小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

菅首相と同じ後手…吉村知事の卑劣な手口を“8割おじさん”西浦教授が「チープ」と批判!「ガラスの天井」誤用でも恥ずかしい展開

菅首相と同じ後手…吉村知事の卑劣な手口を8割おじさん西浦教授が「チープ」と批判!「ガラスの天井」誤用でも恥ずかしい展開の画像1
大阪府ホームページより


 本日13日、政府は大阪・兵庫・京都の関西3府県と、さらに愛知・岐阜、福岡、栃木を加えた計7府県を緊急事態宣言の対象区域に追加する。菅首相は東京都の小池百合子都知事を当てこするために、大阪は飲食店への時短営業の成果が出ていると繰り返し述べ、7日の会見でも大阪への再発出について「現時点においてはそうした状況にはない」と発言。この対応に批判が集まったことでようやく発令の運びとなったが、大阪の新規感染者数のみならず重症患者や死亡者数の多さを考えればあまりに遅きに失した判断で、後手後手だという批判は免れない。

 しかし、後手後手だったのは菅首相だけではなく、大阪の吉村洋文知事も同罪だ。

 実際、12月からの大阪の新規感染者数は高止まりの状況で、さらには重症率や死亡者数は最悪のレベルにあった。しかし、吉村知事は4日の会見で「大阪は感染の急拡大が抑えられており、今の段階で要請する考えはない」と緊急事態宣言の発出要請を否定。だが、その2日後の6日に新規感染者数が560人と過去最多を更新すると、7日には〈緊急事態宣言の発令を要請すべきと考えました〉(Twitterより)と態度を一転させたのだ。

「感染は抑えられている」などと誤った現状認識でもって豪語していたのに、過去最多の数字が出た途端、手のひらを返す……。当然、「読みが甘すぎた」と吉村知事は府民に認めるべき事態だが、本人は〈首都圏の感染急拡大状況、真冬のコロナ感染力を考慮〉(前出・Twitterより)などとまるで先手を打ったかのように振る舞う始末。さらに、メディアもこの場当たり的な対応の責任を追及することもなく、むしろ“素早い判断”などといったように持ち上げているのである。

 自分の判断ミスや誤りを、何が何でも認めない──。実際、吉村知事はこの非常時に、言葉の誤用を指摘されて逆ギレまでしてみせた。8日の会見で、記者から「緊急事態宣言が必要だと検討に入ったタイミングはいつか」という旨の質問を受けた際、吉村知事は「(6日に)560名の一挙にガラスの天井を突き抜けた瞬間と、そしてそれが次の日も600名を超えるだろうという報告を受けたことがひとつ」と発言した問題だ。

 言うまでもなく「ガラスの天井」という言葉は、女性やマイノリティが実力や実績はあるのに「見えない障壁=ガラスの天井」にぶつかって昇進や意思決定の場に登用されないという実態を示すもの。ようするに、吉村知事は「コップの水が溢れた」「臨界点を超えた」というような意味で「ガラスの天井」を誤用したのだろう。

関連記事

編集部おすすめ

話題の記事

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する