小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

河野太郎が「ワクチン接種5月」をデタラメ呼ばわりした裏 ワクチン供給の遅れをごまかしマスコミに責任転嫁する卑劣

河野太郎が「ワクチン接種5月」をデタラメ呼ばわりした裏 ワクチン供給の遅れをごまかしマスコミに責任転嫁する卑劣の画像1
河野太郎Twitterより


 菅義偉首相から「発信力」を買われてワクチン相に抜擢された河野太郎・規制改革担当相が、さっそくお得意のマスコミ攻撃を繰り広げている。

 まず、19日夜に共同通信が「一般へのワクチン接種5月想定と政府関係者」と題した記事を配信すると、河野大臣はそれをリツイートして〈いや、ワクチン担当になって昨日の今日で、まだ想定していない〉と反論。さらに、20日7時台にはこのようにツイートした。

〈うあー、NHK、勝手にワクチン接種のスケジュールを作らないでくれ。デタラメだぞ。〉

 これは同日放送のNHK『おはよう日本』のなかで、“ワクチンが承認されれば2月下旬を目処に医療従事者ら1万人に先行して接種するのを皮切りに、3月下旬から高齢者、4月以降に基礎疾患がある人、一般の人への接種は早ければ5月ごろから開始するという案もある”と伝えたことに反応したものと見られるが、河野大臣はこのNHKの報道に対し「デタラメ」と言い切ったのだ。

「勝手にスケジュールをつくっている」「デタラメ」……。このように河野大臣は、ワクチン相に就任して早々、さっそくトランプ前大統領ばりに「フェイクニュースだ!」と吠えまくっているわけだが、さらに河野大臣は同日11時台にも、こう投稿した。

〈新聞各紙が「政府関係者」なる者を引用しているけれど、全く根拠のないあてずっぽうになっている。信用しない方がいいよ。〉

 たしかに、共同通信のみならず、この日の朝刊では読売新聞と産経新聞も「5月から一般の人にも接種開始」と伝え、読売は〈複数の政府関係者が19日、明らかにした〉と報じていた。これを河野大臣は「全く根拠のないあてずっぽう」だと言うのである。

 言っておくが、ここまで大手メディアが一斉に報じた内容が「全く根拠のないあてずっぽう」などということはまずあり得ない話で、それを「あてずっぽう」などと攻撃することのほうが「フェイク」だ。

 ワクチン接種の時期については、厚労省はすでに昨年12月に「2月下旬から医療従事者、3〜4月に高齢者、それ以降に持病がある人、そのほかの希望者に接種」という見通しを示し、態勢確保の目標を立てていた。今回報じられている「5月から一般の人にも接種開始」というのは、この厚労省の方針の延長線上にあるもので、情報の出どころが厚労省や官邸であることは間違いない。

 しかも、これは厚労省や官邸だけではなく自民党からも出ている情報だ。現に、時事通信は20日夜に同様の報道をおこない、〈複数の政府・自民党関係者が20日、明らかにした〉と記述。さらに、時事通信は同夜に「ワクチン報道「デタラメ」 河野担当相、5月接種認めず」という記事を配信したが、そのなかで〈政府は5月下旬にも接種を開始する方向で調整に入っており、こうした方針を自民党に伝えている〉と密かに反論もおこなっている。

関連記事

編集部おすすめ

話題の記事

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する