寝屋川中1殺害事件で「週刊現代」がやらかした! 容疑者逮捕に間に合わず星野くんの女性関係が原因とのデマ報道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
gendai_150825.jpg
「週刊現代」(講談社)9月5日号

 大阪高槻市で遺体で見つかった13歳の中学1年生・平田奈津美さんに続き、行動を共にしていた同級生の星野凌斗くんの遺体も発見されるという最悪の事態に至った寝屋川中1殺害事件。事件に関与したとされる45歳の男が逮捕されたが、多くのマスコミがその直前まで、まったく的外れな憶測に基づいて取材を行っていたことは先日、本サイトでも指摘したとおりだ。

 星野くんが平田さんを殺害して逃走し、星野くんの親がそれをかばって遺体を隠した。同じ中学生のグループによるリンチ殺人だった。星野くんの母親が交際に反対して事件を起こした。平田さんの母親が娘を虐待して死なせてしまった……。

 とにかく、被害者がからんだ少年犯罪、もしくは被害者家族が関与していると決めつけ、被害者周辺のプライバシーを徹底的に暴きにかかっていた。

 もし容疑者が逮捕されなかったら、とんでもない鬼畜記事が出てしまったのではないか、と推測していたら、案の定、24日発売の「週刊現代」(講談社)9月5日号がやらかしてしまった。実は「現代」の校了日は21日の金曜日午後。45歳の男が逮捕されたのは21日夜だったため、間に合わず、憶測記事がそのまま出てしまったのだ。

「少女が抱えていた家族問題 大阪府警がマークした人物 新聞・テレビが報じなかった大阪・寝屋川「中1惨殺」全真相」と仰々しいタイトルをつけた4ページに渡る特集は、明らかに星野くんが関与していることを匂わせるものだった。
「捜査当局が重点的に洗ったのが、行方がわからなくなっていた同級生、星野凌斗くん(12歳)の「交遊関係」だった」
「(捜査員は)平田さんや星野くんの交際トラブルが事件に結びついたのではないかとの見立てだったのです」

 アイドル的存在だった星野くんには親衛隊が存在し、そのなかに星野くんが “カノジョ”を作り他の女子と対立関係になったこと、その“カノジョ”と別れた後、星野くんが付き合い始めたのが平田さんであるなど、星野くんの女性関係や、三角関係までが示唆されている。

「(星野くんは)自宅にはあまり帰らず、(親衛隊)メンバーの中の一人で、カノジョではない女子の家によく泊まっていた」

 さらに、「現代」は上級生のLINEに平田さんから「子供出来た」といったコメントが送られてきたことまで書いていた。

 いや、星野くんに関してだけではない。平田さんの家庭環境についても「(母親は)2週間ほど娘の顔を見ていない」「日常生活を把握していなかった」「母子関係にも問題があった」など、あたかも被害者である平田さんの家庭に問題があったかのごとく報じていた。

 しかし、これらのほとんどはデタラメだ。星野くんと平田さんが付き合っていたというのも、実際はほとんどの同級生が否定しており、女子同士の対立というのも実際の取材ではまったく出てきていない。また、「子供出来た」というLINEは2人が行方不明になった後のもので、殺害犯のなりすましの可能性が高いことは「現代」も把握しており、わざわざ出す意味がわからない。

 さらに、平田さんの母親は行方不明になった翌々日には、寝屋川署に行方不明届けを出しており、日常生活を把握していないというのもありえない話だろう。

 とにかく、「現代」の記事は現場で飛び交っていた無責任な噂を全部ぶち込んだとしか思えないものだった。

 しかし、ここで指摘しておかなければならないのは、これが「現代」だけの問題ではないということだろう。

 他の週刊誌も「現代」と同様の、いやそれ以上に鬼畜でデタラメな取材をしていたが、「校了」前に容疑者が逮捕された、もしくはまだ事件の詳細がわかっていなかったため、記事を出さずにすんだだけのことだ。

 たとえば、同じ月曜日発売の「週刊ポスト」(小学館)は夏休み合併号の関係で前週の21日(金曜日)に発売されたため、そもそも事件に触れることができなかった。また未成年が関係する事件に異様な意欲を示す「週刊文春」(文藝春秋)、「週刊新潮」(新潮社)の発売日は毎週木曜日で校了は火曜日。そのため、土曜日から記事の方向性を軌道修正することが可能だった。

 もし、犯行に関わったとされる45歳男性の逮捕のタイミングが数日ずれ込めば、あるいは事件が夏休み合併号というタイミングで起こっていなければ、主要4誌といわれる「週刊文春」「週刊新潮」「週刊現代」「週刊ポスト」の全てに、被害者である星野くんを犯人と示唆し、そのプライバシーを暴くおぞましい記事が掲載されたことはほぼ確実だっただろう。

 たしかに、新聞やテレビが報じない事件の裏側を掘り起こすのはゲリラジャーナリズムたる週刊誌の役割だ。しかし、政権のスキャンダル、有名企業や大物芸能人に切り込むならともかく、こんな一般市民、しかも子どものプライバシーをあげつらうのが、まともなメディアのやることだろうか。

 これでは、2ちゃんねるの無責任な書き込みとなんら変わることはない。週刊誌の売れ行きがどんどん落ちるのも当然かもしれない。
(伊勢崎馨)

最終更新:2015.08.25 06:26

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ネット私刑(リンチ) (扶桑社新書)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

寝屋川中1殺害事件で「週刊現代」がやらかした! 容疑者逮捕に間に合わず星野くんの女性関係が原因とのデマ報道のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスコミ伊勢崎馨の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 上田晋也『サタデージャーナル』終了の不可解
2 交番襲撃“父親が関テレ常務”より「元自衛官」
3 退職代行サービスだけでは対応できないブラック企業の恫喝手口
4 『いだてん』が関東大震災「朝鮮人虐殺」を示唆!
5 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
6 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
7 秋篠宮家の料理番がブラック告発
8 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
9 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
10 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
11 安倍イラン訪問でNHK岩田明子記者がまた安倍フェイクPR
12 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
13 香港市民はデモの力示したが、日本は…
14 拍手・起立を井筒監督と松尾貴史が批判
15 久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 自民党の圧力に「朝生」が屈服!
18 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
19 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
20 DT浜ちゃんの息子がシティボーイ!?
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄