小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

小倉優香の「辞めさせて」発言の本当の理由は番組のセクハラ体質か? お下劣罰ゲームを2週拒否し、リスナーからも攻撃されていた

小倉優香の「辞めさせて」発言の本当の理由は番組のセクハラ体質か? お下劣罰ゲームを2週拒否し、リスナーからも攻撃されていた の画像1
『アッパレやってまーす!』公式HPより


 グラビアアイドルで女優の小倉優香が生放送の番組内で降板宣言したことについて、非難が集中している。

 小倉は7月29日夜に放送のラジオ『アッパレやってまーす!水曜日』(MBSラジオ)の終了間際、「ちょっと時間あるかな? あと1分? 手短に話します」と切り出し、「朝早く起きて夜早く寝るという生活をしていて、ラジオがつらくなったので辞めたいと事務所に言ったんですけど、3、4カ月話してくれないのでここで言います。辞めさせてください」と、番組降板を申し出たのだが、ネット、テレビ、スポーツ紙が一斉にこれを取り上げ、「無責任」「何様なのか」と小倉批判を大合唱。きのう8月2日の『ワイドナショー』(フジテレビ)では、東野幸治が「ありえへん」「みんな朝早くから夜遅くまで仕事してる」と小倉を集中攻撃し、指原莉乃に「指原さんだったら、こういうことします?」とふると、指原は「彼女もきっと、もう芸能界の仕事をいらないっていう覚悟で言ってると思いませんか? じゃないとこんなこと言えないと思います」と引退勧告まがいの発言まで口にしていた。

 しかし、番組で宣言するのは珍しいとはいえ、タレントが事務所や局の意に反して番組をやめると言いだすのはよくある話。最近も上沼恵美子が『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ)で、キングコング梶原雄太に対して番組収録中にパワハラ的罵倒を繰り広げたあげく、それを批判されると、逆ギレして番組を終了させたと報じられたばかりだ。しかし、上沼に対してはどのワイドショーもスポーツ紙も「無責任」「身勝手」などといった批判は一言も言っていない。

 ほかにも、売れっこになった途端、マイナーな番組やラジオを放り出したタレントはけっこういたが、やはりほとんど批判などされていない。

 一方、小倉は事務所が聞き入れてくれなかったため、自ら番組中、辞めたいと口にしただけで、いまのところ何の迷惑もかけていないのに、メディアから集中砲火を浴びせられているのだ。

 これはようするに、小倉が若い女性で、グラビアアイドル出身だからだろう。「駆け出しの若い女が生意気言うな」「グラビアアイドルはにっこり笑うだけで主張するな」という芸能界特有のセクハラ・パワハラ体質がもろに出たものでしかない。

 また、メディアは小倉が番組降板の理由を「朝早く起きて夜早く寝るという生活をしていて、ラジオがつらくなった」と説明したことを「何様だ」と非難しているが、実は小倉が突然、辞めたいと言い出したのは別の理由があったとの見方もある。

 それは、『アッパレやってまーす!水曜日』のセクハラとそれに耐えろと要求するリスナーの圧力だ。

関連記事

編集部おすすめ

話題の記事

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する