>  >  > 大晦日SMAP慰労会、情報戦の裏

大晦日4人SMAP慰労会をめぐる熾烈な情報戦の裏に何が? 独立めざす中居vsジャニーズの戦いは第二幕へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「中居が、現在も継続して田辺と会っているのはまちがいありません。今回は飯島さんが合流するかどうかはまだ流動的ですが、中居が田辺を後ろ盾に独立、新事務所を設立するのはもはや既定路線です。早ければ今年の9月のジャニーズとの契約は更新せず、独立するといわれています」(元ジャニーズ社員)

 そんな中、4人が慰労会を開いたのだが、その場所となった焼肉店は、タレント堺正章の店。堺は、田辺エージェンシーの田邊昭知社長とはスパイダース時代から親分子分の間柄で、現在は系列の個人事務所所属だが、タモリとならんで田辺エージェンシーの“顔”のひとりだ。

「ジャニーズは、中居ら4人の独立に向けた動きを警戒し、この慰労会も独立決起集会のように捉えていたようです。それで、独立・新事務所話を妨害しようと、4人の慰労会をリークしたんじゃないかといわれています」(前出・週刊誌関係者)

 しかも、キムタク抜きで4人だけの会ということで、キムタクは仲間はずれにされた被害者という構図に仕立てあげ、同情をひこうという計算もあったといわれている。実際、「新潮」も「セブン」も、ファンが願っていた紅白を辞退して食事会、最後までキムタクを仲間外れにして子どもじみているなどと、4人に対して批判的なトーンの記事だった。とくに「セブン」は完全に4人を批判し木村を擁護するスタンスで、「木村さんは誘ったんですか?」などと店を出て来た中居らに直撃取材までしている。「セブン」の場合、ジャニーズのタレントに対し事務所の許可なく直撃するのは御法度になっており、事務所の了承の記事なのはまちがいないだろう。しかも、なんと同じ号のグラビアにキムタクのヨイショインタビューまで載っており、露骨というほかない。

「ジャニーズは、一連の解散騒動ですっかり裏切り者イメージがついてしまったキムタクのイメージをなんとか回復させようと必死。これまでは受けなかったようなインタビューやバラエティ出演なども積極的に受けるなど大安売りしています。ただ、キムタク=裏切り者を決定づけた『スマスマ』生謝罪のインパクトはあまりに強く、いずれも空振りに終わっている。それどころか、イメージアップしようとすればするほど逆に事務所からの特別使い、ひとりだけ守られていることが露呈し、ますます印象が悪くなるという悪循環に陥っている」
(前出・元ジャニーズ社員)

 こうした状況を考えあわせると、今回の慰労会情報をジャニーズが流した可能性は高い。しかし、実はリーク元としてもうひとつの見方も囁かれている。それは、バーニングプロダクションが流したのではないか、という説だ。たしかに、「セブン」も「新潮」もバーニングに近い雑誌ではあるが、SMAP解散問題には蚊帳の外、一貫して距離を置いているように見えるバーニングが、一体なぜリークするのか。

 バーニングの周防郁雄社長と田辺エージェンシーの田邊社長は古くからの仲で、一般的には田辺エージェンシー=バーニングと思っている人も少なくないが、実はいま田辺とバーニングが非常に微妙な関係なのだという。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 橋下がトランプ擁護“メディアは打ち首”
2 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
3 安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
4 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
5 嵐の暴露本第二弾に、櫻井、松潤
6 政権が原発被害隠しにDASH村利用
7 マツコ・デラックスが安倍への毒を連発
8 松潤と井上真央の結婚が白紙に!
9 草なぎ剛のお相手はあの人との仰天説
10 ドラえもんが原因?藤子不二雄解散の真相
11 講談社社員「進撃の巨人」報道の是非
12 たけしがキムタクとジャニーズを批判!
13 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
14 慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
15 メリルストリープの指摘は日本のことだ
16 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
17 宇多田「東京は子育てしにくい」は事実
18 林真理子がなんとキムタク批判!
19 『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
20 デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
PR
PR
1黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
2芸能人「よく言った」5位〜2位、大賞
3室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
4安倍政権御用ジャーナリスト大賞
5室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
6安倍の共謀罪法案強行の裏に危険な意図
7トランプのマスコミ排除は日本でも
9原発ムラが新潟県知事にネガキャン!
10デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
11SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
12メリルストリープの指摘は日本のことだ
13慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
14安倍政権が国民を騙す「偽装改憲計画」
15『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
16政権が原発被害隠しにDASH村利用
17差別主義者のヘイト発言を振り返る!
18安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
19野党が勝てないのは経済政策のせいだ
20橋下がトランプ擁護“メディアは打ち首”
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」