小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

衆院選で調子に乗る安倍晋三! 弟を使って杉田水脈の名簿順位上げ、森友・桜問題で暗躍した元秘書の公認ゴリ押し、YouTubeも開設

衆院選で調子に乗る安倍晋三! 弟を使って杉田水脈の名簿順位上げ、森友・桜問題で暗躍した元秘書の公認ゴリ押し、YouTubeも開設 の画像1
公式Twitterより


 ついに本日19日に公示された衆院選。岸田文雄首相はこの選挙を「未来選択選挙」などと呼んでいるが、これはとんだまやかし。今回の選挙は「事実上の安倍政権を選択するか否か」「安倍政治を今後も是認するか否か」を問うものだ。

 その安倍晋三・元首相はきょうYouTubeに「あべ晋三チャンネル」を開設するなど、完全に調子に乗っているが、こうした動きは裏ではもっと露骨だ。この衆院選で、自身の子飼いである「問題候補」をゴリ押ししているのである。

 そのひとりが、これまで数々の差別発言・歴史修正発言を繰り返してきた杉田水脈氏だ。安倍元首相はなんと弟を使って、あんな差別議員を衆院選で優遇するよう圧力をかけていたらしい。

 杉田氏は前回2017年の衆院選で比例代表中国ブロックから立候補し、自民党の比例名簿登載順位は、小選挙区との重複立候補者を除いて1位という厚遇を受けて当選を果たした。

 だが、ご存知のとおり杉田氏は「新潮45」(新潮社/2018年8月号、その後休刊)での性的マイノリティについて「生産性がない」などとする差別論文問題を引き起こしただけでなく、昨年9月にも自民党の内閣第一部会などの合同会議で性暴力被害の相談事業について語るなかで「女性はいくらでも嘘をつけますから」と発言。さらに、昨年1月には衆院本会議の代表質問で国民民主党の玉木雄一郎代表が夫婦別姓を選べず悩んでいる人のケースを紹介し選択的夫婦別姓について尋ねようとした際、「だったら結婚しなくていい」というヤジが飛ばされたが、このヤジの主も杉田氏だったとみられている。

 どこからどう見ても議員失格の差別発言を何度も繰り返してきた杉田氏。「生産性がない」発言の際には、杉田氏に対する批判のみならず、比例単独1位で議員にした安倍自民党に対する批判および責任を問う声も起こったが、なんと岸田自民党は今回の衆院選でも杉田氏を候補者として公認したのだ。

 公認したこと自体、岸田首相が杉田氏の発言を黙認している証拠であり、到底看過できないが、自民党内ではさらに信じられないことが起こっていた。

 前述したように、安倍元首相の実弟である岸信夫防衛相が、自民党本部の遠藤利明・選挙対策委員長に対して「今回の衆院選で杉田氏の比例名簿の順位を上げろ」と圧力をかけていた、というのだ。

関連記事

編集部おすすめ

話題の記事

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する