小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

N国・立花孝志のジェノサイド扇動発言を放置するな! 麻生太郎、杉田水脈らも同根 差別をエスカレートさせてきた安倍政権

N国・立花孝志のジェノサイド扇動発言を放置するな! 麻生太郎、杉田水脈らも同根 差別をエスカレートさせてきた安倍政権の画像1
YouTubeでジェノサイドを扇動する立花氏


 即刻、議員辞職してもらいたい。NHKから国民を守る党の党首・立花孝志参院議員が、YouTubeでジェノサイドを扇動する発言をした件だ。

 立花氏は今月19日にアップされた動画で、自民党から衆院選に立候補したこともある元吹田市議・神谷宗幣氏と対談。増加する世界人口について「食べ物は決まっている量しか出ないわけだから、当然、いずれ戦争が起こるのは自然の摂理でしかたがない」などと持論を述べたうえで、このように主張した。動画から書き起こす。

「いや、教育はだって回らないもん。だってバカな国ほど子ども産むから。バカな民族っていうかね。だから、そういう人たちって甘やかすとどんどん子ども産むから。僕、自然の摂理は、人間は食物連鎖のピラミッドで、人間の天敵っていないから、結局、人間が人間を殺さざるをえないっていうのが戦争だと思ってるんですよ。とにかく子どもを産まないように、殺し合いをしなくていいようなコントロールをとにかくかけるしかないのかな。そんな、ある意味、もうすごい大雑把に言うと、そういうアホみたいに子どもを産む民族はとりあえず虐殺しよう、みたいな」

 言葉を失う。対談相手の神谷氏は声を出して笑っていたが、「アホみたいに子ども産む民族はとりあえず虐殺しよう」というのは、読んで字のごとくの虐殺の扇動である。

 27日にはこの問題発言を共同通信が報じた。共同の記事には〈直後に「やる気はないけど」とも付け加えた〉と書かれているが、実際には「とりあえず虐殺しよう、みたいな」に続くのは以下のくだりだ。再び動画からそのまま起こす。

「いやそりゃ、やる気はないけど、それを目指したら結局そういうことになるのかな。いわゆる、ある程度賢い人だけを生かしといて、あとはもう虐殺して、ここでよし、もうあとはこっからは、子どもをコントロールするぞー!っていう賢い人がやらざるを得なくて。今生きている人にそこを理解してもらうっていうのは、至難の業かな」

 明らかに立花氏は「ある程度賢い人」を選別して「あとはもう虐殺」と述べている。ナチスの優勢思想を彷彿とさせる、あり得ない発言だ。

 この発言が報じられると、立花氏は自身のYouTubeチャンネルに「共同通信の記事に対する反論」なる動画をアップ。「とにかく人は増えてるんですよ、人は増えてるから。人の天敵って人しかいないんですよ。人が増えるともちろん食べ物が不足して、資源も石油とかも資源がなくなるから、最後は争いになっていくから、本当にこのまま人が増えていくってことを指をくわえて待っていていいのかって疑問は、ずっと僕は持ってます」と繰り返したうえで、「でも、だからと言って、そのどっかの国の人たちをね、殺してしまおうとか、そんなつもりはさらさらないですよ、僕には」などと釈明した。

 だが、立花氏は、同じ神谷氏との対談を収録した別の投稿(上述「虐殺」発言の動画の続き)でも、明らかに人種や民族、国籍などの属性による差別の扇動と、それに基づく排斥を肯定していた。

関連記事

編集部おすすめ

話題の記事

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する