井上真央、綾野剛主演映画の裏に原作・湊かなえの断筆騒動の真相

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
51tja-VgcqL._SS400_.jpeg
白ゆき姫殺人事件』 (集英社文庫)

【日刊サイゾー初出】(2014年5月)

 『アナ雪』旋風が吹き荒れる映画界だが、3月末~4月公開の邦画では井上真央、綾野剛の主演の映画『白ゆき姫殺人事件』が大健闘したようだ。興収は『名探偵コナン 異次元の狙撃手』に次ぐ2位で、実写部門では人気シリーズ『チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像』や『神様のカルテ2』を上回り、1位となった。

 この映画は、人里離れた山中で美人OLが惨殺死体で発見され、容疑者として浮上したのは行方不明の同僚(井上真央)。そして、これを取材するテレビディレクター(綾野剛)がネットにツイートしたことで情報が暴走し、"犯人"が作り上げられていくというミステリーだが、その背景にあるマスコミの過熱報道、SNSでのウワサ話などの恐ろしさが描かれた問題作でもある。

 原作者は『告白』などで知られる作家の湊かなえだが、この作品を書いたきっかけは、意外にも「自身の経験から」だったという。

 湊は『白ゆき姫~』執筆の動機について、インタビューなどでこんなふうに語っている。

「知らない間に近所の人や地元の知り合いが、私についての取材を受けていたんです。その時は、みなさんが良いことばかりを言ってくださったから良かったけど、もしこれが殺人事件に関わるなど悪い内容だったとしたら、何を言われるだろうと思って、すごく怖くなりました」(「Movie Walker」より)

 こうしたメディアに対する不信、恐怖体験は、『白ゆき姫~』の単行本出版時にも繰り返し語られていたのだが、湊をメディア恐怖症にしてしまったのは、実は女性週刊誌「女性セブン」(小学館)のある記事なのだという。

 問題の記事は、「女性セブン」2010年7月25日号に掲載された、「『告白』湊かなえさん子供を寝かせてから書いた24時のミシン台」というもの。

「本屋大賞を受賞した『告白』が映画化され大ヒットし、湊さんの注目度も一段と高まっていた時期のことでした。記事の内容は、淡路島に住む湊さんの知人や友人から彼女の様子などを取材した、"作家の素顔"的な記事。『主婦作家』『ミシン台で執筆』など所帯じみた感じや貧乏くささを強調してはいるものの、美談仕立てで決して悪口やスキャンダルの類いではなかったのですが……」(文芸編集者)

 ところが、当の湊はこの記事に大激怒したのだという。

「知らない間に自分の周辺を取材されたことが本当に恐怖だったようで、『こんな田舎の狭い島で周辺取材をされては、プライバシー侵害だ!』『子どもが誘拐されたら、誰が責任取るんだ!』と憤慨。記事中で使用された自分の写真にまで『強い悪意を感じる』と腹を立てていたそうです」(同)

 湊の怒りと動揺は大きく、出版各社を巻き込む大騒動にまで発展してしまう。

「『女性セブン』の版元・小学館から湊さんの本は出版されてなかったんですが、他社の担当編集者から、小学館上層部に『湊さんがこんな状態では執筆できない、と言っている。このままだと、本気で作家を辞めてしまうかもしれない。なんとかしてほしい』という苦情が入ったんです」(同)

 湊は『告白』がダブルミリオンになり、他作品も軒並みヒットという、出版不況のご時世に貴重な売れっ子作家だ。その湊に"断筆"騒動が持ち上がったことで、当時、出版各社はパニック状態に陥っていたという。

 当然、小学館としてもなんらかの対応をせざるを得なくなり、結局、「女性セブン」側が湊の住む淡路島に謝罪に出向いた。

 こうした編集者たちの必死の慰留、ケアが功を奏したのか、実際に湊が"断筆"することはなかった。そして体験をもとに2011年4月から連載を始めたのが、現在映画公開中の『白ゆき姫~件』だということらしい。

 だが、湊が実際に体験した取材は『白ゆき姫~』と比べれば、至って穏当なもの。いささか対応がオーバーな感じもしないでもないが、しかし、彼女の作品の最大の特徴は、誰にでも起こるかもしれない身近な出来事から、人々の心の闇、裏側をあぶり出していくというもの。そういう意味で、自身の「ご近所ウワサ話取材」という体験に彼女自身が過剰とも取れる反応を起こすのは、その類いまれな想像力のたまものともいえるだろう。

 しかも、その体験を後にきちんと作品の中で昇華したわけだから、湊かなえという作家はちょっと面倒臭いところも含めて、今どき、貴重な"作家らしい作家"というべきかもしれない。

最終更新:2017.12.07 06:15

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

井上真央、綾野剛主演映画の裏に原作・湊かなえの断筆騒動の真相のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ミステリー井上真央文学湊かなえ綾野剛の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 田崎史郎のいない素晴らしい世界
2 徴用工問題で日本の元外務官僚が「韓国に100%の理、日本に100%の非」
3 「桜を見る会」名簿問題で菅官房長官の会見が支離滅裂!
4 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
5 田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!
6 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
7 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
8 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
9 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
13 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
14 安倍首相が「桜を見る会」国会答弁で下劣言い訳を連発
15 休みも残業代も0!美容師のブラック労働
16 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
17 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
18 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
19 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
20 三浦瑠麗が「保守速報を禁じるんならリテラも禁じるべき」
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄