小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

ホリエモンを擁護し餃子店に責任転嫁 ロンブー田村淳がリテラの批判に「切り取り」と反論も…発言全体はもっと一方的だった

 ホリエモンを擁護し餃子店に責任転嫁 ロンブー田村淳がリテラの批判に「切り取り」と反論も…発言全体はもっと一方的だったの画像1
『グッとラック!』番組HPより


 ホリエモンこと堀江貴文氏がマスク着用をめぐってトラブルになった餃子店をSNSで攻撃、店が休業に追い込まれた問題。本サイトでも5日にこの問題を取り上げ堀江氏を批判したが、その記事に対して、意外な人物が反応してきた。ロンドンブーツ1号2号の田村淳が、5日の本サイトの記事をリツイートして、以下のようなツイートを連投したのだ。

〈literaさんテレビを見ただけで都合の良いところだけを抜粋して記事を書く…きちんと取材してるメディアだと思っていましたが残念です。是非、発言の切り取りだけでなくコストをかけて取材したものを読者に届けてあげてください。
テレビの感想文、憶測記事、切り取り記事は読み手に不利益。〉

〈リテラさん(@litera_web )
取材したいのであれば時間を作りますので連絡をください。取材を受ける条件として、こちらも取材の様子をYouTubeで撮影させてください。リテラで記事が出たあとの1週間後にこちらは動画配信致します。ご納得頂ければ吉本興業まで連絡して下さい。お待ちしております。〉

 5日の本サイトの該当記事は、堀江氏と餃子店のトラブルと餃子店に対するSNS攻撃の経緯を振り返った上で、このトラブルの本質はマスク着用というコロナ下における感染防止策をとる店に対する堀江氏の悪質なイチャモンであると批判したもの。

 また記事のなかでは、この堀江イチャモン問題を取り上げた『グッとラック!』(TBS)にも触れ、10月改編期でレギュラーになったロンブー田村淳の発言を紹介し、問題を矮小化、店側に責任転嫁していると指摘した。

 記事の該当箇所は以下のようなものだった。

〈新レギュラーとなったロンブーの田村淳にいたっては餃子店について「ホリエモン慣れしてない」「辛辣なコメントをバンバン発しますから。恫喝しているように思うかもしれないな」などとまるでホリエモンに不慣れな店側の被害妄想か過剰反応かのように、問題を矮小化した。〉

 これを淳は「都合のいいところを抜粋しただけ」「切り取り」などとし、「コストをかけて取材しろ」などといってきたのだ。

 いったい何を言っているのだろうか。一気に反論をまくし立てたいところだが、まず、冷静に、本サイトの記事が本当に淳の言うように「切り取り」なのかどうかを読者に判断できるよう、1日の『グッとラック!』における淳の堀江氏トラブルに関する当該発言の全体を紹介しよう。

関連記事

編集部おすすめ

話題の記事

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する