LGBTをテーマにした『弟の夫』が把瑠都出演でNHKドラマに! 作者の田亀源五郎が訴える無自覚な差別

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
otouto_01_20171226.png
ドラマ化される『弟の夫』(NHKオンラインより)


「同性婚」をテーマに据え、2015年には第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞も受賞している田亀源五郎『弟の夫』(双葉社)。先日、この話題作がNHK BSプレミアムでドラマ化されることが発表された(2018年3月4日より放送開始)。主演は佐藤隆太、そして、主要キャラクターのひとりであるマイク役には元大関の把瑠都が選ばれるという冒険したキャスティングには驚きの声がネット上に溢れた。

『弟の夫』は、男手一つで小学生の娘・夏菜を育てる主人公・弥一のもとに、ある日突然体格の良い謎のカナダ人男性が訪れるところから始まる。このカナダ人・マイクは、カナダに移住し、現地で亡くなった弥一の双子の弟・涼二の結婚相手であるという(カナダでは同性同士の結婚が法的に認められている)。

 子どもの頃の弥一と涼二は仲の良い兄弟だったが、高校生のときに涼二からゲイであることをカミングアウトされて以降、微妙にギクシャクするようになっていた。カナダに移り住んでからの近況報告もほとんどされておらず、突然来訪したマイクの存在に弥一は困惑する。

 とはいえ、慣れない日本までやって来た弟の結婚相手を追い出すわけにもいかず、弥一、夏菜、マイクによる束の間の共同生活が始まるのだが、マイクの優しい人柄に触れた弥一の心の壁はだんだんと崩れていく。その結果、カミングアウトが行われて以降の自分は無意識のうちに涼二を疎んじていたこと、また、その素振りが涼二の心を傷つけていたことに気づいていく。

 そして、弥一は「家族のかたち」とはどのようなものか考えをめぐらせていくようになるのである……。

 この『弟の夫』という作品で重要な点は、同性愛や同性婚というある種センセーショナルに捉えられがちなテーマを描きつつも、登場人物たちの日常はとても穏やかであり、マイクに対して面と向かって嫌悪の言葉を叩きつけるような人物が登場しないことである。

 しかし、だからといって街のなかでマイクの存在が無条件で受け入れられているわけではない。むしろ、差別や偏見は当事者からは見えないかたちで進行していく。

 たとえば、夏菜の友だちの母親は、娘がマイクに会うために夏菜の家に遊びに行こうとするのを理由も言わずに止めようとする。担任の教師は夏菜がクラスでマイクの話をするのを問題視して弥一を学校まで呼びだしたうえ「そういう話はまだ小学生には早いかな…と…」と遠回しに警告する。いずれの人物も、マイクに直接罵倒の言葉を浴びせるわけではないが、しかし確実に差別や偏見をもっていることをうかがわせるものだった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

LGBTをテーマにした『弟の夫』が把瑠都出演でNHKドラマに! 作者の田亀源五郎が訴える無自覚な差別のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。LGBTNHK弟の夫把瑠都田亀源五郎編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
2 高プロ法案の強行採決を許すな!
3 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
4 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
5 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
6 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
7 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
8 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
9 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
10 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
11 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
12 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
13 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
16 愛川欽也が「安倍に殺される」と
17 山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
18 パワハラ休職した社員にさらなるパワハラ
19 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
20 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5安倍の加計との面会否定が信じられない理由
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
9安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
10麻生「改ざんは個人の問題」は鬼畜発言
11 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
12のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
13日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
14星田、村本、博士がデモ批判に反論
15山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
16安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19自衛隊関連組織が日本会議の改憲署名に協力
20柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ