大晦日4人SMAP慰労会をめぐる熾烈な情報戦の裏に何が? 独立めざす中居vsジャニーズの戦いは第二幕へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「中居が、現在も継続して田辺と会っているのはまちがいありません。今回は飯島さんが合流するかどうかはまだ流動的ですが、中居が田辺を後ろ盾に独立、新事務所を設立するのはもはや既定路線です。早ければ今年の9月のジャニーズとの契約は更新せず、独立するといわれています」(元ジャニーズ社員)

 そんな中、4人が慰労会を開いたのだが、その場所となった焼肉店は、タレント堺正章の店。堺は、田辺エージェンシーの田邊昭知社長とはスパイダース時代から親分子分の間柄で、現在は系列の個人事務所所属だが、タモリとならんで田辺エージェンシーの“顔”のひとりだ。

「ジャニーズは、中居ら4人の独立に向けた動きを警戒し、この慰労会も独立決起集会のように捉えていたようです。それで、独立・新事務所話を妨害しようと、4人の慰労会をリークしたんじゃないかといわれています」(前出・週刊誌関係者)

 しかも、キムタク抜きで4人だけの会ということで、キムタクは仲間はずれにされた被害者という構図に仕立てあげ、同情をひこうという計算もあったといわれている。実際、「新潮」も「セブン」も、ファンが願っていた紅白を辞退して食事会、最後までキムタクを仲間外れにして子どもじみているなどと、4人に対して批判的なトーンの記事だった。とくに「セブン」は完全に4人を批判し木村を擁護するスタンスで、「木村さんは誘ったんですか?」などと店を出て来た中居らに直撃取材までしている。「セブン」の場合、ジャニーズのタレントに対し事務所の許可なく直撃するのは御法度になっており、事務所の了承の記事なのはまちがいないだろう。しかも、なんと同じ号のグラビアにキムタクのヨイショインタビューまで載っており、露骨というほかない。

「ジャニーズは、一連の解散騒動ですっかり裏切り者イメージがついてしまったキムタクのイメージをなんとか回復させようと必死。これまでは受けなかったようなインタビューやバラエティ出演なども積極的に受けるなど大安売りしています。ただ、キムタク=裏切り者を決定づけた『スマスマ』生謝罪のインパクトはあまりに強く、いずれも空振りに終わっている。それどころか、イメージアップしようとすればするほど逆に事務所からの特別使い、ひとりだけ守られていることが露呈し、ますます印象が悪くなるという悪循環に陥っている」
(前出・元ジャニーズ社員)

 こうした状況を考えあわせると、今回の慰労会情報をジャニーズが流した可能性は高い。しかし、実はリーク元としてもうひとつの見方も囁かれている。それは、バーニングプロダクションが流したのではないか、という説だ。たしかに、「セブン」も「新潮」もバーニングに近い雑誌ではあるが、SMAP解散問題には蚊帳の外、一貫して距離を置いているように見えるバーニングが、一体なぜリークするのか。

 バーニングの周防郁雄社長と田辺エージェンシーの田邊社長は古くからの仲で、一般的には田辺エージェンシー=バーニングと思っている人も少なくないが、実はいま田辺とバーニングが非常に微妙な関係なのだという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

大晦日4人SMAP慰労会をめぐる熾烈な情報戦の裏に何が? 独立めざす中居vsジャニーズの戦いは第二幕へのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズバーニング中居正広時田章広田辺エージェンシー週刊新潮の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画