小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

発掘! 辻仁成が中山美穂との結婚、バーニングの圧力を小説に!

katana_140811.jpg
『刀』(新潮社)

 中山美穂と辻仁成の離婚劇が未だに尾を引いている。7月8日に正式に離婚が成立したが、この離婚前に中山と音楽家・渋谷慶一郎の密会が報じられ、また、離婚に際しては息子の親権を辻が持つことが明らかになると、これまで中山に同情的だった世論が一気に変わってしまったからだ。

「中山の所属事務所は“芸能界のドン”こと周防郁雄氏のバーニングプロダクション傘下であるビッグアップル。今回の離婚報道も中山に優位になるようバーニングがコントロールしてきたが、いまでは頭を抱えている。当初は辻の『中性化』をマスコミにリークするなど、辻を悪者に仕立てることに成功していたが、その後の中山の暴走をコントロールできなかった。不倫に加えてマスコミに対しての悪態などもあり、最近では中山のイメージ悪化で芸能界復帰も絶望的などと見る向きさえある」(芸能記者)

 これまで本サイトでもバーニングの情報操作を何度か取り上げてきた。そもそも離婚騒動発覚もバーニングサイドのリークであり、その後の辻バッシングもしかりだ。いや、今回だけでない。中山と辻が結婚する際、それを阻止しようとしたバーニングが辻バッシングをさかんに画策したことは関係者の間では知られた話だった。しかし、これはバーニングの威光にひれ伏すマスコミにとって、まるで伝説であるかのように密かに語られ続けてきたものだ。

 だが今回、その“バーニング伝説”を裏付ける物証を発見した。それは、当事者である辻自身が書いた小説『刀』(新潮社)である。これが書かれたのは、中山との結婚から2年後の2004年。今や絶版となり入手も困難となっている『刀』だが、そこには結婚前の中山と辻に対する驚くべきバーニングの妨害工作、介入が描かれていたのだ。

『刀』は、1959年生まれの主人公の“トオル”の幼少期、青年期、そして小説家として成功するまでを丹念に描いた“愛”と“葛藤”の物語だ。だが、作品の中で描かれる主人公のトオルは、辻そのもの。生まれた年や場所も作者の辻とピタリと符合し、他にも父親の仕事の関係で各地を点々としたこと、大学時代にミュージシャンとなり、その後小説家として芥川賞を受賞、有名人との交際や、2度の離婚と3度の結婚を繰り返すとするなど、そこに描かれているのはまさに辻自身だ。『刀』は辻の半生を描いた“私小説”なのだ。

 この私小説に中山美穂が登場するのは、前妻・南果歩(作中では千恵子)との離婚後。トオルの小説に映画化とその監督就任の話が持ち上がり、主役に岸ナナの名が挙がっていた。このナナこそ、中山がモデルと思われる女優である。この時点で2人はまだ出会っていないが、映画化に際して制作会社が慎重になるほど、ナナの所属事務所が“芸能界で最大勢力を誇っている”ことは知っていた。

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する

関連記事

編集部おすすめ

話題の記事

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する