青山繁晴が「今週、戦争が始まる」とトンデモ解説で北朝鮮危機を煽りまくり! でも月末のサイン会はやるよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
aoyama_170908_top.jpg
自由民主党HPより


 相次ぐ北朝鮮のミサイル発射実験と核実験を受け、安倍政権は「撃たれる前に北朝鮮を潰せ」と言わんばかりの好戦的世論を扇動している。とくにここ最近、凄まじく鼻息を荒くしているのが、「安全保障の専門家」を自称する“ネトウヨの尊師(グル)”こと自民党の青山繁晴参院議員だろう。

 核実験から一夜明けた4日朝、DHCのネトウヨ番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』に出演した青山センセイはこう言い放った。

「極端な話、今日は週の始まりの月曜日ですよね。今週(に戦争が)あってもおかしくないです」
「なにが今週あっても(不思議ではない)。本当は今日(戦争が始まる)って言いたいぐらいですけどね。そういう状況なんですよ」

 ようは、週内あるいは今この瞬間にも「戦争」が始まると断言したのである。さらに青山センセイは、いつもにまして興奮気味で身振り手振りを交えながら、こんな軍事シミュレーション(?)をまくし立てていた。

「本当の本当のことを言えば、金正恩委員長をはじめ、金一族が地上に出てきているときに(アメリカは軍事作戦を)やりたいんですよ。もっと言うと……これはさすがに僕はないと思いますよ、というかアイ・ホープ・ソウです、ないと願いたいですけど、9月9日、北朝鮮の記念日、ひょっとしたら出てくるんだったら、そのときも(米軍の攻撃が)ゼロとは言えないんですよ。で、金一族の暗殺だけっていう限定攻撃もないので全部込みでやるんですよ。斬首作戦込みで(飽和攻撃を仕掛ける)」
「過去のような時代と違って、昨日の北朝鮮は電磁パルス攻撃については宣戦布告したのと同じです。宣戦布告されてんのにアメリカ軍が黙ってるんですか? これ防ぐにはですね、とにかく核関連施設だろうが指揮命令系統であろうが、それから間違って電磁パルス攻撃があった後の歩兵の展開なども含めて、ぜっんっぶ!を叩きつぶさないといけない!」

 ようするに青山センセイの頭のなかでは、すでに北朝鮮はアメリカに「宣戦布告」をしていて、トランプ大統領が金正恩抹殺作戦を実行すると同時に大規模な破壊攻撃に出るのは秒読み段階、ということになっているらしいのだ。

 だが、はたして青山センセイは本気でそんなことを思っているのだろうか?  そもそも、トランプ大統領自身が軍事行動について「もちろんそれは第1の選択肢ではない」と語っているし、国連の追加制裁決議もまだ決定しておらず、だいたい大規模軍事攻撃が秒読みだとしたらすでに在韓米国人のほとんどを避難させているはずだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

青山繁晴が「今週、戦争が始まる」とトンデモ解説で北朝鮮危機を煽りまくり! でも月末のサイン会はやるよ!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ミサイル北朝鮮宮島みつや青山繁晴の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
11 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
12 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13 原発広告に文化人や芸能人が
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画