小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

『バイキング』で坂上忍ら出演者が杉田水脈と小川榮太郎を徹底批判! 安倍首相の責任も追及

『バイキング』で坂上忍ら出演者が杉田水脈と小川榮太郎を徹底批判! 安倍首相の責任も追及の画像1
番組公式HPより

 自民党・杉田水脈衆院議員の“LGBTには生産性がない”という差別的主張について、「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と徹底擁護した特集を組んだ「新潮45」(新潮社)の休刊問題。イギリスのガーディアン紙までもが「安倍の盟友による“同性愛者嫌悪”の記事で雑誌が廃刊」と題して取り上げたが、その一方で、テレビのワイドショーはこの問題をスルー。話題にしたのは『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)くらいだ。

 だが、そんななか、9月28日放送の『バイキング』が、遅ればせながら「新潮45」休刊問題を取り上げた。

 まず、司会の坂上忍は、「新潮45」が杉田議員の擁護特集を組んだことについて、「びっくりというより、ちょっと呆れちゃって。よくこの特集企画の企画が通ったなと思いましたね」と言い、番組は問題となった自称文芸評論家・小川榮太郎氏の“同性愛は性的嗜好”“LGBTを認めろというのなら痴漢の触る権利も社会は保障すべき”という主張を紹介した。

 ゲストコメンテーターのアンミカは、「涙が出てくるんですよ、見ていると。腹が立ってね」と言うと、声を震わせ、涙を流しながら、自らの体験を交えてこう語りはじめた。

「不勉強なのに勢いだけあるっていう、ほんとうに支離滅裂で、たちが悪い。人をすごく言葉のナイフで切り裂くというか」
「女性が活躍推進と言われているときに、こんなに人を生産性なんて言う、公の人が言葉でね。私も正直、高齢出産ができなかったタイプですけれども、生産性だけで人のことをこういうふうにぶった切って、しかもLGBTという個性で悩んでいる人たちに対して、痴漢という犯罪者と同じ土俵で扱うっていうのってどうなの? って」

 さらに、曜日レギュラーの橋本マナミも、「“同性愛は性的嗜好”と言っていること自体が間違えてますし、そこを理解していないことがおかしい」と批判した。

 小川氏の主張は酷い上に、多くの人を傷つけた──。こうした反応は当然のものだが、橋本はさらに「この方(小川)、優秀な方なんですよね?」と質問。そこで坂上は、こう切り出したのだ。

「この方って、安倍さんに近い人なんですか?」

 すると、曜日レギュラーの東国原英夫は、こう説明した。

「そうですね、安倍シンパですね。それでリベラル紙とかを相当叩いてこられた方、そういう論陣を張られていますね」

 これまで、テレビはもちろん、新聞の報道でも、「新潮45」の小川論文問題を取り上げても、なぜか小川氏と安倍首相の関係は指摘されず、『モーニングショー』などでジャーナリストの青木理氏が言及したくらいだった。

 だが、本サイトでは繰り返し述べてきたように、小川氏は、自民党下野時代に安倍首相の復活を目論む「安倍晋三再生プロジェクト」「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」の事務局的役割を担った人物で、2012年9月、安倍晋三と石破茂が争った同年の自民党総裁選の直前に出版された『約束の日 安倍晋三試論』(幻冬舎)なる安倍礼賛本でデビュー。その後も安倍礼賛本を発表する一方、昨年10月には『徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』(飛鳥新社)を出版。“モリカケは朝日新聞が創作した誤報だ!”という噴飯ものの陰謀論を展開した。

 しかも、『約束の日』や『徹底検証「森友・加計事件」』は、安倍氏の資金管理団体である「晋和会」や自民党が大量購入しており、選挙戦に利用されてきた。

関連記事

編集部おすすめ

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する