宮根誠司が能年玲奈バッシング報道に加担し「ルール違反」と攻撃! やっぱりこいつは“バーニングの犬”だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
miyanenounen_160601.jpg
左・読売テレビ『情報ライブ ミヤネ屋』公式サイトより/右・「07' nounen 能年玲奈オフィシャルブログ」より


 能年玲奈が事務所との契約が切れて、独立することが報じられたのは先月の中頃。この間、ずっと事務所に飼い殺しにされ、「洗脳報道」など、事務所のリークによる悪質なバッシング報道にさらされてきた能年ちゃんもようやく自由になれるのか、と安堵していたら、まったくそんなことはなかった。

 むしろ、〈能年玲奈、事実上芸能界を引退へ〉と打った「週刊女性」(主婦と生活社)はじめ、週刊誌、ワイドショー、スポーツ紙がこぞってさらなバッシッグを展開し始めたのだ。

「事務所からの延長の打診に応じず、没交渉」「レプロに無断で、演技指導を受けてきた演出家の女性と個人事務所を設立」「能年側は、事務所側が映画やドラマの出演作の打ち合わせや契約交渉の場を設けても応じなくなった」「能年は現在、都内で演出家と同居している」「事務所設立をめぐる不義理」「事務所の用意した仕事を能年が選り好みして断った」などと、報道のトーンは一方的に能年サイドに非があるという論調のものばかり。どう見ても、事務所独立=芸能界引退と、能年の芸能界追放を既成事実化しようという動きさえ見え隠れするのだ。

 もちろん、これは、芸能界のドン、バーニングプロ周防郁雄社長の顔色をうかがっての行動だ。周知のように、能年が所属していたレブロはバーニング系列の事務所で、周防社長はこの騒動で能年サイドにかなりご立腹らしいのだ。

「じつは『あまちゃん』でブレイクしていたころ、周防氏の一押し女優は能年だったんです。周防氏はレプロと能年の関係悪化が伝えられた当初も、どちらかというと“レプロもほどほどに”という態度で、契約期間の終了を待って小泉今日子の事務所に仲介するなどソフトランディングでおさめようと考えていたともいわれます。しかし『文春』の記事が出たあと、レプロは「能年本人がしゃべっているとしか思えない」と激怒。それまでは滝沢氏の「洗脳」を批判するニュアンスだったのが、各誌に能年のネガティブ情報を流し、能年本人への批判を本格化させます。とくに小学館の『週刊ポスト』と『女性セブン』はブチキレたレプロの社長自ら持ち込んだのではともいわれていますが、トラブル中とはいえ自社のタレントに対するものとは思えない凄まじいバッシング記事でした。
周防氏もさじを投げて、能年バッシングを黙認するようになった。ここにきて、能年バッシングが再燃しているのも、バーニングのお墨付きあってのものです」(芸能事務所関係者)

 毎度のことながら、芸能マスコミの“バーニングの犬”ぶりにはうんざりさせられる。唯一、能年サイドの言い分を記事にしている「週刊文春」は明日発売の号で、能年の母親にインタビューし「報道リンチひどすぎます」と反論させているが、おそらく多勢に無勢、週刊誌やワイドショーでは一切無視されるか、逆にさらなるバッシングにあうのがオチだろう。

 ところで、この間、そんな腐ったワイドショーを象徴するような動きを見せた男がいたのをご存知だろうか。

 その男の名は、宮根誠司。宮根は司会を務める『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)の5月24日放送で、能年問題が話題になった際、能年ちゃんのことをこう切って捨てたのだ。

「事務所に内緒で自分で事務所を無断でつくるというのは、これ、ルール違反ではありますよね」

 ネット上ではこの宮根の発言を受けて、「お前が言うな!」と批判が殺到。宮根自身が2012年に隠し子の存在が発覚していることから「ルール違反なんて、他人のことをああだこうだ言える立場なのか?」と反発を受けた格好だ。

 だが、こうしたネット上の反応とはまったく別で、宮根が「ルール違反」と言うことには大きな問題がある。それは、宮根が司会者という報道に携わる立場にありながら、“一方の利害”から発言していることだ。

 本サイトでも再三繰り替えしていたように、能年の独立騒動の背景には、能年に不信感を抱かせるにいたった事務所の杜撰な対応がある。

 能年は『あまちゃん』(NHK)の撮影中からレプロのスタッフに十分なサポートを受けられず、大ブレイク後もほとんど仕事らしい仕事を与えられず、干しあげていた。そんな能年がレプロのマネジメントに不信感をもち、独立を願い出ると、ブレイク前から指導を受けてきた滝沢充子氏に「洗脳」されているとして独立を却下した。

 しかも、レプロは能年の仕事をすべて剥奪、飼い殺し状態に追い込んだだけでなく、週刊誌やスポーツ紙に独立騒動の情報を流し、能年バッシングの流れをつくりあげた。だが、そんなリークに乗らなかったのが「週刊文春」(文藝春秋)だ。「文春」は能年サイドに立ち、『あまちゃん』出演時のギャラはたった5万円だったことなど、そのひどい待遇を報じたのだが、これに対してレプロはなんと1億1000万円という高額訴訟を起こした。こうやってマスコミは黙らせてしまったのだ。

 当然、今回の引退報道も、こうしたレプロ側の言い分ばかりが報じられ、能年は完全に“恩知らずのワガママ女優”という印象を植え付けられている。しかし、一般常識的に考えてみたらどうか。引く手あまたの状況にあっても最適なマネジメントをしてもらえず、そのことに異議を唱えたらネガティブ情報を一方的に流され、会社を辞めさせてももらえない。これは普通に考えれば、正当な労働基本権を奪われた状態であり、独占禁止法違反の疑いだってある。

 だが、宮根はこうした事情を一切無視し、事務所から独立するのは御法度という“芸能界の論理”から「ルール違反」だと断罪した。これがタレントのコメントならば、まだわかる。しかし、宮根はただのタレントではなく、情報番組の司会者というジャーナリズムにかかわる人間なのだ。

 しかも、もっと悪質なのは、宮根自身が芸能界において、最大の権力を握るバーニングプロダクションと深い関係にある、という点だろう。

「宮根は関西の局アナから独立をする際、バーニングと直系のフロム・ファーストプロダクションの大阪支社に所属していましたが、バーニングの社長であり“芸能界のドン”と呼ばれる周防郁雄社長が宮根を大いに気に入り、宮根のために新事務所・テイクオフまで立ち上げました。隠し子騒動のときだって、問題をスクープした『女性セブン』(小学館)の記事は、なぜか美談仕立て。もちろんこれは小学館に強いパイプをもつ周防社長の力があってこそ。普通の司会者なら後追い報道が相次いで『ミヤネ屋』も『Mr.サンデー』(フジテレビ)も降板となっていたでしょうが、周防さん案件では芸能マスコミは手も足も出ませんよ」(前出・芸能事務所関係者)

 ようするに、今回の発言は、自分がバックにしている芸能プロダクションと同じ系列の事務所をかばい、一緒に能年バッシングに加担したというだけなのだ。

 ここに情報番組の司会者としての倫理性などかけらもない。あるのは、“バーニングの一員”という特定の利害に与して情報を誘導する、子飼いの精神だけだ。

 しかも、同じようなことはすでに起こっている。たとえば、藤原紀香と片岡愛之助の熱愛発覚後、熊切あさ美との破局騒動が勃発したが、そのときも宮根は「愛之助と電話した」と言って愛之助の潔白を主張した。これは、藤原紀香を可愛がってきた周防社長が愛之助との交際に好意的で、愛之助の疑惑を払拭する必要があったためだと見られている。ようするに、“愛之助とは円満に別れたのに、熊切が未練がましい”と報道をミスリードするために、宮根は自身の番組を使って実働したというわけだ。

 さらに、こうした問題は宮根に限った話ではない。宮根の事務所・テイクオフには、同じく元アナウンサーの羽鳥慎一や田中みな実も在籍しているが、羽鳥には『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)という、宮根と同様に冠の情報番組をもっている。そして、やはりここでも高木美保や長嶋一茂、島谷ひとみといったバーニング系タレントが、コメンテーターやコーナー担当としてねじ込まれているのが現状だ。

 特定の芸能プロダクションにとって都合のいい報道をするために、司会者やコメンテーターたちが取り込まれているという現実。その上、今回の能年騒動ひとつとっても、宮根は露骨にミスリードする役を買って出ている。自分の利害のために電波を私物化する──こんな男をのさばらせつづけていて、健全な放送などあり得るものなのだろうか。
(時田章広)

最終更新:2016.06.01 08:18

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

宮根誠司が能年玲奈バッシング報道に加担し「ルール違反」と攻撃! やっぱりこいつは“バーニングの犬”だのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニング宮根誠司時田章広能年玲奈の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 指原莉乃が山口真帆の卒業公演の視察に同伴した男!
2 トランプ大統領がツイッターで、安倍首相の国民騙す“関税密約”暴露
3 百田尚樹が朝日に『日本国紀』の近現代史は批判されてない
4 安倍首相がトランプ接待で「大相撲の伝統」破壊
5 秋篠宮家の料理番がブラック告発
6 つんく♂が秋元のメンバー差別に
7 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
8 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 DT浜ちゃんの息子がシティボーイ!?
11 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
12 安倍首相がTOKIOに続き大泉洋、高畑充希と会食PR
13 グッディ!土田マジギレ真の原因
14 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
15 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
16 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
17 部落差別問題で長谷川豊と維新が露呈したトンデモぶり
18 読売が出会い系通い記事批判に失笑反論
19 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
20 KAT-TUN田口にジュリー激怒!
1 国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
2 安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
3 石野卓球がワイドショーに勝利した理由
4 忖度道路めぐり安倍の直接指示の新事実が
5 安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
6 安倍が“忖度道路”の要望書を提出、山陰自動車道でも利益誘導
7 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
8 塚田「忖度」発言は事実! 麻生利益誘導の疑惑
9 イチローに国民栄誉賞を断られ安倍政権が赤っ恥
10 野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
11 NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
12 維新勝利で橋下徹が「反対した年配の人が死んじゃった」
13 中村文則が安倍政権批判に踏み込む理由
14 『あさイチ』の「中高生に韓国が人気」企画炎上の異常
15 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
16 菅官房長官「令和おじさん」人気の正体!
17 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
18 「あつまれ!げんしりょくむら」以外も…原子力ムラの醜悪SNS戦略
19 衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
20 ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』に“安倍政権への皮肉”

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄