小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

安倍首相が読売テレビ・辛坊治郎の番組で野党を批判、参院選で自民党を選ぶようアピール! 明らかな事前運動、放送法違反だ

安倍首相が読売テレビ・辛坊治郎の番組で野党を批判、参院選で自民党を選ぶようアピール! 明らかな事前運動、放送法違反だの画像1
『ウェークアップ!ぷらす』に出演した安倍首相


 金融庁報告書に端を発した年金問題の影響で内閣支持率を落としている安倍首相。NHKが21〜22日に実施した世論調査の結果では、内閣支持率は42%で前回より6%も下落。政党支持率でも自民党は5.1%落とした。

 参院選を前に安倍首相も焦り気味らしく、先週末の22日は“お友だち”メディアに出演しまくった。

 まず、辛坊治郎が司会を務める読売テレビの『ウェークアップ!ぷらす』に日本テレビのスタジオから生出演し、その後は加計学園問題を「朝日新聞のフェイク」と断じたこともある夏野剛・ドワンゴ社長が聞き役を務めたニコニコ生放送の番組をハシゴ。夜には櫻井よしこが主宰する極右ネットテレビ「言論テレビ」への出演収録分が放送された。

 しかし、これがひどいシロモノだった。もともと安倍首相のPR媒体と化しているニコニコや「言論テレビ」はともかく、『ウェークアップ!ぷらす』では、参院選前にもかかわらず、事前運動丸出しで、一方的な主張を約45分にわたって繰り広げたのだ。

たとえば、いま最大の関心事となっている年金問題。司会の辛坊が「公的年金の仕組み全体を見直す考えはあるんでしょうか」と質問すると、安倍首相は「その立論自体がちょっと間違っている」として、こんな話を延々とはじめた。

「高齢者が増えていきますから、いまよりは代替率が減っていきますが、そこにはですね、そこのレベルにはしていく。そのかわり、マクロ経済スライドを入れてですね〜」

 そう、あの党首討論で見せた「マクロ経済スライド」解説を繰り返し始めたのだ。しかも、そのマクロ経済スライドでどんどん給付が下がっていくことをネグって、マクロ経済スライドのおかげで「将来世代の所得代替率を確保」できるようなことを言いだす始末。こんな話を聞かされて国民に納得しろというほうがどうかしているが、もっと驚いた発言があった。

 安倍首相は「(党首討論で質疑した)4党の方々について若干反論させていただきますと」などと言い出して、党首討論における立憲民主党・枝野幸男代表が提案した総合合算制度と、高所得者優遇の保険料を見直し財源とすることを提案した志位和夫・共産党委員長への猛批判を突如としてはじめたのだ。

「枝野さんが言ってる意見はまったく意味のない意見だと思います」
「共産党が言っている『マクロ経済スライドを止めてしまえ』、これは乱暴な議論ですね」

 そんなに野党党首に言いたいことがあるなら、お友だちメディアに出る前に国会で集中審議を開催したらいいではないか。というか、それ以前に、参院選前のこのタイミングで、特定の政党の党首がテレビにひとりで出てきて、野党の主張を一方的に攻撃する。これって地上波で許されることなのか。

 この安倍首相の暴走には、さすがの辛坊も大慌て。「総理、申し訳ないです。やっぱりちょっと各党の方に来ていただいて論じないと不公平になりますので、ここで総理だけの反論を聞くわけにはなかなかいかないんですが」とフォローせざるを得ないほどだった。

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する

関連記事

編集部おすすめ

話題の記事

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する