小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

玉川徹が『バイキング』の小室圭さんバッシングを徹底批判! “弁護士にならないかも”報道の嘘も明らかに

viking_170216_top.jpg
フジテレビ『バイキング』番組サイトより


 いまだワイドショーを賑わせている眞子内親王と小室圭さんの結婚問題。小室さんの母親の金銭トラブルをあげつらい、コメンテーターらが足並みを揃えて「結婚するべきじゃない」と批判、ネトウヨ文化人や多数のネットユーザーも小室さんに対する個人攻撃を展開している。その様はまさに、イジメとしか思えないが、そんななか、またあの人が果敢に正論を唱えた。

 16日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)での玉川徹氏だ。番組では、眞子内親王と小室さんの結婚について「応援できる」かどうかの街頭アンケートを紹介。それによると、4割強が「応援できる」という結果だったのだが、これを受けて玉川氏は「ホッとしました」と言い、この間のテレビやネトウヨ文化人による“結婚阻止キャンペーン”へ猛反論したのである。

「皇族といっても人間なんで、結婚というのはまさに何よりもお互いの愛情が大事なのであって、たとえば家柄があって、経済力があって、だけど好きじゃない、そういうふうな人と結婚すればいいんですか?というふうに僕は思うんですね。まず、なによりも第一義的に大事なのは愛情ですから。ましてや眞子様が選んだ方ですよ。その人たちを周りの人が寄ってたかって否定するっていうことは、眞子様が選んだ目も否定してるってことになってないですか? そういうふうなことで言えば、僕は、まず当人同士の考え方が一番大事なんであって、それ以外はたいした問題じゃないと思ってます」

 まったく、玉川氏の言う通りだ。だがここで、ゲスト解説者の皇室ジャーナリスト・近重幸哉氏が異論を挟む。秋篠宮が「多くの人が納得し喜んでくれる状況にならなければ、婚約にあたる納采の儀というのを行うことはできません」と語っていることを引き合いに出しながら、“まずは生活を安定させてからだ”などと述べたのだが、しかし、玉川氏は一歩も譲らない。

「だから小室さんはニューヨークまで行って自分が職業として選ぶものを一生懸命頑張って得ようとしているわけですよ。普通に応援すればいいわけじゃないですか。そうじゃないですもん(世間やマスコミの)雰囲気は。相応しくないって話の方が(多数を占めている)」
「僕には小姑の話を聞いているようにしか聞こえない」

 スタジオではコメンテーターの高木美保が玉川氏をたしなめようとしていたが、マスコミの論調を「小姑」と一刀両断したのはまさにその通りだろう。というか、スポーツ紙などの報道では、玉川氏の発言が“けんか腰”だとして取り上げられているが、実際の文脈的には、玉川氏が批判したのは近藤氏というよりも、小室さんをおもちゃのように扱うワイドショー的世論のほうだからだ。

 事実、最近もこんなことがあった。7日放送の『バイキング』(フジテレビ)が、「小室さんの代理人弁護士から驚きの情報を入手」として「小室さんは弁護士になるとは言っていません」と話したと報道。すると出演者は揃って“待ってました!”と言わんばかりに嘲笑ムードで、ひたすら小室さんを馬鹿にする発言が連発された。

 MCの坂上忍が「さあ、どうしちゃおうかなこれ、ちょっとびっくりしたんですけど」などと煽り、ゲストの清原博弁護士が「(小室さんが)弁護士になるかどうかすらわからないと言われたら、いったいこの人は何になるんですかという話になる」と言うと、スタジオは爆笑の渦。コメンテーターの安藤和津は「いまのは呆然としています」「NYにも逃げに行っているように見える」と小室さんを批判した。

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する

関連記事

おすすめ記事

話題の記事

人気記事ランキング

総合
ツイート数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

プッシュ通知を受け取る 通知を有効にする 通知を停止する