総選挙1位の指原莉乃に元カレが…文春記者がAKBスキャンダルの裏側を大暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sashihara_01_150607.jpg
おめでとう、さっしー。(AKB48公式サイト「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」より)


 昨日6日に行われた「AKB48第7回選抜総選挙」は、HKT48・指原莉乃が首位奪還を果たし、2度目の1位に輝いた。この結果が発表された瞬間、ある人物が指原にこんなエールを送っていた。

「次のセンター曲の握手会、絶対行きます」

 このメッセージの発信者は、なんと指原の元カレ。指原がバラエティ番組で「写真を売られたのです」と自虐的に話す、以前付き合っていたファンの男性。そう、あのスキャンダルのお相手だ。

 元カレは、どこでこのメッセージを公開したのか。じつは「週刊文春」(文藝春秋)でAKBグループのスキャンダルを連発しまくっている記者が総選挙の裏で「“文春砲”記者出演! AKB48総選挙ウラ実況」(外部リンク)と題してニコニコ生放送を実施、スキャンダル報道の裏側を赤裸々に語り、ついでに指原の元カレからメッセージを受けとって発表したのだ。

 AKBファンおよびウオッチャーならご存じの通り、AKBのスキャンダルは「週刊文春」(以下、文春)の独壇場。指原の元カレによる暴露記事や、世間を騒がせた峯岸みなみの坊主事件の引き金となったGENERATIONS・白濱亜嵐とのお泊まり愛、佐藤健が泥酔した前田敦子をお姫様だっこした衝撃写真、さらにはメンバーだけでなく、AKB支配人だった戸賀崎智信の脱法ハーブ吸引現場や、元運営幹部によるメンバー盗撮事件など、「文春」はこれまで数多くのAKBスキャンダルを連発してきた。

 そんなスクープを飛ばしてきた「文春」のAKB担当記者・スズキ氏が、同じく文藝春秋社員で、先日発売されたアイドルの世界を舞台にした朝井リョウの小説『武道館』の担当編集者・B子氏とともにニコ生に登場。一応、『武道館』のプロモーションの一環であったようだが、スズキ記者は冒頭からAKBスキャンダルの裏側をここぞとばかりに暴露しはじめたのだ。

 たとえば、19位に峯岸みなみがランクインすると、スズキ記者は例の坊主事件を振り返り、自分がスッパ抜いたスキャンダルによって峯岸が坊主になったときの気持ちを「驚いた」と述べる。しかし、それはもちろん「申し訳ないことをした」という話ではない。スズキ記者は峯岸が坊主になるや否や、ほんとうに自分の意志で彼女は頭を刈り上げたのか?と気になり、「峯岸さん家の近所のドン・キホーテとか、バリカン売ってる店を探した」と言うのだ。また、前述した元運営幹部の盗撮事件を追っていた際に判明したのは、スタッフが“悪さ”を働くと坊主にすることで禊を済ませるという文化がAKB運営にはある、ということ。そのため、スズキ記者はいまでも峯岸の事件を「どこかからそういう(坊主にしろという圧力が)あったんじゃないか」と考えているようだ。

 しかもスズキ記者は、「(峯岸は)最近までずいぶん酒飲んでた」「いっつも飲んでる」と話しながら、おもむろに未公開の写真を披露。そこには、バーのカウンターで男性と話し込む峯岸の姿が……。なんでもそのバーはほかのメンバーもよく行く店であるらしく、峯岸も足繁く来店。ただ、一緒に飲んでいる男性が店員か知人かはわからないという。

 また、新曲でセンターを務めるぱるること島崎遥香は神7入りを逃して9位となったが、スズキ記者は「(夜遊びもせず)ちゃんと家に帰っている」「(出歩いたとしても)行ってるところがTSUTAYA」と評価。以前、島崎の張り込みをした際には、メンバーの中村麻里子とともにガストに入店し、店を出ると今度はサイゼリヤに入るという謎のハシゴを行ったとか。ほかにも洋麺屋五右衛門に入ったところをキャッチしたこともあるそうで、いわく「安っぽいところばっかで食べてる」。

 一方、どうもスズキ記者にとって印象が悪そうだったメンバーが、SKE48の松井珠理奈。「文春」では昨年12月に珠理奈がマネージャーと一緒にバーにいるところを激写し、未成年飲酒疑惑を報道。また、以前にも、珠理奈が深夜まで高級飲食店で会食していることを記事にしている。そのせいか、終始、スズキ記者は珠理奈に対して「17、18(歳)で叙々苑行って、億ション住んでだよ?」「(まだ18歳で)将来が不安だよね〜」「家賃下げるの、たいへんだよ?」と小言ばかり。ただ、先日撮ったという珠理奈の未公開写真は、こぢんまりとした飲食店からのれんをくぐって出てきたもので、これには「やっと大衆店に行ったんだよ」とコメント。島崎と珠理奈の評価の違いを聞いていると、どうやらスズキ記者にとっては庶民性を感じられるかどうかがメンバーの評価軸にあるようだった。

 そして、記者にとってはやっかいな、張り込みへの勘が働くメンバーとしてその名を挙げたのが、大島優子。「大島はねえ、ほんとうに目がいい」と感心し、「張り込んでも撮れなかったのが大島優子」「大島優子には完敗しました」と認めた。というのも、「文春」では大島が実父と食事するシーンを誌面に載せたことがあるが、このときも“相手の男性をパパと呼んでるが、ほんとうのパパなのか?”と疑問を抱きつつの張り込み。だが、当の大島は記者の存在に気付き、「張り込んでるのを面白がってる」素振りさえ見せたという。ちなみにスズキ記者は、大島について「(ウエンツ瑛士とは)交際していました」と強気な口調で明言。大島の決定的瞬間を押さえられなかったことが、よほど悔しかったのかもしれない。

 このほかにも、永尾まりや、山内鈴蘭、島田晴香の3人が西麻布・六本木界隈で頻繁に遊び歩いていることを暴露したり、次期総監督の横山由依はほかのメンバーと違い西麻布のカラオケバーではなくシダックスに行く点を挙げて“まだスレてない”とジャッジしたり。はたまた、現在発売中の「文春」が報じたKis-My-Ft2藤ヶ谷太輔と瀧本美織の熱愛も、じつは瀧本と同じマンションにAKBのメンバーが住んでいたため、瀧本をAKBメンバーと勘違いしたことから生まれたスクープだったことまで告白。メンバーのスキャンダルのみならず、NGT48の次は沖縄が候補地として「(運営サイドは)完全に動いてる」と述べるなど、興味深い情報を惜しみなく明かした。

 しかし、この放送でもっとも衝撃的だったのは、スズキ記者が机の上に広げた一枚の未公開写真だろう。写真にはマンションから出てきたと思しき女性の姿。ただ、パーカーのフードで顔が隠れてしまい、誰なのかはわからない。どうやらこの写真、「戦隊系」の男性タレントのマンションから、あるAKBメンバーが出てきたところを押さえたものらしいのだが、メンバーが写真と同じ格好をしているところを確認できていないため、確証が得られないらしい。そこでスズキ記者は「ファンのサーチ力」を見込んで、ネット民に解析を依頼。もしかすると今後、この写真が「週刊文春」のグラビアを飾る日がやってくるかもしれない。

 このように、もはや“AKB専属のスキャンダル媒体”と化している「文春」。だが、放送中にスズキ記者も強調していたが、「文春」にAKBサイドと通じるとくべつな裏のパイプがあるわけではない。本サイトでも何度も報じてきたが、「文春」以外の週刊誌やスポーツ紙はAKB運営によってばらまかれた利権と引き換えにスキャンダルを報じられないだけ。AKBの巧みなメディア戦略に乗せられて、スキャンダルを封じ込められているのだ。

 この現状にはスズキ記者も落胆しているようで、「(文春は)ひとりマラソン大会」状態だと自虐的に表現。「切磋琢磨したいけれど……(AKB運営に)顔色うかがわないで(他誌でも)やってほしい」と本音を洩らした。

 総選挙の裏でスキャンダルの裏側を現場記者が暴露する──こんな大胆な企画を打ち出せるのも、ある意味、「週刊文春」の孤軍奮闘ぶりを象徴しているかのよう。果たして、いつまで「文春」の独走、あるいは孤独な闘いがつづくのだろうか。
(大方 草)

【ニコニコ動画「週刊文春デジタル」はこちらの外部リンクより】

最終更新:2015.06.08 05:05

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

逆転力 ~ピンチを待て~ (講談社 MOOK)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

総選挙1位の指原莉乃に元カレが…文春記者がAKBスキャンダルの裏側を大暴露のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48タブー大方 草週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 菅義偉官房長官が国会で望月衣塑子記者をフェイク攻撃
2 『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
3 安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
4 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
5 不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
6 桜田五輪担当相「がっかり」発言は安倍政権の五輪至上主義のせい
7 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
8 首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
9 太田光が右翼の抗議で転向していた?
10 小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
11 勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
12 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
13 SKY-HIが日本の鎖国状態に危機感
14 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
15 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
16 玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
17 安倍首相にマッチョ批判
18 拍手・起立を井筒監督と松尾貴史が批判
19 北海道知事選でも安倍官邸が暗躍!野党は統一候補で対抗
20 岡田斗司夫“ゲス”の秘密が著書に!
1 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
2 玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
3 勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
4 岡留安則「噂の真相」編集長が死去
5 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
6 青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
7 安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
8 「子ども産まないのが問題」麻生が「金がないなら結婚するな」
9 統計不正は安倍政権ぐるみの偽装だった証拠が!安倍に合わせ…
10 安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
11 北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
12 首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
13 国家公務員と利害関係者の「ゴルフ解禁」の背後に安倍
14 小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
16 安倍「自衛隊募集に非協力的な自治体」と圧力発言
17 安倍首相「サンゴは移した」の嘘に琉球新報編集局長が痛烈批判
18 辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
19 イージス・アショアに2350億円!懸念される健康被害
20 不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄