>  >  > 元少年Aを直撃した文春の妄想記事

元少年Aは本当に「凶暴」で「更生していない」のか? 「週刊文春」の直撃記事は妄想と煽りだらけだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shonena_150911_top.jpg
元少年A『絶歌』(太田出版)

 少年Aは今もヤバかった、あいつはやっぱり何をするかわからない、あんな凶暴な奴を野放しにしていていいのか。先週、「週刊文春」(文藝春秋)が神戸児童殺傷事件の「元少年A」直撃の一部始終を報道して以降、週刊誌やネットでこんなヒステリックな声が再び広がっている。

 たしかに、「文春」の記事を一読すると、元少年Aは今も危険人物であるとの印象を強く受ける。直撃した記者に対して、「命がけで来てんだろ?」というセリフで威嚇し、その後も1キロに渡って記者を追走、逃げる記者を「お前顔覚えたぞ」と鬼のような形相でにらみつける……。その姿は過去に少年犯罪を犯した人物というより、現役の凶暴犯のイメージだ。

 しかし、記事の中身を仔細に読み直してみると、このイメージは意図的につくられたもので、事実はまったくちがうことがわかってくる。ヤバいのはAではなく、むしろ記者の勝手な被害妄想をそのまま活字にし、Aの凶暴性と異常性をひたすら煽り続けた「文春」の記事のほうなのだ。

 まず、〈「神戸連続児童殺傷事件のことで」と伝えた瞬間、男の表情は一変。〉というリードからしてそうだ。これだけ読めば、読者は、「文春」が声をかけたとたん、Aがいきなり声を荒げ暴れたかのような印象をもつだろうが、しかし、実際のAはすぐに怒り出したわけではない。

 「文春」の記者は自宅アパートの駐輪場でAを待ち伏せし、買い物から帰って来たところを突然、声をかけているのだが、その際、Aは「違いますけど」「申し訳ないんですけど、ちょっと帰ってもらっていいですか」と、なんとか穏便に取材から逃げようとしていた。

 記者がさらに「我々の取材では、犯人、容疑者があなただと」と食い下がっても、「人違いされてるんで。申し訳ないけど、うん」と冷静に取材拒否を繰り返していた。

 ところが、その後も記者が「こちらにお住まいですよね」とさらに詰め寄るなど、2ぺージにわたる長いやり取りがあり、記者が手紙と名刺を手渡そうしたところで、Aが耐えられなくなって、切れてしまったのだ。

「文春」によれば、Aはそれまでのか細い声から一転し、「いらねえよ」「違うって言ってんだろ」とドスの利いた声で張り上げ、タイトルにもなった「命がけで来てんだろ」というセリフを繰り返し絶叫したという。

 そして、「文春」はこのセリフをもって、少年が今も凶暴性をもっていることを強調するのだが、ちょっと待ってほしい。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
2 森山農水相らの賄賂疑惑にテレビが沈黙
3 参院選前に女性誌も自民党の改憲に警告
4 広末涼子が育児放棄バッシングに大反論
5 『朝生』を自民公明議員がドタキャン
6 戦争に翻弄された悲劇のプロ野球選手たち
7 五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
8 大手メディア参院選情勢調査の結果は
9 山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
10 「全国高校生未来会議」仕掛人に新疑惑
11 痴漢行為Hey!Say!中島のドラマが
12 「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
13 乙武別居で障碍者への偏見報道が
14 安倍も政治資金の公私混同が次々判明
15 安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
16 田中ともえが安保法制で夫婦喧嘩
17 宇野常寛が舛添イジメ批判
18 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
19 百田尚樹は田母神を応援した責任をとれ
20 フジロックに政治を持ち込むなというバカ
PR
PR
1宇野常寛が舛添イジメ批判
2フジロックに政治を持ち込むなというバカ
3安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
4文春が東京五輪を!電通元専務に金
5参院選前に女性誌も自民党の改憲に警告
6稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
7報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
8山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
9安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
10安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
11「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
12NHKディレクターが語る原発報道圧力
13大手メディア参院選情勢調査の結果は
14党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
15舛添よりヒドい安倍の政治資金第二弾!
16安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
17百田尚樹は田母神を応援した責任をとれ
18五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
19安倍のPR動画パロディを自民党が削除
20日本会議の抱える“後ろめたさ”とは?
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」