小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

射精だけじゃない!◯◯と×××を刺激すれば男もイク!知られざる男性のオーガズム

otokonokarada_01_150403.jpg
『オトコのカラダはキモチいい』(KADOKAWA/メディアファクトリー)

 Googleで「オーガズム」とニュース検索をかけると、ヒットする90%以上の記事が、

「男性を虜にする『イク女性』の秘密」
「セックスで『他の男には絶対に渡したくない』と言わせるイク女性の特徴」
「エッチでオーラ美人になる秘密4つ」

 などなど、女性のそれである。

 不思議なことに、男性のオーガズムについて書かれたニュースはほんの数%。まあただ射精をするだけの話である、それだけ世間の関心がないということなのだろうか。……と、思うのは早計。男にも、射精以外のオーガズムがあるのだ。

 そんな説をBL、そしてアダルトビデオという相容れないと思われる2ジャンルから熱く掘り下げたのが『オトコのカラダはキモチいい』(KADOKAWA/メディアファクトリー)である。

 著者は、「美しい女性による痴女モノ」の第一人者であるアダルトビデオ監督の二村ヒトシ氏、やおい・BL・同人誌研究家であり社会学研究者の金田淳子氏、「アダルトグッズ評論家」の異名も持つ編集者・文筆家の岡田育氏の3人。AV監督の二村氏と、腐女子の金田氏&岡田氏が掲げる本書のテーマは、〈男のカラダだって、もっと褒められて、愛でられて、ありのままでキモチよくなっていいんだよ〉だそうだ。

 今まで「チンコこすって勃つ」程度だった男のカラダが、3人によるとたちまちいやらしく、神秘をまといだす。
 
 まず、「男の気持ちいいカラダ」の一部として持ち出されるのが「やおい穴」だ。いわゆるBLに登場するアナル、「穴」なのだが、金田氏によるとこの穴、〈「耽美」とか「やおい」とか呼ばれていた頃の〉70年代の漫画にはなかったのだという。その時代をズバリ、〈穴不在の時代〉と評する。

〈セックスシーンは、股間と股間をこすりつけているだけに見える描写ばかり〉〈何かが何かに入っている気がしない。チンチンすらも描かれていない〉

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する

関連記事

おすすめ記事

人気記事ランキング

総合
いいね!数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する