小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

キンコメ高橋が法廷で自らの悲しい過去を告白! 制服泥棒のきっかけは母親の自殺、イジメで女性恐怖症に

kingofcomedy_151228.jpg
プロダクション人力舎公式サイトより


 昨年12月26日、お笑いファンを驚かせた、キングオブコメディ・高橋健一の窃盗および建造物侵入容疑での逮捕。これによって、20年ほど前から高校に忍び込んで制服を盗むといった行為を繰り返していたことが明るみになり、家宅捜索を行った際の押収品は600点を超えたとも報道された。

 この件に関しては、今年9月9日に懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決が言い渡されているのだが、その公判の過程で彼をそこまで女子高生の制服に執着させた裏に隠された驚きの事実が明かされた。2010年の『キングオブコント』(TBS)で優勝するなど、お笑いファンのみならず同業の芸人からも一目置かれる実力派芸人がいったいなぜそのような行為に走ったのだろうか?

「新潮45」(新潮社)16年11月号に掲載された、文筆家・写真家のインベカヲリ★氏による裁判傍聴記には、彼の人生をめぐる驚きの事実が記されている。

 彼が制服泥棒を始めたきっかけは、母の自殺だったという。彼の母は脊髄の神経が侵される病に苦しみ、日頃から「死にたい」と漏らしていた。そして、高橋が23歳のときに一度自殺未遂を起こす。その際は助かったものの、結局、彼が26歳のときに再び自殺を図り亡くなってしまった。その事件が彼に与えた影響は計り知れない。とてつもない無念の思いが彼の心には残った。公判ではそのことについてこのように語っていたと同記事は綴っている。

「もちろん亡くなって、その場からいなくなってしまった喪失感がありましたけど、それ以上に、一緒に暮らしていてそういうこと(死ぬこと)をしてまでいなくなろうとしていたことを、その決意を伝えて貰えなかった驚きだったり、未遂した後、支えるつもりだったのに、結局何の支えにもならず同じことを繰り返させてしまった後悔がありました」

 母がそのような非業の死を遂げた一方、彼は父に対しても複雑な思いを抱き続けてきた。両親は二人で運送業の会社を経営していたのだが、母が病を押して事務仕事をしているなか、父はギャンブルに溺れ、しかも女遊びも激しかった。母の遺書には「父と同じ墓に入れて欲しくない」とまで書き記されていたという。

 また、会社の経営が傾き始めてからは高橋のもとに頻繁に金の無心の連絡が来たという。結局、13年には彼が2600万円もの借金を肩代わりしている。しかしそれでも血のつながった父親を憎むことはできなかった。公判での「お父さんに対しての気持ちは憎しみ一辺倒ですか?」という質問に彼はこう答えたと前掲「新潮45」には綴られている。

関連記事

編集部おすすめ

話題の記事

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する