小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

『27時間テレビ』さんま&中居トークがなくなったのは中居の「木村に聞けば」発言が原因…ジャニーズがフジに圧力

もうSMAP問題については誰も触れられないのか


 9月9日に放送予定の毎年恒例『FNS27時間テレビ にほんのれきし』(フジテレビ)の名物コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」が、今年は放送されないことがわかった。明石家さんまと中居正広による生トークが繰り広げられる同コーナーは、2000年から毎年続いてきた大人気コーナー。さんまが1年間で気になった女性をランキングで発表するコーナー内企画「ラブメイト10」で、AV女優の紗倉まなが選ばれ、その後さんまと紗倉の密会がスクープされるなど、さまざまな話題も提供してきた。

 近年視聴率低下が叫ばれる「27時間テレビ」にあって、深夜帯ながら高い人気をほこる同コーナーが、いったいなぜ終了してしまったのか。それは、昨年のふたりのトーク内容に原因がある。

 ご記憶の方も多いと思うが、昨年の同コーナーでは、SMAP解散問題について、さんまが中居にツッコミまくって、大きな話題となった。昨年7月23日の放送は、翌月14日の解散発表の前で、年明けの独立分裂騒動以降、「SMAP×SMAP」でのメンバー間の不仲ぶりや、夏の大型音楽特番へのSMAP出演辞退などが、取り沙汰されていた時期のことだ。

 さんまのツッコミは予想以上のもので、前年末の特番でSMAPと共演した際のメンバーのギクシャクぶりを暴露したのはもちろん、「なぜ歌番組に出ないのか」「なぜ新曲を出さないのか」とファンに代わって追及したかと思えば、ジャニーズ事務所内の派閥抗争や、飯島三智マネージャーの名前にも触れるなど、テレビではタブー化し、誰も口にできないがみんなが訊きたかったことを、中居にぶつけていた。

 2016年1月の『SMAP×SMAP』(フジテレビ)での生謝罪以来、解散問題について公の場で一切発言していなかった中居も、さんまのツッコミにただタジタジになるだけではなく、答えられる範囲ではあったが誠実に答えていた。さんまに「歌番組に出ろ」「CD出せ」とどんなにしつこく迫られても、中居は「やる」と明言することはなく、実際、翌月SMAPは解散を発表することになる。

 もちろんこのトークは大きな話題となり、スポーツ紙や女性週刊誌もこぞって記事にした。しかし、御用スポーツ紙や御用女性週刊誌には、このトークのある部分についてだけは「絶対に触れるな」とジャニーズ事務所側に厳命されていたという。

 それは中居の「なんで僕……僕じゃなくて木村に聞けばいいじゃないですか」のひと言だった。

関連記事

おすすめ記事

話題の記事

人気記事ランキング

総合

いいね!数

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。