中国で期限切れ鶏肉、ところでウチの冷蔵庫のあの食材は大丈夫か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shokuhinkigen_001_140725.jpg
宝島社公式ウェブサイト 宝島チャンネルより『おいしい食べ方 いけない食べ方』(TJMOOK)

「期限切レ食ベテモ死ナナイヨ〜」
 
 こんな台詞を口にする作業員と、青く変色した鶏肉。中国の食品工場が期限切れ鶏肉を供給していた問題が世間を揺るがしている。マクドナルドやファミリーマートがこんなずさんな工場の肉を使っていたというのは衝撃だが、しかし、家庭でも食品が食べられるリミットがわからなくて困ることはよくある。

 たとえば、肉や魚などの生ものは消費期限が明示されていないケースもあるし、冷蔵や冷凍など保存方法によっても変わってくる。加工食品についても賞味期限は開封前の期限であり、開封後はどれくらいまで大丈夫なのか、はよくわからない。いったいこれらの食品はいつまで食べられるのか。

 そんな疑問に答えてくれているのが『おいしい食べ方 いけない食べ方』(宝島社)だ。このムックでは、生鮮食品、加工食品から、飲料、調味料まで、222品目について、食べられる期限と正しい保存方法を解説している。

 まず、今回、問題になった肉。牛・豚は薄切り、厚切りともに「チルド室で3〜4日 冷凍で2〜3週間」が目安らしい。鶏肉はそれよりも少し早くて、「チルド室で1〜2日」しかもたない。しかも、鶏肉は水分が多いため、冷凍すると臭みが出る事もあるという。ひき肉にも要注意だ。加工されている分、日にちも経っているうえ、とても痛みやすいため、冷凍しない場合は、買ったその日に食べるのが原則だという。

 一方、魚は一尾魚や切り身魚、いずれも冷蔵で1~2日までが限界だ。冷凍すれば一尾魚は2週間、切り身魚は2~3週間もつのだが、切り身魚の場合は、もともと加工時に冷凍され、その後、解凍して売られていることが多い。一尾魚も、サンマなどは解凍して売られていることがあるので、それらを再冷凍すると衛生面で危険な状態になることもあるという。

 米も「精米年月日」は明示されているが、賞味・消費期限はわからない。だが、冷暗所・野菜室で精米日からたった2週間~1ヵ月しかもたないのだという。台所に常温で保存する人も多いと思うが、水回りなどは湿気があり、コンロなどの調理器具があるため、温度変化も激しい。温度や湿度が高いと虫も発生しやすくなるので、台所には米の劣化が進む原因が集中しているといえる。さらに、市販の袋のまま保存すると、より劣化は早まる。スーパーなどで売られている米袋には、小さな穴が開いており、湿気が入り込みやすくなっているのだという。

 では、加工食品の開封後のリミットはどれくらいだろう。賞味期限の長い缶詰でも、開けてしまうと劣化は早い。サバ缶、カニ缶は冷蔵で1日しかもたないし、定番のツナ缶や果物の缶詰も冷蔵で1~2日。ホールトマトが2日で、ソース缶やスープ缶が1~3日といったところ。もちろん、それも缶詰から出して違う容器に移し、密閉したうえでのこと。それに、実は開封前でも温度の高い場所に置くなど、保存状態が悪いと缶が膨らんでいたりして、中身が食べられない状態になっていることもある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

おいしい食べ方いけない食べ方 見た目やにおいだけではわからない開封後の食べられる期限&正しい保存法

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

中国で期限切れ鶏肉、ところでウチの冷蔵庫のあの食材は大丈夫かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。冷凍消費期限食品の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画