小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

28枚文書は真っ当なのに…小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性

28枚文書は真っ当なのに…小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性の画像1
ご婚約内定の記者会見(宮内庁HPより)


 眞子内親王の婚約者・小室圭氏に対するバッシングが一向に止まらない。

 母親の金銭トラブルをめぐり3年以上にわたって激しいバッシングに晒されてきた小室氏だが、今月8日、沈黙を破って28枚の説明文書を発表した。文書は、母親が元婚約者から交際期間中に受け取っていた金銭数百万円について、小室氏側が「借金」と認識していない根拠、元婚約者と解決に向けた話し合いが頓挫した経緯などを丁寧に説明するもので、その主張には客観的に見て、説得力もあった。

 ところが、この文書に対してネットやワイドショーが一斉に、さらなる非難の声を上げたのだ。

 しかも、その非難の理由というのが、まったく正当性のない、いちゃもんとしか思えないものばかり。

 たとえば、この間、ワイドショーのコメンテーターたちがこぞって叫んでいた「一方的」という批判がまさにそうだ。母親の元婚約者と合意していないのに、小室氏が一方的に自分の言い分を主張するのがおかしいとわめいているのだが、マスコミはつい最近まで、小室さんはきちんと説明すべき、と迫っていたのではなかったか。それが、説明した途端に、「一方的な主張をするな」とはどういうことなのか。元婚約者の告発にだけ乗ってそれこそ「一方的に」小室氏を糾弾してきたマスコミがどの口で、という話だろう。

 さらに呆れたのが、「28枚」という文書の量をあげつらい、「長すぎる」「読む気がしない」などと攻撃するコメントまであふれていたことだ。

『バイキングMORE』(フジテレビ)では、アンミカが「労力はすごいですけど、長くなればなるほど、心が離れる」などと、上から目線で批評。横粂勝仁弁護士も「弁護士業界では長い文書を書く人は能力がないとされている。下手ですね」などと、それこそ弁護士とは思えない中傷コメントを口に。

 神田愛花にいたっては、『ワイドナショー』(フジテレビ)で「私たち、そんなに小室圭さんに時間割けないじゃないですか」「全部読もうっていう気が起きなくて」と言い出す始末だった。

 小室氏はメディア関係者でもないのに、なぜ、読ませるための工夫までしなければならないのか。しかも、勝手に時間を割いて騒いでいたのはマスコミなのに、「小室さんに時間が割けない」って、お前は何様なのかと言いたくなる。

関連記事

編集部おすすめ

話題の記事

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する