小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

「朝日新聞、死ね」で物議…維新のネトウヨ議員・足立康史のトンデモ暴言と安倍首相への信奉ぶり

adachi_171115_top.jpg
日本維新の会HPより


 日本維新の会・足立康史衆院議員のツイートが波紋を広げている。足立議員は12日、加計学園問題を取り上げた社説記事にリンクを張るかたちで〈朝日新聞、死ね。〉とツイート。さらに、メディアからの取材に対しては、このような開き直りの態度をとった。

「国のため、国会を正すため、日本を前に進めるための『良い炎上商法』という意図があった」
「愛媛県や今治市や、加計学園や、獣医学部を目指している学生さんのことを思うと許せないので、あえて死ねという言葉を使った」(BuzzFeed News)
「(『保育園落ちた日本死ね』を念頭に)『死ね』という言葉は私自身は許容されると思っていないが、今の国会と日本社会は是としているようなので使った」(毎日新聞)

 あらためて確認するまでもなく、「保育園落ちた日本死ね」というのは、一向に進まない待機児童問題に対して一般市民が怒りをぶつけた言葉である。それを言い訳に利用して、政治家という権力者が「死ね」とメディア批判に使うとは言語道断の行為だ。

 しかも、言うに事欠いて「獣医学部を目指している学生さんのことを思うと許せない」ときた。ならば疑念をもたれるようなプロセスを踏んだ国家戦略特区とその責任者である安倍首相に苦言を呈すべきで、メディアに「死ね」と暴言を吐くのは筋違いだ。

 とくに朝日新聞については、30年前に阪神支局で記者2名が散弾銃で殺傷されるという赤報隊事件が起こったこともあり、「死ね」という暴言がテロを煽動するのではないかと懸念の声がネット上に溢れた。だが、足立議員は「良い炎上商法」と言うのだから、良識などまったくもち合わせていないらしい。

 そもそも、足立議員といえば、橋下徹や松井一郎代表をはじめ口の悪さでは政界随一の“ならず者政党”である維新のなかでも図抜けた“暴言”議員だ。

関連記事

編集部おすすめ

話題の記事

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する