小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

安倍晋三の総裁選支配の実行部隊は2人の元側近官僚!? 原発ムラと内調がバック、岸田に協力し河野にはスキャンダルで揺さぶり

安倍晋三の総裁選支配の実行部隊は2人の元側近官僚!? 原発ムラと内調がバック、岸田に協力し河野にはスキャンダルで揺さぶりの画像1
自民党HPより


 本サイトでも早くから予想していたように、自民党総裁選は、各候補が安倍晋三・前首相に気に入られようと尻尾をふる“媚び媚び合戦”の様相を呈している。

 すでに安倍氏が支持を表明している高市早苗氏はもちろん、岸田文雄・前政調会長も、2日夜にBS-TBSの番組で森友問題について「調査が十分かどうかは国民が判断する話。国民は足りないと言っているわけだから、さらなる説明をしないといけない」と発言したものの、その後、安倍前首相が高市支持を表明すると、大慌て。「再調査するとは言っていない」などと前言を撤回してしまった。

 さらに、河野太郎・行政改革担当相も安倍前首相と会談した後、自らの長年の主張だった「脱原発」と「女系天皇容認」を完全撤回、原発については、再稼働の容認姿勢まで示している。

 また、河野氏も岸田氏もここにきて、ブルーリボンバッジを頻繁に着け始めたことも話題になっている。

 周知のように、ブルーリボン運動は、北朝鮮拉致問題の運動団体が始めたもので、安倍前首相をはじめとする極右・保守系政治家が好んでつけられることで知られる。河野氏、岸田氏はこれまであまりつけることはなかったが、昨日10日、河野氏の記者会見では、左胸にバッジがつけられていた。

 また、岸田氏も8月26日の出馬表明会見ではつけていなかったのに、9月9日、『バイキングMORE』(フジテレビ)に出演したときは、やはり左胸にブルーリボンバッジをつけていた。

 これは明らかに、拉致問題解決を錦の御旗に掲げてきたる(実際は何もやっていないが)安倍前首相に、忠誠を誓う意思の表れといっていいだろう。

 病気を理由に政権を投げ出し、コロナ対策の混乱をつくり出した最大の戦犯であるにもかかわらず、いつのまにか、総裁選びの鍵を握り、すべての候補が自分に尻尾をふってくる状況に──。安倍氏のほくそ笑む顔がちらついて気分が悪くなるが、“稀代の無責任元総理”のこのキングメーカー戦略には、手足となって謀略に動いている実行部隊がいる。

 それは、安倍政権時代、安倍氏の側近中の側近だった今井尚哉・元首相補佐官だ。

 今井氏は安倍政権時代、“影の総理”といわれるほどの存在だったが、菅首相になってからは外され、政界から遠ざかっていた。ところが、岸田氏が総裁選に名乗りをあげる少し前から、その今井氏が岸田事務所に出入りするところが頻繁に目撃されているのだ。

関連記事

編集部おすすめ

話題の記事

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する