小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

AV男優のドーピング、素人女性は仕込み…鈴木おさむがAV業界の裏側に肉迫

AVdanyu_150226.jpg
『AV男優の流儀』(鈴木おさむ/扶桑社)

 男であれば、誰もが一度くらいこんなことを夢想したことがあるだろう。「AV男優になりたい。綺麗な女性とセックスをしてお金がもらえるなんて最高じゃないか!」と。

 しかし、実際のAV男優は、気持ちいいだけのラクな仕事などではない。ユーザーの期待に応えられる作品を産み出すには、ハードなセックスをこなせるだけの体力作りも必要だし、女性を気持ちよくさせるためのテクニックも必要だ。

 さらにいえば、AV男優には通常のプレイだけでなく、かなりの変態プレイが求められることも多い。どんな変態プレイであろうとも、仕事としてしっかり実行できるだけのプロ意識も必要なのだ。つまり、AV男優とは、ただヤリたいだけでできる職業ではないのだ。

 そんなAV男優の“プロフェッショナル”な素顔に迫っているのが、『AV男優の流儀』(鈴木おさむ/扶桑社)だ。森三中・大島の夫で放送作家の鈴木おさむが、森林原人、しみけん、島袋浩、カンパニー松尾、安達かおる、という5人の人気AV男優/監督との対談を通して、知られざるその裏側を明らかにしている。

 たとえば、森林原人の場合。年間500本の作品に出演するトップクラスの人気俳優である森林は、その人気の秘密が「使い勝手のいいチンポ」にあると自己分析している。具体的には「大きさ、柔らかさ、勃ち、発射です。デカチン需要って結構あるんですよ」と、自身のペニスがこれ以上ないほどに“AV向き”だということが、AV男優としての基盤となっているというのだ。

 さらに、森林はデカチンなうえに、仮性包茎で先っぽが柔らかく、「膣に優しい」のだという。女優のほうが、痛くなったら撮影が終わってしまうという状況のなか、森林のペニスは、まさにAVのためにあるようなペニス。この点は努力ではどうにもならないものだが、天から授かったペニスを最大限に活かしているのが森林原人というAV男優なのである。

 肉体的特徴を活かす森林のような男優がいる一方で、自らをブランディングしているのが、イケメン男優として人気のしみけんだ。

 しみけんは「女性の美と汚のギャップに興奮するタイプ」だと自身の性癖を分析しており、それこそ女性のウンコを食べてしまう強者だ。実際デビュー当時からスカトロものの作品にも出演していたが、10年ほど前から卒業している。その理由について、しみけんはこう話している。

「今、しみけんといえば単体のトップ女優としか絡まないとなっていますが、その位置を狙って自分をブランディングしていった結果なんです」

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する

関連記事

編集部おすすめ

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する