小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

RADWIMPS野田洋次郎の優生思想丸出し差別発言の背景! テレビやネットでも公然と“アスリートの遺伝子を残せ”的言説が流通

RADWIMPS野田洋次郎の優生思想丸出し差別発言の背景! テレビやネットでも公然とアスリートの遺伝子を残せ的言説が流通の画像1
野田洋次郎Twitter


 元厚労省医系技官ら2人の医師がALSの女性を殺害した事件をめぐり、高齢者や障害者は社会資源の無駄であり、早く死んだほうがいいというグロテスクな優生思想が想像以上に浸透していることに慄然としていたら、人気アーティストがこの事件とは関係ないところで、優生思想丸出しの発言をしていたことがわかり、大きな問題になっている。

 人気バンドRADWIMPSのボーカル・野田洋次郎が7月16日、ツイッターにこう投稿していたのだ。

〈前も話したかもだけど大谷翔平選手や藤井聡太棋士や芦田愛菜さんみたいなお化け遺伝子を持つ人たちの配偶者はもう国家プロジェクトとして国が専門家を集めて選定するべきなんじゃないかと思ってる。
お父さんはそう思ってる。
#個人の見解です〉

 野田洋次郎といえば、2018年に「HINOMARU」という軍国主義や特攻賛美とも受け取れるような歌詞の楽曲を発表し、「表現の自由」をめぐる議論に発展したが、今回の発言のグロテスクさは「表現の自由」ですませられるような発言ではない。

「優秀な遺伝子を国家が管理し残す」というこの考え方こそが、ユダヤ人や障害者を虐殺したナチスドイツのベースになった優生思想そのものだからだ。
しかも、個人の活躍をすべて遺伝子に還元し、個人の性的指向を無視して子どもを作ることを前提に配偶者を国家が決めるべきとするなど、発言はきわめて差別的で悪質だ。

 当然、このツイートは大きな問題になり、ツイッターでも「ナチスドイツか」「優生思想そのもの」という批判が殺到した。

〈それって優生思想だよね。ナチスドイツや日本でもあった優生保護法やヨーロッパでも選別の禁止をしているし、過去の様々な失敗で差別が生まれたからそれを解消してきたんだよね。過去の失敗から学ばない中々に危険な思想ですね。〉
〈あなたと同じ意見を持っていた人たちを知っています。ナチスドイツって言うんですけど。純粋なアーリア人のための繁殖のための施設まで作っていました。結果、幼児死亡率が高く、敗戦で破綻しました。〉
〈野田さん それが優生学のきっかけなんです その後、劣った遺伝子はこの社会に不必要、とされ ナチス台頭下のドイツでは自警団が街中に「障害者は貴方の財産を減らす敵」というような内容のポスターを貼り出しました。
お父さんの思想の行き着く先をじっくり想像してみてください〉
〈ある人たちがすぐれた業績をあげたとしても、それは遺伝的特質だけによるものでなく、生育環境や社会状況や周囲の人々の影響等にもよる。そして何より本人の努力も。それを無視し、彼らの人生を「遺伝子を運ぶ牛馬」のように国家管理できたら…というのは #優生思想。〉

 野田は続けて、〈めちゃめちゃ真面目に返信してくださる人いますが冗談で言っています、あしからず。〉とごまかしたものの、批判はまったくやまず「冗談で済ませられる発言ではない」と、炎上はさらに拡大している。

関連記事

編集部おすすめ

話題の記事

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する