小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

眞子内親王をPTSDにした“小室圭さんバッシング”の差別的本質! 竹田恒泰は“小室嫌悪”を扇動し女系天皇ツブシに悪用

眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの差別的本質! 竹田恒泰は小室嫌悪を扇動し女系天皇ツブシに悪用の画像1
宮内庁HPより


 10月1日、眞子内親王と小室圭氏が10月26日結婚することを、宮内庁が正式発表。合わせて、眞子内親王が誹謗中傷により「複雑性PTSD」と診断されていることも公表された。

 無理もない。普通に考えてシンプルに結婚が何年も延期されるという事態だけでも精神的負担は大きく、その上この間4年以上にわたって、眞子内親王と小室氏は苛烈なバッシングに晒されてきたのだ。この状況で心身に異常をきたさない人は、なかなかいないだろう。

 ところがネットでは、バッシングが収まる気配がまったくない。このPTSD公表のニュースに対してすら、「自業自得」「だったら結婚やめれば」「病気を盾にして卑怯」などと誹謗中傷コメントが大量につけられている。ネットだけではない。小室叩きの急先鋒『バイキングMORE』(フジテレビ)も、いまだに「そもそもの原因は金銭トラブル」「結婚発表までに解決すべき」「母親はなぜ元婚約者に会わないのか」「眞子様のためを思って言っていた」などと主張し続けていた(10月4日放送)。

 テレビなど多くのマスコミはPTSD公表を受け一転、神妙な様子で報じているが、つい数日前まで“小室さんバッシング”に興じていた。

 記憶に新しいのが、小室氏の3年ぶりの帰国をめぐるメディアスクラムだ。小室氏の乗った飛行機到着を各局が生中継し、帰国を速報で報じるテレビ局もあるなどヒートアップ。前出の『バイキングMORE』などは小室氏に護衛が付いていることをVIP待遇などと揶揄していたが、実際は、メディアの小室氏バッシングへの熱狂が物理的なトラブルが起きてもおかしくない状況を作り出したといえる。

 なかでも象徴的だったのが“ロン毛バッシング”だ。フジテレビの記者が、ニューヨークでPCR検査を終え病院を出てきた小室氏を直撃。直撃の際、小室氏の髪型が“ロン毛”だったことをあげつらい、記者の質問を“ガン無視”したとして、また小室氏批判をわめき立てた。すると、他メディアも次々に小室氏を直撃するようになり、テレビ朝日など職場晒しをするメディアまで出る状況になった。

 しかし、小室氏はフジテレビ記者を完全に無視したわけではなく、病院を出てきて声をかけられたところで、会釈をしている。にもかかわらず、フジテレビは直撃取材に答えない場面ばかりを繰り返し流し、“完全無視”イメージを拡散したのだ。

 髪型バッシングにいたっては、呆れるしかない。ブラック校則じゃあるまいし、どんな髪型をしようが、その人の自由だろう。現に、ニューヨークでは現在の髪型で法律事務所への就職も決まっており、つい先日もその髪型で就職先の関係者と会食、なんの支障をきたしているわけでもない。

 ところが、小室叩き急先鋒の『バイキング』をはじめとするワイドショーがこぞって小室氏の髪型を揶揄。さらには、調査報道で評価の高い東京新聞の「こちら特報部」(9月30日付)までもが「小室さんの新髪型どう?」などと特集する始末。「NYでは流行」「成長アピールか」などという専門家の見方を紹介したり、「清潔感ない」「信用できない」「結婚を認めてもらおうという覚悟がない」などという一般市民の批判コメントを紹介し、小室バッシングを扇動していた。

関連記事

編集部おすすめ

話題の記事

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する