寝屋川中1殺害事件で「週刊現代」がやらかした! 容疑者逮捕に間に合わず星野くんの女性関係が原因とのデマ報道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
gendai_150825.jpg
「週刊現代」(講談社)9月5日号

 大阪高槻市で遺体で見つかった13歳の中学1年生・平田奈津美さんに続き、行動を共にしていた同級生の星野凌斗くんの遺体も発見されるという最悪の事態に至った寝屋川中1殺害事件。事件に関与したとされる45歳の男が逮捕されたが、多くのマスコミがその直前まで、まったく的外れな憶測に基づいて取材を行っていたことは先日、本サイトでも指摘したとおりだ。

 星野くんが平田さんを殺害して逃走し、星野くんの親がそれをかばって遺体を隠した。同じ中学生のグループによるリンチ殺人だった。星野くんの母親が交際に反対して事件を起こした。平田さんの母親が娘を虐待して死なせてしまった……。

 とにかく、被害者がからんだ少年犯罪、もしくは被害者家族が関与していると決めつけ、被害者周辺のプライバシーを徹底的に暴きにかかっていた。

 もし容疑者が逮捕されなかったら、とんでもない鬼畜記事が出てしまったのではないか、と推測していたら、案の定、24日発売の「週刊現代」(講談社)9月5日号がやらかしてしまった。実は「現代」の校了日は21日の金曜日午後。45歳の男が逮捕されたのは21日夜だったため、間に合わず、憶測記事がそのまま出てしまったのだ。

「少女が抱えていた家族問題 大阪府警がマークした人物 新聞・テレビが報じなかった大阪・寝屋川「中1惨殺」全真相」と仰々しいタイトルをつけた4ページに渡る特集は、明らかに星野くんが関与していることを匂わせるものだった。
「捜査当局が重点的に洗ったのが、行方がわからなくなっていた同級生、星野凌斗くん(12歳)の「交遊関係」だった」
「(捜査員は)平田さんや星野くんの交際トラブルが事件に結びついたのではないかとの見立てだったのです」

 アイドル的存在だった星野くんには親衛隊が存在し、そのなかに星野くんが “カノジョ”を作り他の女子と対立関係になったこと、その“カノジョ”と別れた後、星野くんが付き合い始めたのが平田さんであるなど、星野くんの女性関係や、三角関係までが示唆されている。

「(星野くんは)自宅にはあまり帰らず、(親衛隊)メンバーの中の一人で、カノジョではない女子の家によく泊まっていた」

 さらに、「現代」は上級生のLINEに平田さんから「子供出来た」といったコメントが送られてきたことまで書いていた。

 いや、星野くんに関してだけではない。平田さんの家庭環境についても「(母親は)2週間ほど娘の顔を見ていない」「日常生活を把握していなかった」「母子関係にも問題があった」など、あたかも被害者である平田さんの家庭に問題があったかのごとく報じていた。

 しかし、これらのほとんどはデタラメだ。星野くんと平田さんが付き合っていたというのも、実際はほとんどの同級生が否定しており、女子同士の対立というのも実際の取材ではまったく出てきていない。また、「子供出来た」というLINEは2人が行方不明になった後のもので、殺害犯のなりすましの可能性が高いことは「現代」も把握しており、わざわざ出す意味がわからない。

 さらに、平田さんの母親は行方不明になった翌々日には、寝屋川署に行方不明届けを出しており、日常生活を把握していないというのもありえない話だろう。

 とにかく、「現代」の記事は現場で飛び交っていた無責任な噂を全部ぶち込んだとしか思えないものだった。

 しかし、ここで指摘しておかなければならないのは、これが「現代」だけの問題ではないということだろう。

 他の週刊誌も「現代」と同様の、いやそれ以上に鬼畜でデタラメな取材をしていたが、「校了」前に容疑者が逮捕された、もしくはまだ事件の詳細がわかっていなかったため、記事を出さずにすんだだけのことだ。

 たとえば、同じ月曜日発売の「週刊ポスト」(小学館)は夏休み合併号の関係で前週の21日(金曜日)に発売されたため、そもそも事件に触れることができなかった。また未成年が関係する事件に異様な意欲を示す「週刊文春」(文藝春秋)、「週刊新潮」(新潮社)の発売日は毎週木曜日で校了は火曜日。そのため、土曜日から記事の方向性を軌道修正することが可能だった。

 もし、犯行に関わったとされる45歳男性の逮捕のタイミングが数日ずれ込めば、あるいは事件が夏休み合併号というタイミングで起こっていなければ、主要4誌といわれる「週刊文春」「週刊新潮」「週刊現代」「週刊ポスト」の全てに、被害者である星野くんを犯人と示唆し、そのプライバシーを暴くおぞましい記事が掲載されたことはほぼ確実だっただろう。

 たしかに、新聞やテレビが報じない事件の裏側を掘り起こすのはゲリラジャーナリズムたる週刊誌の役割だ。しかし、政権のスキャンダル、有名企業や大物芸能人に切り込むならともかく、こんな一般市民、しかも子どものプライバシーをあげつらうのが、まともなメディアのやることだろうか。

 これでは、2ちゃんねるの無責任な書き込みとなんら変わることはない。週刊誌の売れ行きがどんどん落ちるのも当然かもしれない。
(伊勢崎馨)

最終更新:2015.08.25 06:26

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ネット私刑(リンチ) (扶桑社新書)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

寝屋川中1殺害事件で「週刊現代」がやらかした! 容疑者逮捕に間に合わず星野くんの女性関係が原因とのデマ報道のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスコミ伊勢崎馨の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の吉本新喜劇出演をウーマン村本と星田英利が批判!
2 池袋暴走事故の容疑者逮捕なしに批判、元検察幹部も
3 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
4 萩生田発言が大阪12区補選に影響!安倍首相が窮地に
5 週刊誌の秋篠宮バッシングは官邸が発信源か?
6 ブラックホール会見でNHK記者“日本スゴイ”質問に世界が失笑
7 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
8 つんく♂が秋元のメンバー差別に
9 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
10 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
11 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
12 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
13 自衛隊スパイ事件、官邸が解禁の理由
14 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
15 橋下徹が岩上安身リツイート裁判で矛盾を追及され逆ギレ!
16 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
17 東電が福島原発の廃炉作業を外国人労働者に押しつけ
18 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
19 萩生田光一の問題は消費税延期論でなく「ワイルド改憲」発言
20 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
1 国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
2 安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
3 石野卓球がワイドショーに勝利した理由
4 忖度道路めぐり安倍の直接指示の新事実が
5 安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
6 安倍が“忖度道路”の要望書を提出、山陰自動車道でも利益誘導
7 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
8 塚田「忖度」発言は事実! 麻生利益誘導の疑惑
9 イチローに国民栄誉賞を断られ安倍政権が赤っ恥
10 野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
11 NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
12 維新勝利で橋下徹が「反対した年配の人が死んじゃった」
13 中村文則が安倍政権批判に踏み込む理由
14 『あさイチ』の「中高生に韓国が人気」企画炎上の異常
15 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
16 菅官房長官「令和おじさん」人気の正体!
17 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
18 「あつまれ!げんしりょくむら」以外も…原子力ムラの醜悪SNS戦略
19 衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
20 ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』に“安倍政権への皮肉”

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄