小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

菅首相が緊急事態宣言会見で大ボラ連発! ワクチンは「世界でもっともスピード」、ロッキン中止も「じつは五輪も同様の取り扱い」

菅首相が緊急事態宣言会見で大ボラ連発! ワクチンは「世界でもっともスピード」、ロッキン中止も「じつは五輪も同様の取り扱い」の画像1
首相官邸HPより


 前回の緊急事態宣言の解除から1カ月も経たないうちに、菅義偉首相が東京都に4度目の宣言発出を決めた。

 当然すぎる結果だ。前回の解除時から東京の感染者数は下げ止まり状態で、解除後は案の定、増加傾向に入った。前回の解除を決めたころ、菅首相は周囲の側近議員らに「俺は勝負したんだ」と繰り返し語っていたと伝えられていたが、ようするに国民の命や生活はこのギャンブラー首相に振り回され、またも危険に晒されているのである。

 しかも、感染爆発待ったなしの状況まで追い詰められているにもかかわらず、有観客での開催を諦めていなかった菅首相は、昨日まで宣言の発出ではなくまん延防止等重点措置の延長でお茶を濁そうとしていた。ところが昨日7日の東京の新規感染者数が900人を超え、政府分科会の専門家から重点措置の延長では了承は得られないと悟り、しぶしぶ宣言発出に方針転換。実際、昨日まで首相周辺は「宣言を出せば、コロナに負けた感じになる。それは避けたい」と語っていたという(朝日新聞デジタル7日付)。

 コロナに勝ったことなど一度もないのに何を言っているのかという感じだが、しかし、けっして「負け」を認めたくない菅首相は、本日おこなわれた記者会見で盛大なホラを吹き、国民を欺こうとしたのだ。

 それは、全国の自治体から供給不足に悲鳴があがっているワクチン接種についての発言。菅首相はこの状況下でまさかの7月中に全人口の4割への接種を目指すと言い出したのだが、さらにこうも述べたのだ。

「全国の津々浦々でワクチン接種の加速化が進んでいます。自衛隊や医療などの関係者のご尽力により、いまや世界でももっとも(速い)スピードで接種がおこなわれています」

 国からの供給不足で予約を停止する自治体が相次いでいるのというのに、「いまや世界でもっとも速いスピード」って。しかも、これは大嘘だ。世界のコロナ関連データを集計している「Our World in Data」の「人口100人あたりの1日のワクチン投与量」(7日間平均)を確認すると、カナダや中国、フランス、イタリア、ドイツのほうが日本よりも投与量は多い。また、上位にアメリカやイギリスなどの「ワクチン先進国」が入っていないのは、今年1〜2月の段階から接種をスタートさせており、すでにかなりの量を接種し終えているからだ。

 本サイトの既報でお伝えしたように(https://lite-ra.com/2021/07/post-5939.html)、これと同じデタラメをワクチン担当の河野太郎・規制改革相が世界に発信して笑い者になったばかりだというのに、今度は総理大臣自ら会見でホラを吹くとは……。まったく呆れ果てるほかないが、それ以上に開いた口が塞がらなかったのは、もちろん、東京五輪にかんする発言だ。

関連記事

編集部おすすめ

話題の記事

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する