高円宮典子女王結婚に隠された意味…出雲大社には朝廷を祟る怨霊が!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takamadonomiya_01_141005.jpg
『宮さまとの思い出』(高円宮妃久子/扶桑社)

 高円宮典子女王と出雲大社の権宮司・千家国麿氏との結婚式が10月5日、午前11時から執り行われている。皇族と出雲大社の跡取りの結婚は通常の結婚とはちがう意味をもっているのではないか。リテラでは、二人の婚約の際にその歴史的、政治的意味を分析する記事を配信した。結婚にあたってその記事を以下に再録したので、ぜひ読んでほしい。(編集部)

……………………………………………………………

 高円宮典子女王のお相手、千家国麿氏が禰宜をつとめ、次代宮司となるだろう出雲大社とは、縁結びパワースポットとして人気を博す神社でもある。両家の婚約は「さすが、恋愛祈願に効く出雲大社!」といったほのぼのムードばかりが先行するが、果たしてそれだけに留まるニュースなのだろうか?

「プロポーズの言葉は、ございませんでした」

 発表会見にて典子女王が語ったように、また2007年より家族ぐるみの付き合いをしているとの情報からも分かるように、この成婚は現代における「普通の個人恋愛」とは一線を画すものだ。むしろここは「家と家との結婚」という面にこそ注目すべき。つまり歴史科学としては1700年、神話におくなら2000年ぶりに天皇家と出雲国造家が固く結びついた、という衝撃こそが重要なのである。

 そもそも出雲大社とは、「国譲り」の神話に端を発する。国津神である大国主は、天皇家の始祖とされる天照大神ら天津神に出雲の地を譲り(土着民が新興勢力に土地を明け渡した、というイメージが判りやすいだろうか)、交換条件として出雲大社を建立してもらう。そんな大国主を祀るため遣わされた神が天穂日命であり、千家氏はその子孫とされる。

「国を譲る代わりに立派な神社に祀ってくれ」という大国主の要求は、逆に言えば「祀らないと祟るぞ」という脅しともとれる。実際、出雲の神々は恐ろしい祟りを起こしているのだ。『古事記』によれば、大物主(大国主の別形態とも)の疫病によって多くの民衆が死んでしまった上、垂仁天皇の時代にも出雲大神(これもおそらく大国主)の祟りがあったとされる。

 これらがヤマト朝廷による『古事記』に記されている点に着目したい。天津神の子孫であるヤマト朝廷に、出雲を去らせた大国主への畏れがあればこそ、わざわざ祟り物語を記述したのだろう。もちろん「国譲り」を「土地収奪」と見るかについては議論の余地がある。梅原猛の『葬られた王朝 古代出雲の謎を解く』(新潮文庫)など、出雲関係のさまざまな書籍で語られている問題だし、なかには古代ロマンがゆきすぎて、かなりの無理がある本も見受けられる。ともあれ、あえてオカルト的な視点をとるならば、大国主とは菅原道真や平将門をもしのぐ日本ナンバーワンの怨霊であり、その怨念を封じるため造られたのが出雲大社なのでは……という見方もできるのだ。

 そこまで強力な神を祀るのだから、千家代々が担う出雲国造にも神さながらのパワーが必要とされた。82代出雲国造である千家尊統氏は、著書『出雲大社』(学生社)において「火継(ひつぎ)式」という儀式を紹介している。新しく出雲国造につくものは、まず細かい儀礼に則って、自分専用の神火をおこすという。

「その火で調理した斎食を新国造が食べることによって、始めて出雲国造となるのである。このことにより同時にまた、天穂日命それ自体になったというわけなのである。」(『出雲大社』より)

 初代・出雲国造である天穂日命の神的パワーは、現役の84代・千家尊祐氏(千家国麿氏の父)まで絶えることなくバトンタッチされている、という考え方だ。千家国麿氏もゆくゆくは国造として、天穂日命の魂を受け継ぐ立場。出雲国造が、封印されし神を祀るため、自らの身体にも神を宿す役職だとすれば、次代宮司となった彼も大きな力をまとうことになる。

 そして皇族である典子女王との婚約発表である。古代より畏れられた神・大国主と、それを祀るためこれまた強い力をもつ出雲国造家、そして天照大神の直系である天皇家。この三者が現代において再び結びつく、というのが今回の婚約において重要視すべきポイントだ。

「2000年を超える時を経て、今こうして、今日という日を迎えたということに、深いご縁を感じております」という千家国麿氏の発言に、多くの人は古代神話への憧憬のみを感じとっただろう。しかしこれは、古代におけるパワーバランスが復古するという意味もこめられているのではないか。だとすれば、そうとうに重みのこもった言葉なのである。

(吉田悠軌)

最終更新:2015.01.19 05:11

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

高円宮典子女王結婚に隠された意味…出雲大社には朝廷を祟る怨霊が!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。寺社皇室編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 上田晋也『サタデージャーナル』終了の不可解
2 交番襲撃“父親が関テレ常務”より「元自衛官」
3 『いだてん』が関東大震災「朝鮮人虐殺」を示唆!
4 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
5 安倍イラン訪問でNHK岩田明子記者がまた安倍フェイクPR
6 秋篠宮家の料理番がブラック告発
7 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
8 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
9 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
10 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
11 香港市民はデモの力示したが、日本は…
12 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
13 拍手・起立を井筒監督と松尾貴史が批判
14 久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
15 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
18 自民党の圧力に「朝生」が屈服!
19 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄