小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

「匂わせ写真」「杏にいいね」…東出昌大と唐田えりかバッシングの言いがかりぶりを検証! 不道徳なのは弱小事務所いじめだ

東出も唐田も事務所が大手じゃないから叩かれているだけ!

「週刊文春」のスクープが、杏のかなり近いところからの情報によることは、マスコミ関係者が読めば誰でもわかる(くわえて東出と唐田の事務所も早々に認め謝罪した)。だから、テレビなど他メディアも安心して「文春」に丸乗りし、やりたい放題にバッシングを展開しているのだ。一方で交際のディテールが何もないため、ネットのこじつけみたいな話を引っ張り出してきて無理やり叩いている。それがいまのスカスカの東出・唐田バッシングの内実だ。

 不倫バッシングを諌める声に対し、不倫そのものだけでなく「会見で嘘をついたのが悪い」とか「最初の対応が悪かった」とかエクスキューズをするコメンテーターもいるが、認めようが認めまいが、証拠があろうとなかろうと、不倫を叩きたいだけというのがよくわかる。しかも、このバッシングに拍車をかけているのは、事務所の力関係だ。

 実は芸能界には、これまで不倫密会現場を撮られながら、バッシングどころか、ワイドショーやスポーツ紙ではまったく報じられなかった芸能人カップルが何人もいる。岡田准一と宮崎あおい、中山美穂と渋谷慶一郎、小泉今日子と豊原功補……。小泉にいたっては、バーニングプロダクションを辞めたとたん不倫バッシングされ始めるという露骨さだった。

 対して、ベッキーの所属するサンミュージックがそうだったように、東出の所属するユマニテも、唐田の所属するフラームも、決して無名プロダクションではないが、バーニングやナベプロといった大手芸能プロダクションでなく、マスコミ操作に長けていない。テレビでは通常なら躊躇するような根も葉もない噂話の類まで、あることないこと叩き放題になる。

 本サイトは、もとよりたかだか不倫を重大犯罪のように糾弾する道徳ファシズム的風潮に批判的な立場だ。しかしそれ以上に問題なのは、大手芸能プロダクションに所属していればテレビで触れられもしないのに、弱小プロダクションの芸能人の不倫だけ、人でも殺したかのように叩きまくるという、芸能ジャーナリズムの不公平な弱者叩きだ。

 不倫糾弾という道徳ファシズムが激しくなる一方、その裏では、事務所のパワーバランスによって報じられたり報じられなかったりというジャーナリズム以前の不公正がまかり通っている。不倫なんかよりこのグロテスクな不公正、弱いものいじめのほうこそ糾弾されるべきだろう。

最終更新:2020.01.29 02:04

関連記事

編集部おすすめ

話題の記事

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する