窪塚洋介が安倍政権を批判!「日本政府なんてとっくに死んでる」「今の政府は国のための政府じゃない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 この『凶気の桜』は、00年に『池袋ウエストゲートパーク』(TBS)、01年に『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ』(TBS)と人気ドラマに連続して出演していた彼の人気や、映画版の方の作中で大々的に使われたキングギドラを始めとするジャパニーズヒップホップの効果もあり、ナショナリズムをファッショナブルなものとして広めてしまった作品でもある。

 しかし、その窪塚がいまは冒頭に紹介したような政府批判、反戦を叫んでいるのだ。これは逆に言うと、ナショナリスティックな思想をもつ人間ですら現在の国民無視の政治には問題意識をもたざるを得ない状況なのだということだろう。一昨年の12月にはツイッター上でこのようにも語っていた。

〈街で自民党いるとイラつくw もし自民党が勝って、五輪後に向けて戦争まっしぐらになって、魂丸ごと散々叩き売っといて、また「家族を守る」「この国を、故郷を守る、ブレない」とか言い出したら、殺意に変わる自信あるわ。笑〉(改行はこちらで改めた)

 現在の政権が押し進めようとしている「家族を守る」「故郷を守る」は、本当の意味での「守る」ではない。口当たりのいいことを言う彼らの裏にある真の思いはもう誰の目にも明らかだ。窪塚の発言の変化は、それを見抜いたがゆえのことなのは間違いない。
(新田 樹)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

窪塚洋介が安倍政権を批判!「日本政府なんてとっくに死んでる」「今の政府は国のための政府じゃない」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三年金カット法案新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 加戸とネトウヨがわめく報道特集デマ
2 松居一代報道にホリプロが圧力!
3 青山繁晴が閉会中審査でデマ質問!
4 横浜市長選で問われる第二の家計問題
5 安倍が秘書官と今治市の面会を隠ぺい
6 自衛隊日報隠ぺいに安倍と官邸も関与か
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 相模原事件から1年、事件の背景を問う
9 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
10 稲田がまた…安倍のともちんラブを検証
11 安倍は加計の新学部を自ら発案していた
12 青山繁晴が森友問題で晒した嘘と醜態!
13 安倍首相が閉会中審査でも大ウソ!
14 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
15 神社本庁の不動産取引と「皇室」疑惑
16 ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
17 ネトサポの親玉が愛人に告発された
18 ネトウヨの泉放送制作デマを検証する!
19 稲田のウソは日報隠蔽だけじゃない!
20 安倍首相の体調悪化は本当なのか?
PR
PR 飲むだけで白髪改善と髪のボリュームを取り戻せる!?
1自民党HIPHOPポスターに怒りの声
2安倍は加計の新学部を自ら発案していた
3横浜市長選で問われる第二の家計問題
4室井佑月と小林節が「まずは民進党を…」
5安倍首相が閉会中審査でも大ウソ!
6日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
7安倍が秘書官と今治市の面会を隠ぺい
8山本地方創生相の加計問題デタラメ発言
9自衛隊日報隠ぺいに安倍と官邸も関与か
10坂本龍一、内田樹、久米宏が改憲批判
11ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
12松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
13稲田のウソは日報隠蔽だけじゃない!
14青山繁晴が閉会中審査でデマ質問!
15『4時ですよーだ』Pが松本の変節批判
16安倍首相の体調悪化は本当なのか?
17松尾と鴻上が芸能人と政治的発言に意見
18有田芳生が蓮舫戸籍公開問題に緊急寄稿
19神社本庁の不動産取引と「皇室」疑惑
20ネトウヨの泉放送制作デマを検証する!
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」