小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

特別企画◎安倍〜菅政権御用ジャーナリスト大賞(後編)

アベノマスクも学術会議介入もGoToも擁護、もはや権力の「中の人」に…御用ジャーナリスト5位〜2位、そして大賞を発表

3位●田崎史郎
安倍政権から菅政権になっても、コロナでも、田崎スシローぶりは健在!会食を隠さない開き直りにあ然

 いまや御用ジャーナリストの代名詞ともなった「田崎スシロー」こと田崎史郎氏。この御用ジャーナリスト大賞も上位常連だが、2020年もその御用ぶりはいささかも衰えることはなかった。

「桜を見る会」招待者名簿をめぐる違法管理問題では「民主党がー」、河井克行・案里夫妻の公選法違反問題では案里議員の出馬の背景に安倍首相の思惑を指摘されると「案里さん自身がー」、コロナの感染拡大が進む一方PCR検査不足を指摘されると「町医者がー」「厚労省の医系技官がー」と、あらゆる安倍政権の不祥事・失政を、デマまで交えながら責任転嫁しまくった。

 4月に緊急事態宣言を出したにもかかわらず休業要請を2週間見送り、安倍政権が批判を浴びた際も、田崎氏は『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日、4月9日放送)で、西村康稔担当大臣に直接、電話をして確認をした話として、「(西村大臣は)専門家の意見として2週間やめたら効果が出る可能性がありますと伝えたということ」と代弁。しかも「西浦さんがおっしゃっていますよね」と、西浦博・北海道大学教授(当時、現・京都大学教授)の名前まで出した。

 ところが、これはまったくのデマで、数時間後、当の西浦教授からツイッターで名指しで否定されてしまった。

すぐにバレるデマまで駆使して安倍政権を擁護するとは「御用ジャーナリスト」の面目躍如だが、2020年はその安倍首相が辞任。安倍擁護でメシを食ってきた田崎氏はいったいどうなるのかと気になっていたのだが、さすがスシロー。安倍首相が辞任するや否や、菅首相誕生に向けて、立ち回り始める。

 当初は「菅さんは出ない」「出ると言ったら自分が止める」などと菅氏の総裁選出馬を潰されないようギリギリまで隠したあげく、菅氏が出馬を表明した途端、菅礼賛コメントを展開。返す刀で対立候補の石破茂氏や岸田文雄氏らを攻撃しまくった。

 菅政権が誕生してからももちろん、スシロー氏の菅御用ぶりは全開だ。日本学術会議の任命拒否問題では、「会員を推薦する過程が不透明」「こんなことで萎縮するような学者はだめ」「なんで学術会議のメンバーにならないと言えないのか」などと言って学術会議を攻撃するなど、菅政権を擁護しまくった。

 しかし、2020年を振り返り、あらためて指摘しておきたいのは、“田崎スシロー”というあだ名の由来ともなった、会食ぶりだろう。

 田崎氏といえば、総裁選のときに石破茂氏に対して「飲み食いの数が少ない」と批判していたように、会食=取材、会食=政治と思っているフシがあるのだが、コロナ感染が拡大してもその姿勢は変わらなかった。東京で第2波の感染拡大していた7月中旬には、東京医師会の尾崎治夫会長が会食を控えるよう呼びかけていたのに、「6、7人で会食始めた」と平気で話していたし、菅内閣が誕生すると、さっそく、菅首相御用達の「ORIGAMI」で会食。

 さらに極め付けは、12月16日夜に行われた会食だろう。感染拡大を受け会食自粛が呼びかけられるなか、菅首相が二階俊博・自民幹事長や王貞治氏、みのもんた氏ら大人数でステーキ会食をし大顰蹙を買ったのが14日夜のこと。批判を受け、16日夕方には「国民の誤解を招くという意味においては、真摯に反省している」などと釈明したのだが、なんとその日の夜にも2件会食、そのひとつが田崎氏らメディア関係者とのフランス料理会食だったのだ。平時であっても、ジャーナリストが為政者と会食するなどまともな民主主義国家ではあり得ないことだが、この状況下でもまだノコノコと出かけていくとは……。

 さらに、あ然としたのは、店から出てきた際、取材陣に対してこんなコメントをしたことだ。

「話の内容は全部オフレコ。君らと同じだよ。取材した話、ベラベラしないでしょ」 

「取材した話、ペラペラしないでしょ」って、田崎氏はジャーナリストとして、それこそ何の目的で菅首相と会食したのか。

 いろんな意味で、田崎氏は「永田町の論理」を体現しているということらしい。

関連記事

編集部おすすめ

話題の記事

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する