もはや北朝鮮、安倍首相の所信表明「自民党議員の起立・拍手」の裏側! 見た目の異様さ以上に恐ろしい事態が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「命をかけさせる」事態というのはもちろん、安保関連法に基づく「駆けつけ警護」の開始だ。自衛隊は、PKO派遣先の南スーダンでその新任務に初めてつく可能性が高いが、南スーダンは今、武力紛争状態にあり、自衛隊宿営地の目と鼻の先でも銃撃戦が繰り返されている。今月17日、稲田朋美防衛相はマラリア薬のアレルギー症状が出たという理由で直前になって南スーダン視察を“ドタキャン”したが、これも戦闘に巻き込まれる懸念があったためではないかとも言われているほどだ。当然、そのような場所で駆けつけ警護を行うことは、自衛隊員の命を奪う可能性が非常に高くなる。

 安倍首相は今回の演説で、駆けつけ警護については一言も語らなかった。つまり、実際の危機が間近に迫っていることを巧妙に隠しながら、あらかじめ自衛隊員の“英雄化”をはかっておくことで、殉職者が出た場合の反発を最小限に押さえ込もうとしたのではないか、というのだ。

「他にも、安倍首相は将来、尖閣諸島をめぐる武力衝突や朝鮮半島への派兵なども念頭に入れているはずです。そのために、自衛隊員に敬意を表するポーズをとりながら、『国のために命を捧げるのは当然』という空気をつくりだそうとしているのでしょう」(前出・全国紙政治部デスク)

 いずれにしても、今国会の所信表明演説で繰り広げられた事態は、まさに安倍政権による「戦争のできる国」「国民が国家のために命を投げ出す国」づくりの一環だった、そう考えるべきだろう。

 さらにもうひとつ、今回のパフォーマンスで露わになったヤバいことがある。それは、安倍首相の呼びかけにほとんどの自民党議員が立ち上がり、一斉に拍手を送ったことだ。

「今回のパフォーマンスは、安倍さんの側近幹部や閣僚が手下の若手議員に事前に指令を出し、リードさせたものらしいですが、最終的にはほぼ自民党議員全員が立ち上がって拍手を送っていた。これは、今の自民党の状況をそのまま物語っているといえるでしょう。安倍首相の独裁体制が完全にできあがっていて、誰も逆らえない。若手議員はむしろ、政権中枢に取り入るために、率先してタカ派的姿勢、歴史修正主義的姿勢をアピールしている状態です」(政治評論家)

 日本が戦後、ずっと自民党政権による一党支配が続いていたにもかかわらず、民主主義をかろうじて守れてきたのは、自民党内に保守からリベラルまで多様な意見があり、それがある種のバランス装置として機能してきたからだった。ところが、安倍政権下でそのバランス機能は完全に失われ、いまや自民党は“安倍サマの党”になってしまったのだという。

「この流れは、小選挙区比例代表制によって総裁が人事と金を握ることになったことから始まったもので、小泉政権時代にもあった。しかし、安倍首相はその流れをさらに陰湿なかたちでエスカレートさせています。とにかく自分たちに逆らう非主流を徹底的に干し上げ、ときには謀略で陥れ、党内の抵抗勢力を一掃してしまった。一方で、選挙では、自分たちに逆らわない議員、同じ極右的思想をもつ新人に率先して公認を出していった。こうした結果、二階(俊博)幹事長はじめ、かつては“面従腹背”といわれていた幹部も次々に安倍さんの軍門に下って、独裁体制ができあがったというわけです」(前出・政治評論家)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

もはや北朝鮮、安倍首相の所信表明「自民党議員の起立・拍手」の裏側! 見た目の異様さ以上に恐ろしい事態がのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三編集部自民党自衛隊の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 りゅうちぇるがさんま・一茂・良純と「家事」論争
2 慰安婦めぐり国連で日本政府がデマ反論
3 木村拓哉『検察側の罪人』めぐりジャニーズと文春が
4 阿波おどりを徳島新聞が私物化!
5 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
6 第一子誕生りゅうちぇるが語ったキラキラネーム問題
7 安倍「股関節炎は仮病」証明のゴルフ
8 綾瀬はるかが戦時化の性犯罪をレポート
9 『ゲゲゲの鬼太郎』の戦争描写をネトウヨが攻撃
10 グッディ!土田マジギレ真の原因
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 安倍が選挙妨害に関与の決定的証拠
13 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
14 NHKの戦争特集に和田政宗が圧力
15 終戦の日の自民党声明から「民主主義、基本的人権」が消えた
16 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
17 杉田水脈がLGBT差別にほっかむりで極右集会に
18 『報道特集』が報じた日本軍の証拠隠滅の実態
19 難民揶揄イラストの漫画家が在日攻撃
20 つんく♂が秋元のメンバー差別に
1広島原爆の日に安倍首相が卑劣な詐欺行為
2翁長知事は最後まで安倍政権のいじめと闘い続けた
3安倍「股関節炎は仮病」証明のゴルフ
4 綾瀬はるかが戦時化の性犯罪をレポート
5安室奈美恵の翁長知事追悼にネトウヨが「反日」攻撃!
6 終戦の日の自民党声明から「民主主義、基本的人権」が消えた
7ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
8NHKの戦争特集に和田政宗が圧力
9りゅうちぇるがさんま・一茂・良純と「家事」論争
10『ゲゲゲの鬼太郎』の戦争描写をネトウヨが攻撃
11創価学会が靖国神社「みたままつり」に提灯奉納!
12安倍自民党が佐川宣寿の偽証罪告発潰し
13 安倍昭恵完全復活! 支持者会合に首相と登場
14『報道特集』が報じた日本軍の証拠隠滅の実態
15安倍「臨時国会に改憲案」の醜悪な裏
16安倍が杉田水脈問題に「なんで騒いでるの」
17安倍の態度には長崎の被爆者代表が激怒「毎年一緒」
18慰安婦めぐり国連で日本政府がデマ反論
19安倍首相が津川雅彦に特別扱い追悼会見
20北朝鮮の日本人拘束事件で政府が報道管制

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄