川島なお美と渡辺淳一の密会をスクープ、「噂の真相」岡留編集長が語る女優・川島なお美の美学と肝っ玉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kawashima_151001_top.jpg
川島なお美オフィシャルブログ「『なおはん』のほっこり日和」より


 9月24日、女優の川島なお美が胆管ガンのため逝去した。その直前まで激やせした姿で表舞台に立ち、「激やせとか言われている場合じゃない」と仕事への意欲を語るなど最後まで女優としてまっとうしたその姿と生き様に、ワイドショーはじめ多くのメディアが川島の死を悼み、その訃報を大きく取り上げた。

 だが川島という女優を語る上で、大きな分岐点となったある出来事に触れるメディアは少ない。それが昨年逝去したベストセラー作家・渡辺淳一との関係だ。

 女子大生DJとして芸能界入りし女優に転身した川島だが、長らく不遇時代にあった。その後へアヌード写真集の出版や映画『極道の妻たち』への出演など徐々に女優としての地位を確立していくのだが、それを決定的なものにしたのが1997年に放映されたドラマ『失楽園』(日本テレビ系)に主演女優として抜擢されたことだった。

 そしてこの直前、川島は、『失楽園』の原作者でもある渡辺と“不倫密会”を報道されている。だがそれは作家と女優の単なる不倫だったわけではない。この不倫劇で見せた川島の姿こそ、その後の川島が最後までこだわり続けた「女優・川島なお美」やその凄まじいまでの“生き様”にも大きな関係があったからだ。

 2人の関係が明らかになったのは96年のことだ。“作家タブー”のため、ほとんどのメディアは2人の関係を報じない中、スキャンダル雑誌「噂の真相」(04年休刊)が2人の関係、そして北海道への不倫旅行を追跡し、記事化している。

 96年11月号によると、2人が知り合ったのは95年暮れ渡辺が主催する忘年会の席だった。そこで川島は自分から渡辺にアプローチし、不倫関係になったという。2人の関係は時間とともに深くなっていく。96年9月、2人は札幌にある渡辺の別荘へと1泊2日の旅をしたが、その様子が「噂の真相」で写真付きで報じられた。

 しかし2人の関係はこれで終わらなかった。最初の報道から約2年後、2人の密会旅行が再び「噂の真相」(98年10月号)で報じられるのだ。

 この年の8月2日から2人は再び北海道へ2泊3日の旅をした。釧路空港に降りた2人は阿寒湖、摩周湖、屈斜路湖、網走へと車の旅を満喫するが、その間、後ろからぴったりと尾行を続ける「噂の真相」の存在に気づき、2人は車を止めて直撃取材に抗議したりする。だがしかし興味深いのは、2人の関係が以前とは明らかに違っていたことだ。

 例えば記事によれば渡辺は行きの飛行機の中でも川島に何度も話しかけるが、一方の川島は短い返事をするだけで、寝てしまう。その後も渡辺は楽しくて楽しくてじっとしていられない様子。まるで遠足に舞い上がる子どものようだったという。また「噂の真相」の追跡に気づいた後も、旅行を取り止めることなく、2人きりになろうと尾行を巻こうと必死だった。記事では2人の関係の変化についてこう記している。

「渡辺は、川島なお美に対していつの間にか『本気』になってしまっていたからである。正直言って、本誌はふたりの関係に少なからず『利害の共有』が存在する、と思っていた。(略)しかしあれ(最初の密会旅行)から2年。当初の思惑をよそに、渡辺はすっかり川島なお美にイカれてしまったのである」

 記事では明らかにされていないが、実は「噂の真相」は屈斜路湖プリンスホテルで2人を見失っている。その間、渡辺はホテルの裏側からモーターボートで湖を渡るという荒技まで繰り出して“2人だけの旅行”を完結させようとしたことが明らかになっている(後に渡辺本人が同誌編集者に対し語っている)。

 名うてのプレイボーイとして有名だった大物作家をここまで「ベタ惚れ」させてしまう。これこそが川島のその後の女優として、タレントとしての礎であり、真骨頂だったのだ。

 しかも、である。川島はその後も女優としての器の大きさを見せている。

「噂の真相」が休刊して半年ほど経った頃、週刊「SPA!」(扶桑社)2004年11月2日号で川島のセーラー服&お下げ姿の写真が掲載された。これは著名人がお気に入りの女優をプロデュース撮影するという企画記事なのだが、実は川島を指名、プロデュースした人物は「噂の真相」元編集長の岡留安則だったのだ。

 岡留は川島にとっては自らの不倫スキャンダルを暴きたてた憎き相手であるはずなのに、一体なぜ指名を受けたのか。その経緯を岡留元編集長に直撃した。

「『SPA!』から企画が持ち込まれた時、真っ先に頭に浮かんだのが川島さんだった。カメラマンとして参加した初沢亜利が所属事務所社長と知り合いだったことで、オファーしたら快くOKが出た。しかも川島さんからは撮影をする前に一度打ち合わせがてらお会いしたいと言われて六本木で会ったんだ。もちろん僕のほうから『ご迷惑をお掛けしました』と謝ったけど(笑)、全然気にしている風ではなかった。やはり女優として肝の据わった人だと感心したほどでしたね。その席で川島さん自ら『セーラー服』で撮影してもいいですか? と提案してもらって。もちろん即オッケーでしたね(笑)」

 そして撮影当日も現場は和気あいあいといった感じで、過去の禍根など一切感じられないものだったという。

「新宿ゴールデン街で撮影し、そのまま打ち上げに流れたが、その席でも楽しくワインを飲んでいたよ。途中で『渡辺さんは撮影のことを知っているの?』と聞いたら『メールをしたら“勝手にしろ”と言われた』とお茶目に語っていたことが印象的だったね」

 その奇妙な関係は撮影後も続いた。沖縄に移住した岡留元編集長のもとに川島から連絡があったという。

「13年の年末に沖縄コンベンションセンターで川島さんが出演する『クリスマスキャロル』の公演があったが、その少し前に『沖縄に行くからお食事しましょう!』と連絡があった。沖縄でも痛飲しましたね。沢山飲んで笑って語って。その時、僕の似顔絵も描いてくれて。でも考えてみるともうその時既に、ガンの告知をされていたんだよね(同年8月に余命1年と告知)。でもそんな様子は全然見せなかった。しかもその一カ月後には手術を受けた。仕事に対する思いはやはり凄まじいものがあったんだろうね。抗がん剤治療や放射線治療をしなかったことも、このガンは化学療法が効果的じゃないことに加えて、女優としての美学、自己プロデュース、気概だったと思う。女優として人間として凄まじい生き様だったと思う」

 女優として生き、最後まで女優をまっとうした川島なお美。確固とした強い信念を持って行動し、夢を叶えていった女優・川島の死を深く悼みたい。
(伊勢崎馨)

最終更新:2015.10.01 11:50

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

川島なお美と渡辺淳一の密会をスクープ、「噂の真相」岡留編集長が語る女優・川島なお美の美学と肝っ玉のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスコミ伊勢崎馨の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相が百田尚樹、櫻井よしこら極右仲間とフレンチ会食の開き直り!
2 「桜を見る会」前夜祭問題でニューオータニ総支配人が
3 ネトウヨ大喜びの韓国ベストセラー『反日種族主義』の編集協力に安倍応援団
4 昭恵枠、明細書の嘘、晩餐会…安倍「桜を見る会」疑惑が止まらない
5 つるの剛士が「桜を見る会」問題で台風被災者をダシに安倍政権擁護
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 安倍首相の総理在任最長でNHKが岩田明子解説でヨイショ特集
8 「桜を見る会」参院選に招待枠、選挙利用の証拠が次々と
9 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
10 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
11 「桜を見る会」ケータリングは安倍首相、昭恵夫人のお友達の会社
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
13 安倍首相の強気の裏にニューオータニ幹部との関係
14 沢尻エリカMDMA逮捕を警視庁がTBS、文春に事前リーク!
15 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
16 韓国ベストセラー『反日種族主義』は日本のネトウヨ本そっくり
17 「桜を見る会」で田崎史郎と産経が失笑のスリカエ詐術で安倍擁護
18 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
19 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
20 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄