ベッキー『金スマ』謝罪はおかしい! 不倫は本当に「大きな罪」なのか? 内面化されていく道徳ファシズムの恐怖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
becky_160515.jpg
ベッキー 公式ブログより


 ゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫騒動で休業に追い込まれて以来、3カ月ぶりにテレビ出演をしたベッキー。13日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS)で中居のインタビューに心情を語った。「復帰は早い」「信用できない」などの非難の声も相変わらずあるが、不倫や会見の嘘を率直に認めたうえ、川谷の元妻にひたすら謝罪したことで、今回はマスコミやSNS上の反応などベッキーに好意的なものも多くなっている。

 しかし、本サイトは正直、この決着には違和感がある。年明けの不倫発覚以来、本サイトでは一貫してベッキーを擁護してきた。むしろ、たかだか不倫をしただけの芸能人を犯罪者扱いし、袋叩きにする芸能マスコミやネット世論の過剰な道徳主義を徹底的に批判してきた。

 だが、今回の『金スマ』を観ていて、今度はベッキーに対して、疑問と怒りを抑えきれなくなった。

 断っておくが、オリエンタルラジオの中田敦彦や一部のネット民のように、ベッキーが「復帰のために計算して演技している」と考えたわけではないし、「あざとい」とか「嘘くさい」とか言いたいわけでもない。むしろ逆だ。

 ベッキーはこの放送で、「罪の大きさを知った」「最低なことをしてしまった」「愚かでした」「心を入れ替えました」と涙ながらに反省の言葉を何度も口にした。こうした言葉が、たんにテレビ復帰のためにその場しのぎで口にしたものなら別にかまわない。演技や嘘なら、わざわざ話を蒸し返そうとも思わない。

 でも、ベッキーはこの日の番組で、本気で反省しているように見えた。そして、「奥様の気持ちを知って、罪の大きさを知って」、川谷のことを「好きじゃなくなった」と言った。

 それはないだろう、ベッキー。なぜ、恋をした相手がたまたま結婚をしていたというだけで、「愚か」「最低」「大きな罪」などと反省しなければいけないのか。相手の妻にそこまで謝罪しなければならないのか。自分の気持ちを抑圧しなければならないのか。

 世間は「奥さんを傷つけた」などと言うが、それは相手が独身で恋人がいる場合だって起こりうる話だ。だが、その場合は絶対にこんなに大きな問題にはなっていない。明らかに相手が結婚しているから「罪」だとされ、ベッキーも今、大仰な反省の弁を並べているのだ。

 しかし、結婚ってそんなにエライのか。結婚について「たった1人の異性に排他的かつ独占的に自分の身体を性的に使用する権利を生涯にわたって譲渡すること」とその隷属的な本質を指摘し、「セックスの相手をおクニに登録して契約を結ぶ必要なんてない」と述べたのは、社会学者の上野千鶴子だったが、実際、結婚制度なんて、共同体が人間の性と生殖を管理するためにつくり出した便宜上のシステムにすぎない。

 近代国家では、この結婚制度に法の保護と経済的特権を与えることで、性の秩序を維持し、子づくりさせ、育児に責任をもたせようとしてきたが、いまや多くの先進国でそれはまったく機能しなくなっている。むしろ結婚制度が疎外と貧困、少子化を生み出しているという側面もあるし、フランスでは、婚姻率が日本の半分程度にまで低下しながら、逆に出生率はアップしている。

 いや、制度の是非は別にしても、少なくとも人には結婚の法的特権を享受する権利も、その管理に背を向けて自由に性を謳歌する権利もあるはずだ。ましてや、ベッキーは独身で、制度からなんの特権も与えられていないし、保護も受けていない。相手が制度の内側にいるというだけで、なぜその相手に恋愛感情を持ったこと自体を「罪」だと考えなければならないのか。ここまでくると、道徳ファシズムによる暴力的抑圧としか言いようがない。

 ところが、ベッキーは今回、その道徳ファシズムに屈したというより、それを完全に内面化してしまっていた。前述したように、嘘や演技ではなく、自分の言葉で不倫を「愚か」「最低」「大きな罪」と語っていた。これは本当に最悪だと思う。

 ドイツの社会心理学者、哲学者であるエーリッヒ・フロムは『自由からの逃走』の中で、ナチズムはヒトラーが大衆を力ずくで支配した結果でなく、むしろ大衆がその強制を内面化し、自発的に服従することによって実現されたと指摘した。そして、その内面化、内的権威をつくりだすメカニズムをこう分析した。

〈近代史が経過するうちに、教会の権威は国家の権威に、国家の権威は良心の権威に交替し、現代においては良心の権威は、同調の道具としての、常識や世論という匿名の権威に交替した。われわれは古い明らさまな形の権威から自分を解放したので、新しい権威の餌食となっていることに気がつかない。われわれはみずから意志する個人であるというまぼろしのもとに生きる自動人形となっている。〉
〈この特殊なメカニズムは、現代社会において、大部分の正常なひとびとのとっている解決方法である。簡単にいえば、個人が自分自身であることをやめるのである。すなわち、かれは文化的な鋳型によってあたえられるパースナリティを、完全に受け入れる。そして他のすべてのひとびととまったく同じような、また他のひとびとがかれに期待するような状態になりきってしまう。「私」と外界との矛盾は消失し、それと同時に、孤独や無力を怖れる意識も消える。〉

 フロムの警告したことが今、まさにそのまま起きている。10年前ならただの笑い話でしかなかった不倫や未成年の飲酒、喫煙が重大犯罪のように糾弾されるようになったのは、国家やメディア、一部の道徳主義者が強制する通俗的な道徳を多くの人が内面化し、内的良心となって広がっているからだ。

 彼らは小さな犯罪やどうということのない不祥事に“悪の根源”を見出し、それを叩くことでこの内的良心を満足させ、強化していく。そのことによって、さらに糾弾の声は増幅し、大きくなっていく。

 そして、この道徳ファシズムの過程でエバンジェリストの役割を演じているのが芸能人だ。芸能人はスキャンダルや炎上で、大衆に道徳の内面化の契機を与え、自ら道徳を大きな声で叫ぶことでそのイデオロギーを広めていく。些細な犯罪や不祥事に「許せないこと」と憤り、自らの炎上には心からの反省を見せることで、法律や道徳規範を強固にし、震災が起きれば、大仰に同情し、活動する前に必ず「やはり僕らにできることといえば、歌を通じて、みなさんを勇気付けることしかない」などとエクスキューズを付け加えることで、過剰な自粛をうながしていく。

 そういう意味では、今回のベッキーは、その道徳ファシズムの最大のスピーカー役を演じてしまったのだ。不倫イコール罪という道徳を内面化し、自分の恋を自ら「大きな罪」と言ったことで、不倫は絶対に許されないというイデオロギーはさらに強化され、結婚制度そのものへの疑問など挟む余地も無くなってしまった。

 もちろん、過剰適応的な傾向が強く、自分はいい子だと自分に言い聞かせるように生きてきたベッキーに、制度への反逆を期待するのは端から無理だろうし、この状況で不倫=悪を内面化してしまったのもわからなくはない。

 しかし、この道徳ファシズムの行き着く先はたんに不倫の問題だけではない。とにかくルールには問答無用で従うべきだ、ルールそのものを疑ってはならない、ルールを破ったものは徹底的に糾弾される。そういう社会ができあがりつつある。

 そう考えると、やはりベッキーの責任は重い。
(酒井まど)

最終更新:2016.05.15 11:42

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ベッキー『金スマ』謝罪はおかしい! 不倫は本当に「大きな罪」なのか? 内面化されていく道徳ファシズムの恐怖のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ベッキー不倫酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 堀江貴文が「デモの絵面がヤダ」「税金泥棒は捨て台詞」
2 テレ朝が政権批判した経済部長を報道局外し
3 堀江貴文「税金泥棒」発言で晒した年金問題への無知と頭の悪さ
4 「週刊文春」に公選法違反を報道された和田政宗が被害妄想丸出し反論
5 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
6 安倍政権が財政審答申から「年金給付が想定より低くなる」削除
7 秋篠宮家の料理番がブラック告発
8 竹田恒泰『中学歴史 検定不合格教科書』は間違いと妄想だらけ
9 交番襲撃“父親が関テレ常務”より「元自衛官」
10 長渕剛のマスコミ批判に坂上忍が言い訳
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
13 拍手・起立を井筒監督と松尾貴史が批判
14 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
15 安倍イラン訪問でNHK岩田明子記者がまた安倍フェイクPR
16 上田晋也『サタデージャーナル』終了の不可解
17 久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
18 『いだてん』が関東大震災「朝鮮人虐殺」を示唆!
19 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
20 DT浜ちゃんの息子がシティボーイ!?
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄