をため息で包みこんだ、サッカーW杯日本代表。

 しかし、そんな結果以上に嘆き悲しんでいる人たちがいる。ウッチーこと内田篤人選手が「(代表引退を)考えています。日本に帰って少し休んで考えたい」と代表引退を示唆した発言を行ったことから、ウッチー萌えの女子たちが「辞めないで!」「早すぎる!」と悲鳴をあげているのだ。

 内田といえば、精彩を欠くチームのなかで膝の痛みをこらえながらも、ひとり奮闘。その分、落ち込みも激しかったのか、コロンビア戦後は涙も見せていた。が、翌日の会見で涙について記者に問われると、「全然」と泣いていたことを否定。しかし、出場機会のなかった前回の南アフリカ大会からの4年間を振り返ろうとした瞬間、言葉を詰まらせた。しばらく下を向いて涙をこらえ、ウッチーはひと言、「あっぶねー」。

……この涙は見せまいと気丈に振る舞う姿に、当然、女子たちは大盛り上がり。「ウッチー、めっちゃかわいい!」「「あっぶねー」ていうのがウッチーらしい!」など、ファンにとってはつらい場であるはずが一転、萌え会見に変貌した。
 
 こうした根強い女子人気を考えると、逆に、代表引退によって新たなステージが用意される可能性は高い。なにしろ、これまでもウッチーは声優やモデルの仕事を経験済み。となると、否が応でも期待が高まるのが芸能界への転身だ。

 そこで今回は、6月に発売されたウッチー写真集『2 ATSUTO UCHIDA FROM 29.06.2010 Photographs selected by 内田篤人』(幻冬舎)からその魅力を分析し、芸能界に転身した場合の将来を占ってみよう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

2 ATSUTO UCHIDA FROM 29.06.2010 Photographs selected by 内田篤人

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

W杯惨敗で結婚? 芸能界へ? 内田篤人のタレント価値を占うのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サッカーワールドカップ内田篤人腐女子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃